最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

カスタマージャーニーの重要性とマップの作り方【ブロガー向け】

カスタマージャーニーの重要性とマップの作り方【ブロガー向け】

ブログで稼ぎたいなら知っておいて損はありませんよ。



悩む男性

カスタマージャーニーって何となく聞いたことあるけどよくわかってない。どんな意味があるの?

知っておくとブログで稼ぐのにプラスになるの?


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。



ぶっちゃけ、知ってるだけでWEBマーケターになれるレベルですよ。



この記事を読むと分かること
  • カスタマージャーニーとは
  • カスタマージャーニーとブログの関係
  • ブログでのカスタマージャーニーの作り方
  • カスタマージャーニーを設定する上でのポイント


本記事の信頼性

おけこの信頼性
おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


「今やってることが本当に収益に繋がってるのか」って不安を抱えた経験、きっとあるはず。

ブログってどうしても結果が出るのに時間がかかりますからね。


しかしカスタマージャーニーを理解することで、結果が出てなくてもやってることが間違いじゃないと自信を持てるようになります。


今回はカスタマージャーニーの概要や重要性、ブログに落とし込む方法についてお伝えします。


おけこ

ブログで結果を出すための本質的な内容なので是非最後までご覧下さい。

【スポンサーリンク】


カスタマージャーニーとは『顧客の旅』

カスタマージャーニーとは『顧客の旅』

カスタマージャーニーとは日本語で『顧客の旅』という意味のマーケティング用語です。



インターネットやSNSの普及で僕たちが商品を買うまでの流れは多様化しましたよね?

インスタでフォローしてる一般人の画像を見て「おお!めちゃイイ」って調べたり、YouTuberがライブ配信でおすすめしてる商品に興味を持つって感じ。



そんなユーザーが商品を知ってから購入に至るまでの行動を『カスタマージャーニー=顧客の旅』と呼びます。



カスタマージャーニーの目的

カスタマージャーニーを知る目的は、商品やサービスを効果的に伝えることが出来るってことです。

なぜなら、ユーザーがどう行動するかが分かれば、適切なアプローチで届けることが出来るから。



最近マーケティング業界では『UX(ユーザーエクスペリエンス)=ユーザー体験』がめちゃくちゃ大事だとされています。


今は商品自体で差別化が難しいので、購入までの体験価値を高めないと商品は売れません。


おけこ

究極はディズニーかなと思ってます。

カスタマージャーニーを知ることで、タイミングとアプローチ方法が明確になるのが目的ですね。



カスタマージャーニーマップをブログに適用

カスタマージャーニーマップをブログに適用

カスタマージャーニーマップとは、文字通り『カスタマージャーニーを地図のように可視化したもの』です。


想像してるだけだとボヤけてることも、頭の中のイメージを図にすることで、何をするべきかが明確になってきます。


おけこ

ブログでもユーザーの動きを把握することはめちゃくちゃ大事なので、カスタマージャーニーマップを使うことでより成果を出すことに近づけますよ。

タッチポイントごとのユーザー心理を把握

ユーザーがどのタイミングでどんな手段で情報に触れているかをタッチポイントといいますが、マーケティングに落とすと下記の施策が打てたりします。

  1. 最初はSNSで認知してもらう
  2. 次に広告を打って思い出してもらう
  3. Google検索をして来る想定して記事を書き成約してもらう


ユーザーの行動を予測できると、「今は何を使えばいいか」がハッキリするので無駄が減ります。

例えば最初にブログでしっかり記事を書いて、SNSでそれを発信することで広めるとかですね。


おけこ

ポイントはちゃんと狙いを持って行うってことですね。

今後のブログ運営はSEOだけで勝負するのは無理ゲー

現在はGoogleのアップデートが頻繁に起こる事もあり、正直SEOだけで勝負するのは厳しいです。


なので、TwitterなどのSNSを活用するのが必須!
と言うところまでは分かってる人も多いでしょう。



おけこ

ただ注意点は、SNSで反応が良い記事は『面白い、共感できる』などのコンテンツなことが多いってことです。

つまり収益に直結する記事が嫌われる傾向にあるってこと。

SNSで拡散をするのが良いってことは直感的に分かるからやってみるんですが、中々思うような反応が得られないって結末になるわけです。



しかし、カスタマージャーニーマップで可視化することで、『SNSで反応が良さそうな記事から内部リンクでアクセスを流す』などの作戦が見えてきますよ。

>> 関連記事:内部リンクでSEOを攻略せよ!【重要性と最適化のポイント】



ブログにおけるカスタマージャーニーマップの作り方3ステップ

ブログにおけるカスタマージャーニーマップの作り方3ステップ

では重要性が分かったところで、実際にカスタマージャーニーマップの作り方をお伝えします。

ポイントは下記になります。

  • ゴールの設定
  • ペルソナの設定
  • ツリー構造を意識して記事を書く


通常のカスタマージャーニーマップの作り方とは違って、『ブログ特化でやる際の手順』で僕なりに考えました。


おけこ

ぶっちゃけ知りたいのはブログにどう活かせるか、ですもんね。

①ゴールの設定

ブログの場合のカスタマージャーニーマップは最終目的から逆算するのが効率的です。


おけこ

なぜなら、ユーザーの動きに合わせて1から10まで網羅するように記事を書いてたら時間がかかり過ぎるからです。

じいさんになっちゃいますw

例えば、ゴールは下記のような感じです。

  • 紹介した商品をAmazonで購入してもらう
  • ASPの案件に無料登録して貰う
  • 自分の商品を買ってもらう


個人ブロガーでやってる以上、時間と労力には限界があるので最初にゴールを設定しましょう。

>> 関連記事:アフィリエイトASPのおすすめを断言【稼ぐための必須知識】



②ペルソナの設定

次にどんな人があなたのターゲットになるのかを考えていきます。
いわゆるペルソナですね。



例えば、僕が書いているWEBマーケティング系の記事だと下記のイメージです。

想定ペルソナ
今の仕事にやりがいを感じられず、将来性があることや楽しいことを仕事にしたいと思ってる25〜30歳のサラリーマン


ペルソナ設定することで、悩みや欲求(インサイトとも言う)を把握できるので、どんな記事を書くべきかが見えて来ると言うわけです。


おけこ

みんなに届けようと思うと誰にも刺さらない文章になるので注意です。

ポケモンのサトシばりに「君に決めた!」って決めるのが大事!

③ツリー構造を意識して記事を書く

ゴールとペルソナが設定出来たら、カスタマージャーニーでペルソナの行動を想像していきます。

下記の画像の感じで設定していくと分かりやすいかもです。


ブログを書くときのカスタマージャーニーマップ

上記のテンプレのリンクを貼っておくので、コピーするなりして自由に使ってみて下さい。 >> カスタマージャーニーマップのテンプレート


あと情報を整理する際はツリー構造が効果的なので、ツリー構造を意識した稼げるブログの作り方【図解付き】も合わせてご覧下さい。



カスタマージャーニーを使う際のポイントや注意点

カスタマージャーニーを使う際のポイントや注意点

やっていく中でのポイントも知っておきましょう。

  • 完璧を求めない
  • ちゃんと効果測定をする
  • ゴールに近いところから記事を書いていく


完璧を求めない

まず完璧を求めても意味がありません。

そもそも正解がないことを考えてるので終わりがないからです。



あくまで結果はユーザーの動きを見るまでわからないので、「こんな感じかな?」って思ったら検証→改善のサイクルを回して行きましょう。



ちゃんと効果測定をする

カスタマージャーニーを考えることは超重要ですが、前述したように作る段階では自分の想像に過ぎません。


なので、やったことが本当に合ってたのかをチェックする必要があります。

  • アクセスは伸びてるのか?
  • コンバージョンは出てるのか?
  • ユーザーの離脱ポイントはどこなのか?

おけこ

「ユーザーはこう動くはずだ」と主観で決めつけるといつまで経っても成果が出ないので注意しましょう。

ゴールに近いところから記事を書いていく

めちゃくちゃ初心者にありがちなのが、収益に繋がらない記事を延々と書いてしまうことです。
絶対に成約が近い記事から書きましょう。



おけこ

「10年後に月10万稼げば良いや」ってくらいのスパンで考えてるなら良いですが、そんな人100%いませんよねw

挫折する原因の1つにもなるので、『行動』→『比較検討』→『興味関心』→『認知』の流れで記事を書いていきましょう。

仮にアクセスが1しかなかったとしても、その1人が購入してくれれば売上が立ちますからね。


ゴールに近いところを網羅したら、1段階、また1段階広げるって感じで進んで行きましょう。



ブログで稼ぐには正しい作業を正しい順番で行うことが大事

ブログで稼ぐには正しい作業を正しい順番で行うことが大事

ブログは新しく始める人も多いですが、9割の人が継続できないと言われています。

2008年時点で国内のブログは約1690万。

新規ブログ数についても、近年(2008年頃)では毎月40~50万程度に留まっている。

また、アクティブなブログ数(1ヶ月に1回以上更新があるブログ)も2005年以降は約300万でほぼ横ばい状態にあり、新規にブログが開設される一方で、更新されなくなったブログも多いという。

参照元:総務省


総務省からの直近のデータはありませんが、Twitterなどの肌感でも「あれ、この人最近ブログ更新しましたって言ってないな」ってことは多いです。


おけこ

正直、継続できない理由の大きな1つは『適切な順番とやるべき作業』を理解出来てないことかなと思ってます。

少しずつでも成果が出ると続けられる

僕自身、半年以上も月1000円ほどしか稼げない期間が続きました。
マジでキツかった。。。



でも7ヶ月目に月1万円を達成して、翌月には2万、更にその翌月3万って感じで一気に伸びたんですよね。


おけこ

正直ブログで稼ぐのは楽じゃないけど、狙いを持ってやっていれば結果が出るときは必ずきます。

ただ闇雲にやっても結果は出ないので、今回のカスタマージャーニーなどでやるべきことを明確にする必要がありますが。

この記事を読んでる人の多くはブログに関係のない仕事を本業にしてると思うので、ムダな時間を使わないためにも最初の準備が大切です。



【裏技?】本業をブログのレベルアップの時間に変える方法

【裏技?】本業をブログのレベルアップの時間に変える方法

前述したように、9割以上の人はブログとは関係のない仕事をしてると思います。僕もそうでした。


でもWEBマーケティングに転職をしたら毎日が激変!


ちなみにWEBマーケティングの仕事はこんな感じ。

WEBマーケティングの仕事内容
  • キーワード選定
  • データ分析、アクセス解析
  • GoogleやYahooの広告運用
  • WEBライティング(記事執筆)
  • SNSの広告運用やファン作り作業


「ん?」って思った人もいるかもですが、ブログとやってることほぼ一緒なんですよねw

つまり本業の仕事がそのまま副業のブログにも活きるってことです!



副業だけだと使える時間に限界がある

多分副業でブログを書いてるあなたは、使える時間をなんとか捻出して記事を書いてますよね?


僕も前職のアパレル営業時代は平日2時間、休日12時間くらいがどう頑張っても限界でした。
(僕の場合、結婚もしてるのでブログばっかりだと色々とねw)



おけこ

でもWEBマーケ転職して本業の8〜10時間が丸々ブログのための時間みたいになりました!

仕事内容も興味があることなのでストレスとか皆無だし、好きだから色々試して結果も出やすいって言う最高の循環w

僕自身、31歳の完全未経験でもいけたので、「好きなことを仕事にしたい」とか「我慢を続けるのは終わりにしたい」って人は未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】をご覧下さい。

未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】 未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】

まとめ:カスタマージャーニーを理解してムダな作業を減らして結果を出そう

カスタマージャーニーを理解してムダな作業を減らして結果を出そう


今回はカスタマージャーニーをブログに活かす方法についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • ユーザー行動を把握するのにカスタマージャーニーは有効
  • 理解することでやるべきことが明確になる
  • ブログで稼ぐには正しい順番と作業が大切

今後のブログ運営やマーケティングを考える上でカスタマージャーニーの理解は必須です。

というか、分かってない人が多いので、知ってるだけで差をつけられます。



「もうやめよっかな」って挫折しないためにも今回の内容をしっかり落とし込んでいきましょう!
一緒に頑張りましょうね!


【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】【自己満NG】ブログにリサーチは100%必要【方法と手順を解説】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】ブログ記事の書き方と構成の作り方【8STEPテンプレート付】【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ【ブロガークエスト】初心者が成功を掴むためのロードマップ


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が役に立ったと思ったら、コメントやシェアして頂けると泣いて喜びます笑
>>感想をツイートして、おけこを泣かせる

理解できない場合やもっと実戦で使えるようにしたい人はココナラでブログコンサルもやってます。
本質から具体的なアドバイスまでしっかり教えますよ!

>> おけこのココナラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です