最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

【悪魔的】ブログの書き出し7ステップ【面白いネタより読者理解】

【悪魔的】ブログの書き出し7ステップ【面白いネタより読者理解】

読者が心から面白いと思える魅力的な書き出しがかけるようになりますよ。



初心者ブロガー

ブログの書き出しってどうやればいいの?滞在時間が5秒しかない記事も結構あるんだよね。。。

続きが読みたくなる面白い書き出しリード文が書けるようになりたいな〜


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。


1つ目のブログで30秒ほどしかなかった滞在時間を、書き出しを徹底的に意識したことで2つ目のブログでは6倍に伸ばすことができました。



この記事を読むと分かること
  • 記事導入部分を書く際の前提条件
  • 読者を逃さない7ステップのテンプレ
  • レベルUPするための2つのテクニック


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


ブログ記事の本文を書く中で、冒頭の書き始め、つまり『導入文』は最重要。

なぜなら本文でどれだけ最高の内容を書いていても、書き出しの導入部分で興味を持ってもらえない限り、読まれることはないからです。



ただ僕自身、何も分からず立ち上げた1stブログは平均滞在時間が30秒とめちゃくちゃ短く冒頭で離脱する人が大半でした。

しかし、2つ目の当ブログでは失敗を生かした結果、滞在時間を6倍にすることが出来ています。



今回は誰でもすぐに読者にとって本当に面白く魅力的なリード文が書ける7ステップのテンプレをお伝えします。


おけこ

読者が心から面白いと思う書き出しの知識を得られます。

導入文が魅力的だと収益も確実に増えるのでしっかりマスターしていきましょう!

ちなみにブログでTOP1.2に大事な『タイトル』と『見出し』のつけ方が分からない場合は下記の2記事も参考にしてみてください。



ブログ書き出しのリード文に面白いネタや挨拶は不要

ブログ書き出しのリード文に面白いネタや挨拶は不要

いきなり厳しいことを言いますが、ブログの導入部分には読者が求めてない(自分が)面白いと思うネタやムダな挨拶はいりません。

離脱するリスクが高まるからです。



アフィリエイトで稼ぎたい場合、『読まれない=100%稼げない』を意味します。

ムダな文章は極限まで削り、読者が何を求めてるかを考えて導入文を書きましょう。



芸人がやるような面白ネタは不要

初心者ほどやりがちですが、ブログの書き始めに芸人のような面白いネタはいりません。
読者は全く求めてないからです。



読者が必要としてないのに面白いことを言おうとするのは、若い子に寒いオヤジギャグを言って引かれるおじさんと一緒。


おけこ

読者はあくまで悩みや欲求を解決するために来てるのを忘れないようにしましょう。

自分のニーズを叶えてくれる記事が本当の面白い記事なので!

ムダな自己紹介や挨拶もいらない

導入文にはダラダラとした自己紹介や余計な挨拶もいりません。

「自己紹介くらい良いんじゃない?」って思った方は少し想像してみて下さい。



例えば、あなたがブログ収益が立たずに悩んでるブロガーで、悩みを解決するために『ブログ 書き出し』で検索したとしましょう。

で、良さげなタイトルの記事をクリックしたら冒頭がこんな感じで始まります。


どうも〇〇です!最近、暑くなってきましたね〜!

昨日、思わずスーパーでガリガリ君を買ってしまいました。

歯痛くなるけど美味しいですよね!

僕はソーダ派ですが、あなたはコーラ派?ソーダ派?



「いや、お前の近況とか知らんし!いいから早く本題入って!!」って僕なら思いますw

僕ほどではなくても、そのままスッと『戻る』の矢印を押す人も多いはず。


おけこ

あなたのファンや暇つぶしで見にきた読者ならいいですが、悩みを抱えてきた人なら間違いなく離脱します。

ムダな挨拶よりも相手が求めてる答えを与えてあげましょう。

ブログ導入文の書き方手順【7ステップのテンプレート】

【解決】ブログ導入文の書き方手順【7ステップのテンプレート】

読者が求める答えって言われても、よく分からない人も多いでしょう。

結論から言って、ブログの書き出しでは下記の7ステップをテンプレ化すればOKです。

STEP.1
読者の悩みを見える化
STEP.2
解決できることを伝える
STEP.3
記事の内容
STEP.4
あなたの信頼性
STEP.5
結論と理由
STEP.6
失敗を乗り越えた経験
STEP.7
ベネフィットを伝える


文字だけだと分かりづらいので僕の記事を例文として説明していきますね。

ちなみに僕だけではなく、アフィリエイトで月1000万円を稼いだ『なかじさん』もほぼ同じことを言ってたので、信頼性は高いと思いますよ。




テクニックを学んでも使えないと意味がないので、このテンプレに当てはめて実践を繰り返せば確実にレベルアップできるはずです!



①読者の悩みを見える化

まずは読者の悩みを明確にします。

多くの人が吹き出しを使ってリアルな悩みっぽくしてますね。(ちなみに僕もしてます)

できるだけリアルな言葉づかいで

ブログの書き出しの書き方ってどうやればいいの?滞在時間が5秒しかない記事も結構あるんだよね。。。

続きが読みたくなるリード文が書けるようになりたいな〜



訪問した読者がリアルに抱えてる悩みを書くことで、「そう、それ!」って共感が生まれて続きを読んでもらいやすくなります。



読者の悩みを抜き出す時はペルソナ設定が重要なので、ブログにおけるペルソナ設定の重要性と作り方【共通言語がキモ】を参考にしてみてください。



②解決できることを伝える

次に記事を読めば悩みが解決することを伝えます。下記のイメージです。


経験談もあるとベター

ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。

1つ目のブログで30秒ほどしかなかった滞在時間を、書き出しを徹底的に意識したことで2つ目のブログでは6倍に伸ばすことができました。


読者はとにかく自分の悩みが解決するかを知りたいので、なるべく早く安心させてあげましょう。
簡単な根拠もあると説得力が増しますよ!



③記事の内容

解決できることを知って安心した読者に、具体的な記事の内容を教えます。

ダラダラしてもよくないので3つくらいがベスト


基本的にいきなり書き手を信頼することはないので、書いてる内容を示すことで「大丈夫そうかも」って思ってもらうことができますよ。



④あなたの信頼性

せっかく解決できそうなことが分かっても、言ってる人がド素人だったらまた不安が生まれますよね?

なので、あなたがどんな実績や経験があって、自分に対して解決策を提示してるのかを示す必要があります。


あなたがどんな経験や実績を持ってるか

「そんな実績ないよ」って人もいるかもですが、大きな実績ではなくても、自分が実際に経験して分かったことがあればOK。

客観的なデータも集める必要はありますけどね。



記事を書こうとするってことは多少知識や経験があるはずなので、それを読者に伝えて信頼感を与えましょう。



⑤結論と理由

この記事の結論をズバッと言ってあげましょう。理由も合わせると説得力が増しますよ。

結論ファースト+理由づけ

ブログ記事の本文を書く中で、冒頭の書き始め、つまり『導入文』は最重要。

なぜなら、本文でどれだけ最高の内容を書いていても、書き出しの導入部分で離脱されたら読まれることはないからです。



ここまでの流れであなたの事を信用し始めているはずなので、最後に結論を言ってあげることで読むための決心がつきます。

加えて理由や根拠も簡単に添えると心強いですね。



⑥自分の失敗談や経験談

信頼性に加えて自分の失敗談などがあればベター。

失敗を乗り越えた経験を自分事に感じてもらう

ただ僕自身、何も分からず立ち上げた1stブログは平均滞在時間が30秒とめちゃくちゃ短く冒頭で離脱する人が大半でした。

しかし、2つ目のこのブログでは失敗を生かして試行錯誤した結果、滞在時間を6倍にすることが出来ています。



「え?なんで失敗談?」って思うかもですが、理由は読者があなたの経験に自分を重ね合わせることができるからです。



今は解決できずに悩んでるけど、実際その問題を解決した人が目の前にいれば「自分も大丈夫かも」って思えますよね?


おけこ

もし乗り越えた経験があれば、積極的に書いていきましょう。

あなたのファンになってくれる可能性も上がりますよ!

⑦ベネフィットを伝える

書き出しのリード文の締めを『ベネフィット』にするのは超重要です!

ベネフィットとは
読者が悩みを解決した後の『未来』


例えば、あなたが記事の書き出しについて知りたい根本的な目的は、ブログで稼ぎたいからじゃないですか?

つまり今回は『ブログで稼げる未来』をベネフィットにすることが出来ます。

*ベネフィットは1つではないので絶対の正解はありません。


悩みが解決した後の未来を想像させる

魅力的な導入文が書けると、収益も確実に増えるのでしっかりマスターしていきましょう!



ベネフィットを考える際のポイントは『読者が潜在的に求めてること』です。


おけこ

「あなたの本当の目的が叶いますよ」って感じで伝えられれば、読者は続きを読みたくて仕方なくなりますよ。

ブログ書き出しの魅力を上げるたった2つのコツ

書き出しの魅力を上げるたった2つのコツ

紹介した7つのテンプレを使えば書き出しの質は間違いなく上がりますが、2つだけテクニックもお伝えしておきます。


ただあくまでテクニックはスパイスのようなものなので、上記のテンプレのように本質部分の理解が第一ですよ。



実績には数字を使う

信頼性や理由づけの時には数字を使うと効果がUPします。

例えば、こんな感じ。

  • A:受講生のほとんどが満足と回答
  • B:受講生の98.2%が満足と回答

どうでしょう?なんかBの方がリアルで信頼できる感じしますよね?


おけこ

ちなみに僕も冒頭で『5ヶ月で月4.5万円』っていう数字を出してました!

例えば売上じゃなくても、「3ヶ月で100記事突破」とか何かしらアピールできるものを探せばOKです。

数字には人を納得させる力があるので積極的に使いましょう。



潜在欲求を刺激する

前述したように、読者が心をググッと掴まれる瞬間は潜在欲求を刺激されたときです。



ちょっと例を出すと、稼げない人が書く『ブログ 書き出し』の記事の導入文はこんな感じです。

ブログの書き出しの方法を知りたいですよね?


結論、これだと読まれないし稼げません。
なぜなら、「いや、書き出し知りたいから検索したに決まってんじゃん」って思われるから。


おけこ

『ブログ 書き出し』ってGoogleに打ってるんだから、その解決策を知りたいのは当たり前。

考えるべきは「なんでそれを知りたいの?」って部分です。

隠れた本当の欲求を拾い上げる

例えば、『書き出しを改善したら読者が記事を読んでくれる→アフィリリンクから収益が立つ』を読者は最終的に求めてるかもしれませんよね?


今は滞在時間が短くて、中々アフィリリンクまで辿り着いてくれない。

でも本文を読んでくれるようになれば、少しずつ売上が立つんじゃないかと。


おけこ

美容室でトレンドの髪型をオーダーする大学生が「モテたい」って根本的に思ってるみたいな感じですね。

究極な話、潜在ニーズを拾えると、仮に1人しかアクセスがなくても1万円売り上げることも可能になります。

事実、僕の2ndブログは月間PV数4000の弱小ですが、月4.5万円を稼げてるので。(5000PVで月6.5万まで増えました!)



「なんでこのキーワードを知りたいんだろう?」って考える癖をつけると、周りに圧倒的な差をつけることができますよ!



【悪魔的】ブログの書き出し7ステップ【面白いネタより読者理解】:まとめ

ブログ記事の書き出しは超重要【読者の望みを考え尽くせ】


今回はブログ記事の魅力的な書き出しの作り方とコツについてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • 導入部分の書き出しに面白いネタや余計な挨拶は不要
  • 7ステップのテンプレを使って体に落とし込む
  • 2つのテクニックで更に魅力をUPさせる

どんなに素晴らしいタイトルや本文でも、導入文で離脱したら意味がありません。

今回ご紹介したテンプレを使えば、圧倒的に読者に響く書き出しになるので是非使い倒してください。



リード文まで読んでもらえれば50%はクリアしたも同然ですが、最後のフィニッシュである『まとめ部分』も収益UPに必須なので下記もご覧下さい。


以上、【悪魔的】ブログの書き出し7ステップ【面白いネタより読者理解】でした!


【超重要】ブログ記事のまとめ方【3ステップのテンプレート】【超重要】ブログ記事のまとめ方【3ステップのテンプレート】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が良いと思ったら、ぜひ拡散して同じ悩みを抱えてる人を救ってあげてください!
>>感想をツイートして同じ悩みを持ってる人を救う

理解できない場合やもっと実戦で使えるようにしたい人はココナラでブログコンサルもやってます。
本質から具体的なアドバイスまでしっかり教えますよ!

>> おけこのココナラ

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です