MENU
カテゴリー
アーカイブ

アパレル業界のおかしいところ7選【業界10年の僕が語る】

悩む男性

売上悪いと自腹で買い物するとか、アパレル業界の仕組みっておかしいところ多くない!?

ぶっちゃけ将来性感じないし、転職も視野に入れた方がいいのかな。



こんにちは、おけこです。

元々アパレル業界に10年近くいましたが30代で転職。今はWEBマーケターとして働いています。


ファッションは今でも好きですが、正直、アパレル業界は古かったりおかしい部分が多いのも事実。

光と闇を見まくって来た元業界人が辛口レビューをしていきますので是非ご覧下さい。


この記事を読むと分かること
  • アパレル業界のおかしいと思うところ
  • アパレル業界人はこれからどうするべきか

本記事の信頼性

おけこのTwitter


売上未達だと社員が強制的に買わないといけないとか、アパレル業界には普通に考えておかしい常識が割とあります。

またユニクロ一強の日本アパレル業界に、今後の可能性を感じない人も多いのではないでしょうか?


とはいえ、不満を言っても状況が劇的に変わることはありません。

むしろダラダラ続けてしまうことで、次の選択肢がなくなるリスクも


もし可能性を少しでも感じるなら全力で仕事に打ち込めばOKです。

ただし、リアルな現実を把握しておかないと正しい行動を取れなくなってしまいます。


そこで今回は業界歴10年の僕が『アパレル業界のおかしい仕組みと今後取るべき行動』についてお伝えします。


おけこ

今のまま頑張るか、アクションを取るかが見えて来ます。

将来に漠然とした不安を抱えることは無くなりますよ!


もくじ

アパレル業界のおかしいと思う仕組みや働き方

アパレル業界のおかしいと思う仕組みや働き方


僕は学生時代のアルバイトと社会人含め10年以上アパレル業界にいました。

ただ正直言って「おかしくね?」って所が多い業界だったのは事実です。

アパレル業界のここがおかしい
  • 価格設定が訳わからん
  • 大量生産して大量処分
  • 売れなかったら自分のせいにされる
  • 予算未達だと強制的に買わないといけない
  • 勤務時間が終わってからも延々とミーティング
  • 残業代ないし給料低い
  • テクノロジーの理解低すぎ

おそらく共感してもらえる部分も多いと思うので、ぜひお付き合いください。

アパレル業界のおかしいところ①:価格設定がわけわからん

1つ目は価格設定の基準が不明な点です。

「ブランドだから」と思いながらも「さすがに高すぎじゃね!?」とか思うことも多かったです。


だって他で1万円くらいで売ってるシャツが、違うブランドだと10万以上したりするんですよ?(原価いくらだよ!)


おけこ

もちろん縫製や素材にこだわったり、ブランドとしてのストーリーがあるのは分かります。

ただ、「めっちゃ在庫残っとるやんけ!」ってことも多々あって、環境的にも良くないよな〜とかは感じてましたね。


結局、普通の人はお金に余裕があるわけじゃないので、コスパ考えてユニクロに行くと。そりゃ一人勝ちになりますよね。


アパレル業界のおかしいところ②:大量生産、大量処分

価格を安く抑えるためにまとめて作らないといけないのは分かる。

でも結果、H&MとかForever21みたいに大量在庫が残り、処分せざるを得なくなる状況が頻発してたりしますよね。



僕も企画をやってたので分かりますが、作らないと売上は取れないし、すごく悩ましいところでしたね。

会社のためには仕方ないと思いつつも、地球にとってよくないことしてる罪悪感は正直ありました。


アパレル業界のおかしいところ③:売れなかったらお前のせい

僕は実体験した訳じゃないけど、結構周りにはいましたね。


「なんで売れねーんだよ、接客のレベルが低いんじゃないのか?」って言われたとか。

そもそも買うつもりがない人に、いくら勧めても売れないので勘違いもはなはだしいですけどね。


むしろ見てるだけなのに張り付かれたら「(うざ!二度と来ないわ)」ってなります。


僕の前職もそうでしたが、アパレル業界って割と体育会系の人が多いので、根性論やパワハラが横行しがちですね。


アパレル業界のおかしいところ④:予算未達だと強制的に買わされる

「売れないと自分のせいにされる」の延長で、予算達成できなかったら自腹で買わざるを得ないってこともあります。

僕のバイト時代の店長もやってましたね。


おけこ

本当に欲しいものがあって、ちょっとでも売上もプラス出来るから買うなら分かる。

でも嫌々買わざるを得ないのはどう考えてもおかしい。


アパレル業界(特に販売系)は給料が低いので、そんなんで金使ってたら稼いでも無意味。完全にラットレースですよ。


ラットレース


アパレル業界のおかしいところ⑤:勤務時間の意識低すぎ

総じてアパレル業界の上の人(40代以上)は考え方が古いので「沢山働いてる=えらい」みたいな風潮があるなと。


「いや、時間は無限じゃないよ!?」って前職時代に何度も感じたことがありました。

  • 18時が定時なのに18時からMTG入ってる
  • 何も決まらない会議に半日使う
  • 愚痴ばかりの飲み会が週3回


おかしいと思ったものはなるべく切り捨てましたが、会議とかはさすがに断れないのでもどかしかったですね。

『生産性の高さより一緒にいる時間の長さが大事』みたいなところも全体的にありましたし。



アパレル業界のおかしいところ⑥:残業代ないし給料低い

アパレルは『みなし残業』が多い業界かなと思いますね。

みなし残業とは、給料にあらかじめ残業代が含まれていること


ただ結局、みなし残業分の時間じゃ業務が終わらなくて、サービス残業が増えるデススパイラル

前職では残業時間が明らかに労働基準法を超えてる人もチラホラいました。



アパレル業界のおかしいところ⑦:テクノロジーの理解低すぎ

僕が転職をした一番の理由はITなどテクノロジーへの意識の低さでした。


正直、なんだかんだ他の条件は我慢できたんですよ。好きな仕事だったし。

でも「この会社にいたらヤバイ」っていう将来への不安だけは無理でした。


「5G?何それ?うちにはあんま関係ないでしょ」
「WEBとかよくわからん」
「そんなことより、とりあえず外回り行って来い」

新しい提案をしても上記のように言われる始末。


おけこ

ここにいたら俺の人生詰むって思いました。


アパレルって脳みそ筋肉の人も多いので、頑張れば何とかなると思ってたりしますからね。

まあ頑張るのは大前提だけど、間違った努力は全員不幸になりますから。


仕事も人も嫌いじゃなかったけど、自分の人生を犠牲にはできないので転職しました。


アパレル業界はアナログ過ぎるし、おかしい風潮も多い

他にも色々あるとは思うけど、一貫して思うのは『体質が古い』ってことですね。


僕の前職の会社はこんな感じでした。

  • 飲み会ではコール当たり前
  • 朝までカラオケorクラブ
  • ハロウィンは仮装して渋谷へ繰り出す
  • 仕事で成果出すより目立ってなんぼ


もちろん仕事だけしていれば良い訳じゃないし、エンタメも大事なのは分かります。

でも「今やるべきこと違くない?業績悪いけど大丈夫?」って感じでした。


人間はどうしても環境に最も影響を受ける生き物です。

なので、僕のように違和感を持ってるなら一回離れるのもアリだと思います。


アパレル業界のおかしい状況は今後も続く?【将来性や辞めるタイミング】

アパレル業界のおかしい状況は今後も続く?【将来性や辞めるタイミング】


働き方改革やDtoC(ダイレクトトゥコンシューマー)など、アパレル業界の仕組みや働き方も変化はしてくると思います。

DtoCとは?

インターネットを使って、ユーザーに直接商品を届けるシステムのこと。

例えば、SNSで受注を取り、その分しか作らないなど。在庫の問題がないので、小規模なブランドでも運用可能。


ただし今後は、テクノロジーを使いこなす企業しか生き残れない時代です。

なぜなら、SNSやECを活用できないと、変化する人の購買行動に対応できないから。



正直、アパレル企業には古い体制のまま変化できてないところが多いので、そういった企業から厳しくなっていくでしょうね。

対処法:アパレル業界を続ける場合【テクノロジーを利用する企業を狙う】

今まで通り、ただ商品を作って売っていくだけのスタイルは確実に厳しくなります。

サスティナブル(持続可能性)が世界的トレンドなので、先進的なスタイルに対応できてる企業が強いですね。


なので、あなたがもし今後もアパレル業界で働きたいなら下記の2つがポイントです。

  • SNSやD2Cの仕組みを上手く運用している企業
  • ECメインで利益を取れる仕組みを作っている企業


ポイントは『低燃費、低コスト、テクノロジー』の3T。

いかに少ない人数で予算をかけずに運用できるか、を追求してる企業なら将来性もあるのでおすすめですよ。



元AKB48の小嶋陽菜(こじはる)さんがやってるブランドなどは、SNSとかD2Cが上手いのでチェックするといいですね。


対処法:一回IT業界に転職して、知識をつけてカムバックする

ここまで割と批判的な意見を言ってきましたが、僕はアパレル業界やファッションが大好きです。

今でも洋服を見てると時間を忘れますし、一番好きなものは何かと言えば間違いなくファッション。



でもだからこそ、今のままだと大好きなアパレル業界が嫌いになると思って、IT転職をしました。

なぜなら、インターネットで商品を売る仕組みを学べば、今後の可能性が広がるからです。



前述のようにアパレル業界は古い考え方の人が多いので、テクノロジーの知識と経験があれば価値ある存在になれます。

複数のスキルを持った人材は市場価値が高まるので、別業種に転職するのも割とおすすめですよ。



自分にはITとか無理って思うかもですが、僕も完全未経験だったので心配無用。

僕なりに必要なスキルをまとめてみたので参考にして下さい。


他の人と差をつけて1万人に1人の人材を目指そう

「10000時間の法則」というものがあります。10000時間を費やすと、ある分野のプロになれるというもの。

元リクルートの藤原和博さんも「100万人に1人の人材になる方法」と言っていて、今後の働き方のモデルになる考え方です。



例えばこんな感じです。

  • 営業を1万時間(約5〜6年くらい) → 営業のプロ(100人に1人の人材)
  • WEBマーケティングを1万時間 → 営業のプロxWEBマーケのプロ(1万人に1人の人材)
  • マネジメントを1万時間 → 営業xWEBマーケxマネジメントのプロ(100万人に1人の人材)


スキルを掛け合わせることで、他の人との差別化が出来るため、市場価値が高くなって仕事に困らなくなります。


僕自身、アパレル営業の知識が今のWebマーケティングの仕事にも活きてますし、今後はWebマーケスキルを他に活かすこともできるでしょう。



あとは単純に、あなたの特性を最も活かせる仕事が別にあるかもしれないので、どんな仕事があるのか知っておくのはアリですよ。

今の会社にいる間でも求人情報をチェックしておくと良い

終身雇用が崩壊した現代では、会社がいつどうなるか分かりません。

コロナで僕の前職の会社は「全員ボーナス0」になったみたいですし。。。(タイミング良かった〜)



なので、今すぐ転職しないにしても、求人情報をチェックしておくのがおすすめ。

いざ転職しようって思った時にすぐ行動できるので失敗のリスクを減らせます。



今まで3回行った転職活動で、このサービスは使えると思ったものだけ下記に紹介するので参考にしてみて下さい。


\全て無料で使えます!転職エージェントは複数併用がおすすめ/

  • 転職サイト
  • 転職エージェント

アパレル業界はおかしいところも多いが魅力的な業界でもある

アパレル業界の古い体質が変わるのは時間がかかる。自分が変わるべき


今回はアパレル業界のおかしい仕組みと今後取るべき行動についてをお伝えしました。


まとめ
  • アパレル業界は仕組みが古い
  • 危機感がない企業も多いので、入るならテクノロジーを使ってる企業が良い
  • 会社に尽くすより自分のスキルを磨くことを第一に考える
  • 本当にファッションが好きなら力をつけて戻ってこよう


アパレル業界にはおかしい部分も多いのは事実です。

しかし僕はファッションで人生が変わったし、アパレル業界のことも大好き。あなたも、好きだからこそ悩んでるはず。



文句を言ってるだけでは何も変わらないので、自分が何をできるのか考えて行動していきましょう。

僕のようにIT業界に一度来てみるのは、あなたの今後のキャリア的にもおすすめですよ。

電子書籍が無料で読めます


僕はブログ副業を開始して約1年で月収6桁を稼げるようになり、精神的・金銭的な不安がほぼ消えました。



しかし元々才能があったわけではありません。

むしろ真逆で、開始から半年間やっても月収はたった1000円でした。



しかし知識に投資し戦略を組んだら、7ヶ月後に月収は6桁を超、今ではほぼ放置で月6桁を稼げるようになったのです。



僕の無料メルマガでは、僕がブログで結果を出す上で身につけた思考や戦略をガッツリお伝えします。

本質的な内容が多いので、ブログで稼げるだけじゃなく、日常でのメリットもありますよ。



また、僕のブログ運営術を約2万字でまとめた電子書籍「ブログ羅針盤」を期間限定で今だけ無料でお渡しします。



最短最速で結果を出して、今後の人生をちょっと良くしたい人はぜひご覧ください。

⇨ 電子書籍を無料で手に入れる

※メールが必要ない場合は解除も簡単にできます


▼無料のメルマガ登録はこちらから▼

学べる内容
  • 何度も成功する人が必ず持っている思考法とは?
  • 弱者が勝つためのランチェスター戦略とは?
  • 読者の心を動かして行動を起こすライティングとは?
  • 理解していないと失敗に向かう恐怖のマインドとは?
  • 同じメッセージにも関わらず行動が起こる魅力的な伝え方とは?

※登録はいつでもすぐに解除できます


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる