最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

SEO競合分析のポイントや方法を徹底解説【脱・その他大勢】

SEO競合分析のポイントや方法を徹底解説【脱・その他大勢】

競合分析の本当の目的は『脱・その他大勢』です。



初心者ブロガー

競合分析ってどうやんの?なんか見れば見るほどわからなくなる。上位サイトと同じこと書いてればSEO的に評価される?

てか競合分析ってそもそも何の意味があるの?


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。



競合分析をした結果、複数キーワードで検索1位を獲得しており、7ヶ月目には月11万円を稼ぐことができています。



この記事を読むと分かること
  • 競合分析の必要性
  • 競合分析のチェックポイント
  • 競合分析をする際の方法・手順
  • 競合分析をすることの本質的な目的


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


ブログのSEO対策で競合分析が大事なのは何となく分かるけど、本質的な意味が分かってない人は多いはず。


ただ結論から言って、ブログのSEO対策で競合分析は必須でして、ライバルの強さが分からないまま突っ込むのは無謀だからです。


例えば、少年サッカー団がレアル・マドリードに挑んでも悲惨なことにしかなりませんよね?



今回はSEOの競合分析の重要性とチェックポイント、やり方を解説します。


おけこ

そもそもの本質的な目的についてもお伝えするので最後まで是非ご覧下さい。

【スポンサーリンク】


SEOで競合サイトの分析・調査をする必要性

SEOで競合サイトの分析・調査をする必要性

競合分析はSEOで上位にいる記事を調べることです。


ライバルとなる競合上位サイトをチェックすることは、ブログで稼ぎたいなら必須でして、理由は大きく2つあります。

  • ニーズを網羅できる
  • 主観と客観のズレを確認できる

自分の頭で考えるだけだと、出てくるアイデアに限界があるので競合分析で補う感じですね。



ニーズを網羅できる

競合サイトが書いてる内容を見れば、ユーザーの悩みや欲求を知ることができます。

そのニーズを自分の記事で網羅することが出来れば、ユーザーの満足度も上がるので、多くの人に読んでもらえる記事になりますよね?



更に他サイトに足りない情報を補足することが出来れば、あなたのブログがユーザーにとって最も良い記事になりSEOで1位になれるかもしれません。



主観と客観のズレを確認できる

恐らく記事を書くときは、まず自分の頭で「こんな情報が必要かな?」って想像すると思います。


もし想像せずに最初から他のサイトを見てる人は、間違いなく自分で一度考えた方が良いですよ。どうしても競合サイトを見ると先入観が出来ちゃうので。



一度自分で考えた後にライバルのサイトを見ることで、自分の狙いが正しかったのかを確認することが出来ます。


おけこ

書こうとしてる内容とユーザーが求めてることにギャップがあると、記事を読まれない原因になるので競合分析は超重要ですね。

SEOの競合分析でのチェックポイント4つ

SEOの競合分析でのチェックポイント4つ

次に競合サイトを見るときにどんな点に注意すれば良いかをお伝えします。

  1. SEO上位の企業サイトの比率
  2. タイトル
  3. 見出し
  4. 本文


SEO上位の企業サイトの比率

まずあなたが狙ってるキーワードで検索をしたときに、企業サイトがどれくらいSEOで上位を占めてるか確認しましょう。



僕が収益を上げてる記事には企業サイトよりSEO上位の記事もあるので、100%勝てないってことはありません。

しかし、近頃のSEOの傾向として企業や事業会社を優遇する流れは確実です。


なので、検索をした時に『SEO上位5記事が全て企業サイト』って感じだと、その記事単体で稼ぐのは正直コスパが悪いですね。



企業と個人の比率をチェックして可能性を感じたり、上位表示できなくても書く必要がある記事の場合は、次の項目をチェックしていきましょう。



タイトル

タイトルは最も分かりやすい競合分析のポイントです。
なぜなら、タイトルには読者が求めてる内容が表れているから。


参考までに『ブログ 収入』っていうキーワードで検索してみると、タイトルだけでも下記のようなニーズがあるのが分かります。


タイトルで競合分析①
タイトルで競合分析②
タイトルで競合分析③

タイトルを見ればどんなニーズがあるか分かるので、網羅することが出来れば読者が満足できる記事に近づきますよ!



見出し

タイトルと合わせて見出しも見ましょう。

なぜなら、タイトルだけでは書き切れないニーズやキーワードを見出しに書いてる場合が多いからです。



例えば、先ほどの『ブログ 収入』で1位になってるお名前.comの記事の見出し2(h2)をみると下記のようになっています。

  • なぜブログで収入を得ることができるのか?=理由
  • ブログで広告収入を得る方法
  • ブログで収入を得るメリット
  • 収入に繋がるブログの作り方


この1記事を見るだけでも『理由』『方法』『メリット』『作り方』っていう欲求があるのかな?って予測がつきますね。

見出しをみることで、上位記事が評価されてるポイントの予測がつきますよ。


おけこ

複数の記事に書いてあることは必須なことが多いですよ!

本文

僕は本文も上位5〜10記事くらいはチェックしてます。

タイトルと見出しである程度ニーズは分かってるので、別のチェックポイントを持つと良いですよ。

  • 口コミ
  • 引用してるサイト
  • 説明が薄い部分はないか


その記事を読んだときに全ての悩みや欲求を満たすことが出来たのかをユーザーと同じ視点で見ると良いですね。



SEOで競合分析をする方法・手順

SEOで競合分析をする方法・手順

では実際に競合分析をする方法や手順についてお伝えしていきます。

  • キーワード選定をする
  • まず自分で見出しを想像する
  • 競合サイトを見て必要不要な情報を精査する
  • おすすめ競合分析ツール2つだけ【個人ブロガー向け】


キーワード選定をする

まずはキーワード選定をしないと始まりません。

たまに書き始めてからキーワードを決める人がいますが絶対にNG



キーワードを決めることで初めて、ユーザーの悩みや欲求を考えることができるからです。


まず自分で見出しを想像する

キーワードを決めたら、まず自分の頭でユーザーがどんなことを求めてるかを考えてみましょう。



悩みや欲求を考える際はペルソナが役立つので、ペルソナ設定がよく分かってない人はブログにおけるペルソナ設定の重要性と作り方も合わせてどうぞ。


おけこ

自分が考えたこととユーザーが望むことのギャップを確認するためにも、最初は必ず自分で想像するようにして下さいね。

競合サイトを見て必要不要な情報を精査する

悩みや欲求について自分で考えてまとめたら、実際に検索をして答えあわせしていきます。



もし競合サイトが書いてる内容を自分の想像で網羅出来ていれば、あなたはかなりユーザー視点で考える力があります。


つまり共感を生めるので、魅力的なブログを作れる(=収益が生まれる)可能性が高いってこと。


おけこ

逆に全然違った場合は主観と客観にズレがあるので、繰り返し検索してズレをなくす努力をしましょう。

おすすめ競合分析ツール2つだけ【個人ブロガー向け】

競合調査に使えるツールも紹介しておきます。

ただ正直、個人レベルだと競合分析をいくらしても勝てないもんは勝てないので最低限でOK。



大事なのは『コンテンツ制作にどう生かすか』で競合分析が目的じゃないので、最低限チェックできるものがあれば大丈夫です。

前置きが長くなりましたが紹介していきますね。

  • 【無料】SimilarWeb
  • 【有料】RankTracker

【無料】SimilarWeb

Google Chromeを使ってる人なら無料で拡張機能を使えるシミラーウェブが便利。

ザックリとした情報しか見れませんが、無料で見れる情報としては十分です。

>> SimilarWebをGoogle Chromeに拡張する



上記のURLからホームページに飛び、『Chromeに追加』をするとマークが表示されて使用可能に。

SimilarWeb拡張

調べたいサイトでマークをクリックすると、そのサイトの情報を見ることが出来ます。

参照元:manablog
  • 直帰率
  • 1人あたりのページセッション
  • PV
  • 滞在時間
  • 流入してる国
  • 流入元のチャネル


ちなみに1万PV以下の場合は下記のように表示されて情報が出てきません。


1つの指標として、上記の画像が出てきたら『勝てるかも』って感じですかね。


【有料】RankTracker

RankTrackerはコスパ最強の検索順位チェックツールです。

初年度は1万5000円くらい払いますが、他ツールと比べても圧倒的なパフォーマンス。



基本的に順位の計測がメインですが、競合サイトのURLを入れると『どんなキーワードで流入してるか』が一発で分かるチート機能が付いてます。


おけこ

個人ブロガーだとプロ版の契約になると思うので、競合サイトの登録は5つまでですがハッキリ言って十分過ぎです。

基本的に収益が少ないうちはツール不要だと思ってますが、検索順位チェックツールだけはあった方が良いのでRankTrackerはおすすめですよ。

>> 関連記事:RankTrackerは入れるべき?【初心者ブロガー向けに解説】

【神】RankTrackerの料金や他ツール比較【入れないと損】RankTrackerでSEO攻略【料金や導入手順も完全解説 】

SEO競合分析は差別化をするのが目的

SEO競合分析は差別化をするのが目的

競合分析はあくまでユーザーにとって価値のある記事を書くための手段です。

大事なのは、競合分析をすることで『あなたにしか書けない内容』を見つけ出すこと。



例えば、僕は『退職代行』というジャンルの記事も書いてますが、一貫して「退職代行なんか使わなくて良い」というスタイルで記事を書いてます。


おけこ

好きな子を振り向かせたいなら、その他大勢では100%ムリ。

あなたのスタンスを明確にすることで、他の記事と比べた時にも輝きを放つことができますよ。

まとめ:SEOの競合分析は目的ではなく手段【ユーザーを第一に考えること】

SEOの競合分析は目的ではなく手段【ユーザーを第一に考えること】


今回はブログSEOでの競合分析についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • ユーザーが満足する記事を書くには競合分析が必須
  • 競合分析をするときはニーズの把握を意識する
  • 本質的な目的は差別化をすること

競合分析をする目的は、ユーザーにとって本当に価値ある情報を選び出すことです。


他にはない価値をあなたのブログで出すことが出来れば、ユーザーはきっとまた来てくれます。

自分は読者にどんな未来を見せられるのか、それを第一に考えていきましょう。


【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が役に立ったと思ったら、コメントやシェアして頂けると泣いて喜びます笑
>>感想をツイートして、おけこを泣かせる

理解できない場合やもっと実戦で使えるようにしたい人はココナラでブログコンサルもやってます。
本質から具体的なアドバイスまでしっかり教えますよ!

>> おけこのココナラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です