【問題なし】転職エージェントを相談だけで使う際のポイント5つ

【問題なし】転職エージェントを相談だけで使う際のポイント5つ

悩む男性

・転職エージェントって相談だけするのもOK?

・やっぱり直接会わないといけないのかな?

・相談だけでも利用した方が良いのかな〜?



こんな悩みを解決します。



なぜなら、僕自身が転職エージェントを7社以上利用した経験や人材業界にいた経験もあるからです。



この記事を読むと分かること
  • 転職エージェントは相談だけでも利用可能かどうか
  • 相談だけで使うときの注意点
  • 結論、転職エージェントは相談だけでも使った方がいいのか


    【この記事の執筆者の信頼性】

  • 3回の転職を経験し、利用した転職エージェントは7社以上
  • エージェント経由で、未経験業種でも年収100万UPの内定獲得経験あり
  • 中途採用サービスの営業経験があり、人材業界の内情に精通
  • 31歳で未経験のWEBマーケティング職に転職


「まだ転職するかハッキリしてないから、とりあえず相談だけして方向性を決めたい」



そんな人はこの記事を見れば悩みがきっと解決します。



おけこ

利用する際の注意点やポイントも合わせて説明するので、不安を99.9%吹っ切れますよ!


ちなみに
後半で紹介するエージェントは、電話面談OKで外出しなくても利用可能なので安心して下さい。


転職エージェントは相談だけでも大丈夫【むしろウェルカムです】

転職エージェントは相談だけでも大丈夫【むしろウェルカムです】


結論、転職エージェントには相談だけでも全然問題なしです。というか、相談だけでもいいので出来れば使いましょう!



理由は下記の3つです。



  • 多くのエージェントが公式HPにも「相談だけでも大丈夫」と書いてる
  • 転職エージェントとしても可能性が広がるのはメリット
  • 転職エージェントを使えば、選べる企業の選択肢も圧倒的に広がる


それぞれ詳しく説明しますね。



理由①多くの転職エージェントが相談だけでもOKとホームページにも書いている

下記のようにネットで検索してもらうと分かるんですが、多くのエージェントが公式HPの「よくある質問」とかで答えてます。



リクルートエージェントは相談だけでも利用可能かどうか
参照元:リクルートエージェント


マイナビエージェントは相談だけでも利用可能かどうか
参照元:マイナビエージェント


doda転職エージェントは相談だけでも利用可能かどうか
参照元:doda転職エージェント


実際、相談だけで終わる人もいれば、相談をしてことによって方向性が定まって、そのままサポートを受けて転職するパターンもあります。



話してるうちに気持ちがまとまることも多いので、相談だけでもメリットは十分にありますよ。



理由②転職エージェントとしても可能性が広がるメリットがある

「相談だけだと転職エージェントにメリットがないから、対応が悪くなるんじゃないか?」って思うかもですが、心配は1ミリもいりません。



なぜなら、転職エージェントにとっても、相談だけで話をしてもらうメリットがあるからです。



転職エージェントの収益システム
自社経由で紹介した人が入社したタイミングで、企業から紹介手数料を貰う


収益システム上、まず紹介する人を確保しないと売上に繋がらないので、繋がりを持ってくれるのは転職エージェントにとってもメリットです。



理由③選べる企業の選択肢もグンっと増える

転職エージェントには「非公開求人」という一般には公開されない求人が多いのが特徴です。だいたい半分以上は非公開求人ですね。



転職エージェントに登録をしないと、多くの優良非公開求人を見逃すことになりチャンスロスに繋がります。



おけこ

自分だけだと見つからない企業もあるので、少しでも転職成功確率を上げたいなら、使わないのはもったいないですよね?


転職エージェントを相談だけで利用する際のデメリットや注意点

転職エージェントを相談だけで利用する際のデメリットや注意点


ただメリットばかりじゃないのも理解しておく必要があります。相手もボランティアじゃなくビジネスですから。



注意点
  • 転職する意思が低いと十分なサポートを受けられないこともある
  • キャリアアドバイザーによって対応の良し悪しがかなり変わる


デメリット①転職する意思が低いと十分なサポートを受けられないこともある

先ほどお伝えしたように転職エージェントは成果報酬型です。



そのため、『転職する確率が高い人=自社の売上に繋がりそうな人』を優先的にサポートするのは必然ですよね?



おけこ

明らかに転職する気がないと判断されれば、最悪の場合は紹介を断られることもあります。


断られた時の対処法は転職エージェントに見捨てられる(放置)&断られる原因と対処法をご覧下さい。



デメリット②キャリアアドバイザーによって対応の良し悪しがかなり変わる

キャリアアドバイザーと言っても人なので、親身に話を聞いてくれるタイプもいれば、ビジネスライクに淡々と進める人もいるでしょう。



人と人なので相性もありますし、経験の少ない1〜2年目の新人さんがつくことだってあります。



同じ転職エージェントを使っても、担当キャリアアドバイザーによって評価が変わることは普通だと理解しておきましょう。



相談だけでもいいから転職エージェントは使おう

相談だけでもいいから転職エージェントは使おう


デメリットをお伝えしたので迷ってるかもしれませんね。



ただ結論から言って、それでも転職エージェントは使った方がいいです。

なぜなら、デメリットよりもメリットの方が大きいから。



すでにお話しした膨大な求人数の他にもメリットはたくさんあります。



  • 業界の内部事情を聞ける
  • 自分の転職市場価値が分かる
  • 書類添削や面接対策も受けられる
  • プロの客観的なアドバイスをもらえる
  • 転職を成功させるためにやるべきことが分かる
  • 企業とのやり取りは全て代行して貰えて手間がかからない


少しのデメリットを気にして、多くのメリットを受けないのはもったいないですよね?



転職エージェントを相談だけで利用する際の5つのポイント

まだ不安な気持ちが残ってる人に、相談だけで使うときのポイントを5つお伝えしておきます。



相談だけで使う際の5つのポイント
  • 転職をする意志があることを示す(今すぐではなくてもOK)
  • 担当者が合わないと思ったら容赦なく変えてもらう
  • 自分が絶対に主導権を握って進めて行く
  • 1つではなく複数のエージェントで比較する
  • 大手の転職エージェントを使う


分かりづらいところだけ説明すると、複数を比較をするのは前述したように担当者の質に違いがあるからです。



繰り返しますが相手もビジネスなので、流されないように自分が主導権を握って進めましょうね。



まず相談だけが目的なら情報量の多い大手総合型エージェントがおすすめ

結論、自分が良いと思ったらどこでもOKなんですが、大手の3社を使えば7割くらいの求人を網羅できるのでおすすめです。



中小規模だと求人数が少なく、情報を得る目的だと少し物足りないので、大手で情報を得てから利用するのが吉。



複数利用については転職エージェントの複数利用は何社掛け持ちがベスト?でも解説してるので良ければどうぞ。





まとめ:転職エージェントは相談だけでも問題なし【気にせず使いたおそう】

転職エージェントは相談だけでも問題なし【気にせず使いたおそう】


今回は転職エージェントは相談だけでも使えるのかについてをお伝えしました。



今回のまとめ
  • 転職エージェントは相談だけでも利用可能(むしろ歓迎)
  • 使う時は注意点を理解して進めること
  • デメリットよりメリットの方が大きいので出来れば利用すべし


今回の内容を見れば、転職エージェントは相談だけでも大丈夫と確信ができたと思います。



ちなみに普通の人は不安があってもこんな風に調べられないので、すでに一歩踏み出せてるあなたなら、きっと次の行動も上手くいくはず。



ぜひその行動力で未来を掴み取ってください。


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】転職 成功 やり方 攻略 方法【全年代対応】転職成功へのロードマップ:体験談や共通点も徹底解説

おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が良いと思ったら、ぜひ拡散して同じ悩みを抱えてる人を救ってあげてください!
感想をツイートして同じ悩みを持ってる人を救う


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です