【注意】ブログのリライトは効果抜群だがやり方をミスると終わる件

【注意】ブログのリライトは効果抜群だがやり方をミスると終わる件

リライトを制するものはブログを制す、と言っても過言ではありません。



初心者ブロガー

リライトが大事って良く聞くけどなんで?どこを変えればいいか分かんないしメンドイな。

コツとか教えてくれたら出来そうだけど〜


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。


リライトでクリック率が倍以上に改善されたことや滞在時間を6倍以上にした経験があります。



この記事を読むと分かること
  • リライトとは
  • リライトが効果的な理由
  • リライトをする際のコツや注意点


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


SEOや収益UPのためにリライトが必要だとわかっても、イマイチ何をやればいいか分からない人も多いはず。



結論、リライトは超大事ですが、やり方を知らないと逆効果になることもあるので注意が必要です。

僕自身、最初は正しい方法が分からず失敗を繰り返しました。



しかし今はある程度ポイントが分かるようになり、効率よく改善ができるようになっています。



今回は記事をリライトする効果や具体的な方法をお伝えします。


おけこ

稼げるブログのキッカケが掴めるので是非最後までご覧下さい!

ブログのリライトとは記事を修正すること

ブログのリライトとは記事を修正すること

リライトとは過去に書いたブログ記事を一部または大幅に修正する意味の用語。



様々な効果があったり、ブログを伸ばすために必須なので奥が深いです。



【そもそも】ブログ開設から半年未満ならリライト不要

余計な時間を使って欲しくないので聞きますが、あなたのブログは作ってから半年以上経っていますか?

もし半年経ってないなら、正直まだリライトをする必要はありません。



なぜなら、運営期間が短いと記事の質がどんなに良くても検索順位で上がってこない場合が多いからです。

今はリライトよりも新記事を書くほうが効果的なので、知識を得たい場合でなければ記事を読まなくて大丈夫ですよ。


おけこ

質の高い記事を量産することに時間を使いましょう!

>> 関連記事: ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】


リライトをする記事を選ぶ基準は2パターン

ブログでリライトをするのは下記の2パターンです。

  • SEOの検索順位を上げたい記事
  • 収益化に繋げたい記事


簡単に言うとリライトする効果や意味が大きい記事ですね。

逆にリライトしても特に収益化やPVアップに影響がないなら、時間のムダなのでやらなくてOKです。


新記事を書く方が早い場合もある

書いてから3〜6ヶ月経った後に検索順位をチェックして、100位以内にも入ってきてない場合は新記事を書いた方が良いかもしれません。

なぜなら、ほぼ全てを作り直すことになるからです。



例えば、少し内容を加筆すれば順位が更に上がる可能性がある50位以内の記事ならリライトは効果的。

しかし1割残して9割変えるくらいなら、1から書いてしまった方がトータルで見ると早いしラクなことも多い。


おけこ

少しいじれば効果がありそうな場合はリライト、ほぼ全部を書き直さないといけない場合は新記事って感じ!

ブログ記事のリライトがSEOに効果的な理由

ブログ記事のリライトがSEOに効果的な理由

結論、SEOで検索順位を上げるにはブログ記事のリライトは必須でして、理由は下記の通りです。

  • 運営実績をアピールできる
  • 検索意図を網羅できる
  • アクセスが増える
  • 読者満足度が上がる


運営実績をアピールできる

ブログ記事をリライトすると更新の日付が変わるので、しっかりとブログ運営をしてる証明になります。


リライトすると更新した日付が表示される

読者からしても最新情報を載せてるブログを見たいはずですし、SEO的にも定期的に更新されてる方が評価が高いです。


おけこ

たまに更新日が分からないようになってる人がいますが、ユーザー視点からも日付は絶対にあったほうがいいですよ!

検索意図を網羅できる

2つ目の理由はキーワードを追加することで検索意図を網羅できるからです。


検索意図はSEO対策に超重要でして、キーワードがたくさん含まれてるという事は幅広いニーズを網羅できている可能性が上がります。



例えば、下記のようにGoogleに評価してもらえるかもしれません。

  • 他の記事が満たしてる検索意図:3つ
  • 自分の記事が満たしてる検索意図:5つ → より良質な記事


リライトで今まで拾えてなかった検索意図をプラス出来た結果、読者にもSEOにも効果的な場合がありますね。

>> 関連記事:SEOキーワード選定の必要性や方法【ポイントは全体像とズラし】



アクセスが増える

3つ目はリライトすることでアクセスが上がる可能性があるからです。

特にタイトルを修正した時に効果が出やすいですね。



読者にとって魅力的なタイトルやメタディスクリプションは、クリック率が上がるのでアクセスが増えます。


おけこ

多くの人がアクセスする記事はSEO的にも評価が高まるので、検索順位を引き上げる効果が期待できますよ!

>> 関連記事:【決定版】ブログ記事タイトルの決め方のコツ8選【差別化が肝】


読者満足度が上がる

最後4つ目は読者の満足度が上がるからです。

前述したように読者の検索意図を網羅することができれば、より多くの読者のニーズに答えられるようになります。



記事内で自分の欲しい情報が見つかれば、同じキーワードで検索をする必要が無くなりますよね?

SEOは読者ニーズを満たす記事を上位表示するので、「あ、この記事を読んで満足したんだな」と思われる記事の評価を高めようとします。


おけこ

結果的に読者ファーストな記事はSEOにも効果が出ますよ!

ブログはどこをリライトすればいいか?【対象は3箇所】

ブログはどこをリライトすればいいか?【対象は3箇所】

具体的にリライトをする部分は下記の3箇所です。

  • タイトル
  • 見出し
  • メタディスクリプション


タイトル

まずは記事タイトル。

前述した通り、記事タイトルを修正することでクリック率の改善ができ、PVを増やすことが可能です。



キーワードを盛り込みつつ読者にもSEOにも評価されるタイトルを目指しましょう。

>> 関連記事:【決定版】ブログ記事タイトルの決め方のコツ8選【差別化が肝】



本文

2つ目は本文。

本文のリライトは見るべき部分が多いので一番大変です。

  • 画像
  • 見出し
  • 文章内容
  • 内部リンク


読者の検索意図を考えて、不足してる情報を追加したり、不要なものを削除します。

ちなみにリライトの効果を測るためには、一気に変えずちょっとずつデータを取るのがポイント。後ほど詳しく説明しますね!



メタディスクリプション

3つ目はメタディスクリプション 。

クリック率を上げてPVを増やせる可能性がありまして、場合によってはタイトル変更より効果があることも。



直接的にSEO効果はありませんが、読者に刺さる文章を作ることで間接的にSEOにも影響がありますよ。

>> 関連記事:【超初心者向け】メタディスクリプションの重要性やSEOへの影響



ブログ記事のリライトのコツ【注意点や失敗パターン】

ブログ記事のリライトのコツ【注意点や失敗パターン】

ブログ記事のリライトはメリットが多い反面、失敗すると逆効果になることもあるので注意です。


注意するポイント
  • 逆にSEOの検索順位が下がることがある
  • 上位記事のパクリをすればいいわけじゃない
  • 複数箇所を一気にリライトしない


僕も20位くらいまで上がった記事をリライトしたら50位くらいに下がったことがあるので、失敗しないようにしっかり見ていきましょう。



逆にSEOの検索順位が下がることがある

ブログ記事をリライトすると逆に検索順位が下がることもあります。加筆ではなく変更を加えた時に起こりやすいですね。


なぜなら、今まで評価されていた部分がなくなることで、評価できるポイントが減ってしまうから。

例えば
見やすかった表や画像を差し替えたことで読者の満足度が下がり滞在時間が短くなって順位が下がる


とはいえ、正解がわからない中でやっていくので、100%うまくいくことはありません。

なので、リライト前後のデータを取っておき、下がったら戻せるようにするのが必須ですよ!



上位記事のパクリをすればいいわけじゃない

初心者は上位記事の内容をパクればいいと勘違いしてることが多いですが、本質を理解してないと失敗します。



何度も言ってるように、SEOで大事なのは検索意図を網羅することであり、上位記事と同じ内容を書くことではありません。


もしあなたが検索をした時に上位記事の内容が全て同じだったら「複数の記事がある意味ないやん」って思いませんか?


おけこ

本質は検索意図を把握して、自分なりの表現や意見を伝えて読者ニーズに答えること。

勘違いをして無意味なリライトをしないよう注意です。

複数箇所を一気にリライトしない

リライトをする際は、出来れば1つずつ変更してデータを取るのがベストです。

なぜなら、複数箇所を一気に変えてしまうと、検索順位が変動した時に原因を特定しづらいから。



もし1部分ずつ変更してデータを取っていれば、仮に検索順位が下がっても前の状態に戻すことで復活できる可能性があります。


時間はかかりますが、データを取ることで成功確率を上げられるので覚えておきましょう。



リライトしたら2週間〜1ヶ月は時間をおく

リライトすると一時的に検索順位が下がることはよくあります。



しかしリライトが効果的だった場合、2週間から1ヶ月くらいで順位が落ち着くので焦らず待ちましょう。


おけこ

変更してすぐ順位が下がっても慌てなくて大丈夫ですよ。

ブログのリライトの方法・やり方3ステップ

ブログのリライトの方法・やり方3ステップ

ここからはブログ記事のリライト方法について3ステップでお伝えします。

STEP.1
ツールを使って現状把握をする
STEP.2
リライト前後でデータを取れるように準備する
STEP.3
仮説を立てて少しずつリライトする


①ツールを使って現状把握をする

まずは記事の状態を把握する必要があるので、ツールを使ってデータを見ます。


使うツールは3つ。

  • 検索順位チェックツール
  • Googleサーチコンソール
  • Googleアナリティクス


冒頭でリライトする対象記事に関しては触れたので、リライトする記事を絞ってる前提で話を進めていきますね!


検索順位チェックツール

まずは検索順位チェックツールです。


大前提として検索順位を把握しないとこの後の作業が進みません。

記事の順位によって内容の加筆、タイトルの変更など今後の作戦も変わるので、必ずチェックしましょう。



年間15000円ほどかかりますが、ランクトラッカーが個人ブロガーには最もおすすめ!(特にMacユーザー)

なぜなら、順位計測時間の速さと使いやすさがダントツだからです。


おけこ

3ヶ月〜半年以上ブログやっててまだ入れてない人は導入すべしですよ!

>> 関連記事:RankTrackerの導入&設定手順を画像で解説【初心者向け】


Googleサーチコンソール

2つ目はみんな大好きGoogleサーチコンソールです。

サーチコンソールを使うと、狙ったキーワード以外からの流入や記事タイトルのクリック率(CTR)が分かります。



把握したデータを元にキーワードを見出しに追加したり、平均よりCTRが低い記事のタイトルを変えるというアクションを取っていく流れ。


特にタイトルの変更は作業時間が少ないのに効果が大きいので、サーチコンソールが大活躍しますよ。

>> 関連記事:SEOでアクセスが集まるかはタイトル次第


Googleアナリティクス

3つ目はこちらも定番のGoogleアナリティクス。

アナリティクスでは主に滞在時間や直帰率などを見ます。



例えば
  • 滞在時間が10秒しかない
  •  ⇨導入のリード文が魅力的じゃなく読まれてないのかも

  • 回遊してほしいのに直帰率が90%以上
  •  ⇨内部リンクの貼り方が悪い、関連性が低い

のような仮説が立てられます。



コンテンツの中身の問題点を探る時にGoogleアナリティクスは重宝しますよ。

>> 関連記事:ブログSEOでは直帰率より滞在時間が大事【6倍にした僕が解説】

>> 関連記事:【攻略】ブログの書き出しで読者を惹きつける7ステップのテンプレ

>> 関連記事:内部リンクでSEOを攻略せよ!【重要性と最適化のポイント】



②リライト前後でデータを取れるように準備する

繰り返しになりますが、リライトで最も大事なのは前後でデータが改善されたかどうかを計測することです。

データを取ってないと、仮に順位が下がっても原因が分からず対応できません。



変更点をメモしておけるなら何でもいいですが、前述したランクトラッカーだと、それぞれのキーワードごとにメモが取れるので超便利。

キーワードごとにメモが書ける


僕はリライト前後のデータを上記のようにランクトラッカーにメモして計測してますよ〜。



③仮説を立てて少しずつリライトする

リライトは仮説を立てながら少しずつ行いましょう。

いくら準備しても、リライトで検索順位が下がって失敗というパターンは多々あります。



ぶっちゃけ誰でも通る道なので「これは良くないのか。次はここをこうしてみよう。」って感じで仮説を立てながらやればOK。

経験値が溜まってくれば、徐々に成功確率の高いリライトができるようになってきます。


おけこ

注意点の部分でもお伝えしたように、複数箇所を一気に変えるとデータが取りづらいので、少しずつやるのがポイントですよ!

まとめ:ブログでリライトは効果バツグン【失敗を避けるためにデータを取ろう】

ブログでリライトは効果バツグン【失敗を避けるためにデータを取ろう】


今回はブログでリライトをする際のポイントについてお伝えしました。


今回のまとめ
  • ブログでリライトは効果バツグン
  • ブログでリライトする部分は3箇所
  • 失敗も確実に起こるのでデータを取りながら行う

リライトはブログ運営や収益化のために必須ですが、やっていく中で失敗は付きものです。

とはいえ、仮説検証を繰り返していくしか道はないので、しっかりデータを取りつつやっていきましょう。



稼いでない人に限って入れてないことが多いですが、特に検索順位チェックツールは本気で収益化したいなら必須

ランクトラッカーは僕の周りでも導入してる人が多いので、気になった方は下記の導入手順をご覧下さい。頑張りましょう!


RankTrackerの導入&設定手順を画像で解説【初心者向け】RankTrackerの導入&設定手順を画像で解説【初心者向け】【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が良いと思ったら、ぜひ拡散して同じ悩みを抱えてる人を救ってあげてください!
>>感想をツイートして同じ悩みを持ってる人を救う

理解できない場合やもっと実戦で使えるようにしたい人はココナラでブログコンサルもやってます。
本質から具体的なアドバイスまでしっかり教えますよ!

>> おけこのココナラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です