ブログ記事のネタ切れ、さらば!【超実践的な解決策5ステップ】

ブログ記事のネタ切れ、さらば!【超実践的な解決策5ステップ】

ネタ切れ解決どころか、読まれるブログを作るキッカケが掴めますよ。



初心者ブロガー

やばい、まだ30記事しか書いてないのにネタが切れた。100日以上毎日更新してる人ってどうなってんの?

SEOとか色々考えると手が止まるんだよな〜


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。


平均3500文字くらいを170日以上毎日更新しました。



この記事を読むと分かること
  • ブログでネタ切れする原因
  • ネタ切れは本来ありえない理由
  • ネタ切れを起こす人向けの解決策


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


ブログを始めた人がほぼ確実に一度はぶつかる壁『ネタ切れ』

僕も最初は毎日更新30日が限界で、マナブさんが当時700日って話してるのを見て、普通にバケモンだと思いました。



しかし毎日更新170日超えの今の僕からすると、どの記事を書くか迷うことはあっても、シンプルにネタ不足を感じることは皆無です


ただしこれって才能とか1ミリも関係なくて、正しい知識があるかないかの違いだけなんですよ。


今回はブログでネタ切れを起こす原因や対処法についてお伝えします。


おけこ

ネタが見つかるだけじゃなく、読まれるブログになるキッカケが掴めますよ!

ブログのネタ切れをする原因【共通点2つ】

ブログのネタ切れをする原因【共通点2つ】

まずブログでネタ切れを起こす人が抱える原因を見ていきます。大きく2つかなと。

  • 自分の書きたいことを書いている
  • リサーチをしていない


自分の書きたいことを書いている

まず1つ目は自分の書きたいことを書いているパターンです。

一見「そっちの方が楽じゃない?」って思いそうですが、ネタ切れする理由はそんなに発信できるほど行動してる人ばかりじゃないからです。



例えば、あなたが国内・国外を飛び回るような生活をしてるなら、ネタはいくらでも出てくるし、体験談だけでも相当な記事数書けるでしょう。


でもほとんどの人は『起きる→会社→帰宅→寝る』の繰り返し。ネタが湧いてくるはずがありません。


おけこ

特別な行動力を持ってない限り、書きたいことを書き続けるって逆に難しいです。

リサーチをしていない

2つ目はリサーチをしていないこと。

記事にできるような経験がないなら話題を探す必要がありますが、リサーチをしないと永遠にネタが出てきません。



テレビをぼーっと眺めてて急に記事ネタがポンって湧いてくることは100%ないでしょう。


おけこ

ブログで書けないかな〜って常にアンテナを張ってるのがベスト!

とはいえ、アンテナを張れって言われても難しいですよね?
そこで有効なのがキーワードから考えることです。


キーワードは読者のニーズそのもの

キーワード選定がブログで大事ってことは恐らく知ってると思いますが、なんでか分かりますか?


結論から言って、キーワードは読者のニーズそのものだからです!



例えば、今回のようにブログでネタ切れする原因や解決策を知りたかったら『ブログ ネタ切れ』ってキーワードで検索しますよね?


おけこ

つまりキーワードには読者の欲求が詰まってるってことです!

ブログのネタ切れは本来あり得ない

ブログのネタ切れは本来あり得ない

キーワード=ブログの記事コンテンツと考えた場合、ネタ切れをするって本来ありえません。

なぜなら、キーワードは無限に存在するからです。



派生するキーワードが無数にある

普段GoogleやYahooで検索をすると思うので、試しに『ブログ』っていうキーワードを入れて見ましょう。


『おすすめ』『稼ぐ』『始め方』のようにブログについて調べる人には色んなニーズがあることが分かりますよね?

これ全部ブログ記事のネタです。



ちなみに今回のように『ブログ ネタ』でも検索してみます。


『ネタ切れ』『ネタがない』『ネタ帳』のように出てくるので、これも全部記事にできます。

てか、ネタ切れで悩む人がめちゃくちゃ多いことが検索窓からも分かりますね〜


おけこ

正直ここで終わっても良いレベルですが、ここからはより具体的なやり方をお伝えしていきますね!

ブログのネタ切れ対処法【5ステップで流れを解説】

ブログのネタ切れ対処法【5ステップで流れを解説】

「ネタが見つかっても記事が書けるか不安」って人に向けて、ここからはネタ切れを防ぎ記事を書くまでの流れを5ステップで解説します。

STEP.1
キーワードを決める
STEP.2
想定読者(ペルソナ)を決める
STEP.3
ペルソナの悩みや欲求を抜き出す
STEP.4
ニーズに対する答えを考える
STEP.5
記事を書く


ちなみにペルソナから考えて、次にキーワードを考えるでもOKなので、1と2は順番入れ替わっても大丈夫です!


①キーワードを決める

最初に記事にするキーワードを決めます。

キーワードを決める時はラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール)を使うと便利。


先ほどのように『ブログ ネタ』と検索窓に入力します。


『ブログ ネタ』と一緒に検索される関連キーワードがバーっと出ます。(通称サジェストキーワード)

ちなみに左上の赤枠内が検索ボリューム多めです。


赤枠以外にもサジェストキーワードがめちゃくちゃあるので、その中から1つキーワードを選べばOKです。


もっと詳しいやり方はSEOキーワード選定の必要性や方法【ポイントは全体像とズラし】をご覧下さい!



②想定読者(ペルソナ)を決める

キーワードが決まったら、どんな人が検索するかを想像します。

聞いたことあるかもですが、この想定読者のことをペルソナって呼びますね。



ペルソナを決める理由はニーズを鮮明にするためです。

例えば、『ブログ 稼ぎ方』って同じキーワードで調べるにしても、人によって状況は様々。

  • 主婦 → 子育ての合間のスキマ時間に稼ぎたい
  • 学生 → 基本ヒマだから毎日ガッツリできる
  • サラリーマン → 通勤電車を利用してやりたい


ペルソナを明確にすることで、どんな内容を書けば読者に響くかがわかるので、結果的にしっかり読まれたり、稼げるブログになっていきます。

>> 関連記事:ブログにおけるペルソナ設定の重要性と作り方【共通言語がキモ】



③ペルソナの悩みや欲求を抜き出す

ペルソナを設定したら、その人が持つ悩みを徹底的に抜き出します。検索意図とも言いますね。



例えば、僕はこの記事を書くときにこんな感じのニーズがあると想定しました。

  • ブログでネタ切れをする原因が知りたい
  • ブログのネタ切れを解決したい


ニーズが把握できれば、あとは解決策をブログで提示するだけなので、記事の8割は完成したようなもんですよ。


読者の検索意図を深く知るためにはリサーチが必須なので、【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】も良ければどうぞ!



④ニーズに対する答えを考える

読者の検索意図を網羅できたら、その悩みや欲求に対して1つ1つ答えを考えます。



あなたの持っている知識と経験でニーズを満たせるなら最高ですが、もし完璧に満たせない場合はリサーチがまた効果的。


  • SEO上位記事が書いてること
  • Yahoo知恵袋のベストアンサー
  • Twitterなどで疑問に答えてるリプ

上記を見ることで、自分だけだと分からなかった答えを読者に渡せるようになりますよ!

>> 関連記事:【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】



⑤記事を書く

ニーズに対する答えがわかれば、あとは記事を書くだけです。



ただ記事を書く際には、読者に伝わりやすい書き方をする必要があるのでブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】も参考にして下さい!



【本質】ブログ初心者のうちはSEOを意識しすぎなくてOK

【本質】ブログ初心者のうちはSEOを意識しすぎなくてOK

もしかしたらこう思った人もいるかもしれません。

「キーワードが大事なのは分かってる!でもSEOで上位表示しようとしてもブルーオーシャンがないんだよ!」って。



おっしゃる通り、確かにSEO対策には競合分析も必要です。

なぜなら、ライバルが強すぎる所に飛び込むのは小学生がレアル・マドリードに戦いを挑むくらい無謀だから。


しかし結論、

初心者のうちは一旦ライバル無視でOK!!


一番大事なのは来てくれたユーザーを120%満足させることだからです。



必要な記事が揃ってないと結局ブログが読まれない

SEOだけを狙ってピンポイントでキーワードを選ぶと、あなたのブログ内で読者のニーズを満たすことができません。



例えば、この記事を読んでキーワード選定を知りたくなったのに、肝心の『キーワード選定の記事』がなかったら別のサイトに行っちゃいますよね?



競合が強くて上位表示ができなくても、ユーザーが欲しい情報を網羅できてれば偶然来てくれた人をファンにできるかもしれません。


ファンになれば他のサイトに目もくれず、ピンポイントであなたのブログで来てくれるようになるのでSEO関係なくアクセスが集まります。


おけこ

読者ファーストのブログを作ることで、結果的にSEOにも強くなるパターンもあり!

まとめ:ブログ記事のネタ切れはありえない【読者ファーストを意識】

ブログ記事のネタ切れはありえない【読者ファーストを意識】


今回はブログ記事のネタが切れる原因と対処法についてお伝えしました。


今回のまとめ
  • ネタ切れの原因は2つ
  • ネタ切れは本来ありえない
  • 読者を徹底的に考えればネタは絶対出てくる

偉そうにお伝えしてきましたが、僕自身、ネタが尽きて書けなくなった経験がありました。

しかし、正しいやり方をマスターすれば、記事ネタがなくなる心配は少なくとも1年ほど無いでしょう。



読者のために何が必要かを徹底的に考えてブログ運営をしていきましょうね!


【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が良いと思ったら、ぜひ拡散して同じ悩みを抱えてる人を救ってあげてください!
>>感想をツイートして同じ悩みを持ってる人を救う

理解できない場合やもっと実戦で使えるようにしたい人はココナラでブログコンサルもやってます。
本質から具体的なアドバイスまでしっかり教えますよ!

>> おけこのココナラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です