弱小PVでも月収11万円を稼いだブログ戦略

フリーターや正社員未経験も転職エージェントは使える!年代別に紹介

フリーター 正社員 未経験 転職 エージェント おすすめ

フリーター男性

正社員未経験やフリーターでも転職エージェントって使える?
登録してもエージェントから厳しい言葉を言われると思うとビクビクする。
アルバイト生活が長くて職歴なくても大丈夫かな?


おけこ

おけこです。(@kei1031jordan23
色々と不安もありますよね。でも大丈夫ですよ!


「自分は職歴がないから、エージェントじゃなくて転職サイトで探すしかないかな?」って思う人もいるのではないでしょうか?


せっかく勇気出して登録しに行っても、求人紹介出来ないと断られたらと思うと不安ですよね?


おけこ

しかし心配いりません。フリーター、正社員未経験の方でも使える転職エージェントはたくさんありますよ。


なぜなら転職エージェントにもそれぞれ得意分野があるからです。


例えば『第二新卒、女性に強い』などと同様に『フリーター、正社員未経験』に特化したエージェントも存在します。


今回は中途採用サービスの営業経験がある僕が『フリーター、正社員未経験に特化したおすすめ転職エージェント』についてお伝えしていきます。


この記事を読むと分かること
  • フリーターが転職エージェントを使うべき理由
  • 選ぶ際の注意点
  • おすすめエージェントと失敗しない使い方


フリーターも転職エージェントを使うべき理由


大きく3つ理由があります。


  • 応募出来る案件を増やせる
  • プロのサポートを受けられる
  • ポテンシャル重視の求人がたくさんある


それぞれ詳しく解説しますね。


転職エージェントの推薦があることで選考通過率が上がる

ハローワーク経由でも中々書類通過出来ずに悩んでる人が多いです。


職安を使い、就職先を探していますが、 やはりなかなか決まりません。 と言いますか、書類審査で落とされます。 もう少し、応募案件を増やしたいと思っているので、 転職支援会社を使ってみたいと思っているのですが、 フリーターだと無理ですよね。。。

参照元:Yahoo知恵袋


職歴がないフリーター、正社員未経験の人は企業側に採用するメリットが感じられづらいのが難点。


しかし、転職エージェントに推薦をしてもらう事で書類通過や選考通過率を上げることが出来ます。


なぜならエージェントに紹介されている時点で、一定基準をクリアしている判断をされるから。


おけこ

自分1人で応募してきた人とエージェント推薦で応募してきた人、自分が採用担当だとしたらどちらを信頼するかは、、、
分かりますよね。


転職のプロのサポートを受けられて転職成功率が上がる

フリーターや正社員未経験の人の場合、転職活動の経験がなく書類や面接対策が出来てないことも多々あります。


だから選考を通過することが出来ないんです。


しかし、転職エージェントを使えば書類添削や面接対策を無料で受けることが出来るので、必然的に準備のレベルが上がります


おけこ

つまり通過率や内定率が上がると。


サポートの手厚いエージェントを選べば、中々決まらない転職活動を攻略出来るかもしれませんよ。


ポテンシャル重視の求人をたくさん知ることが出来る

企業が出している求人には『未経験OKや将来性重視のようなものも実は沢山あるんです。


転職サイトに未経験OKや将来性重視が少ない理由
『良い応募が来ないのにお金だけかかる』ことを懸念する企業が多いから。


そのため採用するまでコストがかからない成功報酬型の転職エージェントにのみ非公開求人を出している企業も多いんです。


エージェントならキャリアアドバイザーが求職者の性格や適性を判断して紹介するので、企業も安心して選考を進めるってわけ。


結果として、転職エージェントには『ポテンシャルや人物重視』の案件も多くなるというパターン。


フリーターや正社員未経験の人は転職エージェント選びに注意


ただ注意点があります。

転職エージェントを使った方が良いのは間違いないんですが『どこを使うか』は超重要


何故なら、転職エージェントには紹介する基準があるので、達してないと断られることがあるから


おけこ

断られると結構へこみます。


更にフリーターの場合、正社員経験者よりも条件が厳しくなるので登録や紹介を断るエージェントが割とあるのも事実。


どんな時に断られるかを詳しく知りたい人は『放置&断られる時の理由と対処法』の記事をご覧ください。

転職エージェント 見捨てられる 断られる 放置 どうしたらいい 対処法転職エージェントに見捨てられる理由は2パターン【4つの対処法】


フリーターや正社員未経験に特化した転職エージェントを使うことが大事

紹介を受けて転職成功させるためには断われる可能性の少ない転職エージェントを選びましょう。


おけこ

ネットの評判や僕が実際に転職エージェントに確認したりして、紹介を受けやすいエージェントを選んだのであとで詳しくお伝えします。


1社ではなく複数利用する

これ必須です。


1社にしか登録をしないと、そこで紹介を受けられなかったり、受けられても全然魅力的な求人がなかったら終了ですよね。


なので僕がいつもおすすめしてるのは『最初は4社くらいに登録して、相性の良い2社くらいに絞る』こと。


何故なら転職成功者の平均登録社数は4.2社というデータがあるから。


複数利用についてもっと詳しく知りたい人は『転職エージェントの複数利用は何社掛け持ちがベスト?』の記事をご覧ください。

【経験談】転職エージェントを複数掛け持ちすべき理由とポイント【経験談】転職エージェントを複数掛け持ちすべき理由とポイント


フリーターや正社員未経験におすすめ転職エージェント


年代別におすすめを分けてる理由は、20代であれば第二新卒向けの転職エージェントを使うのが一番良いからです。


なので20代の方は『第二新卒向けのおすすめ転職エージェント』の記事をご覧ください。

第二新卒 正社員未経験 転職 エージェント おすすめ どこ【不安解消】第二新卒の転職エージェントおすすめ3選はコレで決まり


ここからは30代以上の全ての方におすすめのエージェントをご紹介していきます。

おすすめ3社
  • ワークポート
  • doda転職エージェント
  • Spring転職エージェント


フリーターや正社員未経験におすすめ転職エージェント:ワークポート


特徴
  • 未経験から派遣、フリーターなど転職意思がある人であれば全員が利用可能
  • 登録した際の電話は事務的だが、実際のキャリアアドバイザーは熱心な方が多いと評判
  • 強引に転職を勧められるようなことはなく相談だけでもOK


全国の人が利用できるワークポートは未経験転職に強いエージェントです。僕も2回利用しましたが、対応の良さがピカイチでした。



単純に求人の多さも魅力的ですが、フリーターの方は寄り添ってくれるサポートが大事なのでおすすめのエージェント。


おけこ

僕自身、アパレルからIT業界への未経験転職でしたが、ワークポートのサポートのお陰で年収100万UP出来ました


\無料登録はこちら/


フリーターや正社員未経験におすすめ転職エージェント:doda転職エージェント


特徴
  • 未経験でも土日休み・残業少なめなど条件重視の求人も多い
  • エージェント、サイトなどトータルで利用出来るため提案の幅が広い
  • メンタル面のサポートにも高評価をしている人も多い


リクルートに次ぐ求人数と実績を持つdoda転職エージェントは、トータルのサポートに定評があります。


『エージェント、サイト、スカウト』を1アカウントで使えるので、求人の幅を圧倒的に広げることが出来ます。その分メールは多いですが笑


・心強いサポートがあった

フリーターをしていた期間が1年ほどあったので、どういう評価をされるか不安でした。

そのことをエージェントの人に話すと、済んだことは仕方がないのでこれからをアピールしましょうと言われました。

転職活動が不安だったのですが、メンタルの面でも相談に乗ってもらえて良かったです。

参照元:https://www.k-shiina.com/doda-freeter-arbeit.html

DODAに登録してからは、自分自身で募集企業を探すよりも色んな会社の情報を得ることができたので、とても良かったです。

コンサルタントの方も親身になって相談にのってくれましたし、自分の今までの経験からくる強みをどう面接や履歴書で伝えればいいかを考えてくれるので、一人で転職活動するよりもいい影響があると思います。

参照元:https://www.k-shiina.com/doda-freeter-arbeit.html


そもそも応募出来る幅が少ないフリーターにとっては、求人数とサポートでメリットのあるdodaは強い武器になると思いますよ。


\無料登録はこちら/


フリーターや正社員未経験におすすめ転職エージェント:Spring転職エージェント


特徴
  • 転職市場価値の低い求職者でも面談希望者を断らない
  • 全国対応。地方でも各拠点で個別転職相談会を随時実施
  • キャリアアドバイザーが企業担当も行なっているのでミスマッチが起きにくい


Spring転職エージェントでは、面談希望者や登録希望者に対して間口を広くという社内方針で紹介を基本断りません。


またキャリアアドバイザーが企業側の担当も一緒にやっているので、『求職者の意向が企業に伝わりやすい』のがメリット。


担当者と企業担当が違うと伝達ミスがある場合、思いが正しく伝わりませんからね。


当初より50代、フリーター、業界未経験などの求職者はほぼ転職エージェントから相手にされないと聞いていました。しかしスプリングでは登録拒否や面談希望者を断らないと聞いていたのでお願いしたところ、しっかりと対応して頂けました。私自身建設業はあまり縁が無く、年齢的にも他転職エージェントでは全く相手にされなかったので感謝しています。少し時間はかかりましたが最終的に転職先も決めることが出来ました。

参照元:https://tenshoku-taisha.com/spring-tenshoku-3294.html

自分から進んで担当のコンサルタントにアプローチしていかないと、スプリング側から積極的にアプローチしてくる訳では無いので、しつこくされたくない私としては適度な距離感でやりやすかったです。しかし自分から積極的にいけない人だと少し物足りないかもしれません。私は結果的にSpring転職の担当者からの求人で希望の企業への内定を決めることが出来ました。

参照元:https://tenshoku-taisha.com/spring-tenshoku-3294.html


自分から積極的に行かないと求人紹介をあまりしないみたいなので、ガンガン聞いていく姿勢が大事ですね。


\無料登録はこちら/


転職エージェントを使い倒す方法


転職エージェントを選んだら、あとはフル活用して内定を勝ち取るだけです。なので全体的な流れを簡単におさらいします。


  • 登録
  • 面談
  • 求人応募
  • 書類選考
  • 面接
  • 内定
  • 内定後のやり取りで終了


詳しい使い方が知りたい人は『転職エージェントの流れや使い方』の記事をご覧ください。

転職エージェントの使い方、活用法【完全版】転職エージェントの流れ&1.5倍効果的な使い方


未経験でも転職しやすい業種や職種を知りたい人は『おすすめ業界選び』『おすすめ職種』も参考にしてください。


フリーターや正社員未経験こそ転職エージェントを活用してチャンスをつかもう


今回はフリーター、正社員未経験に特化したおすすめ転職エージェントについてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • フリーターは転職エージェントを使うことで転職失敗率を確実に減らせる
  • 選ぶ際は紹介基準に注意しながら複数利用する
  • 使い方をマスターして転職成功を掴む


最後に今回おすすめした3社をまとめておきます。

  • ワークポート:未経験から派遣、フリーターなど転職意思がある人であれば全員が利用可能
  • doda転職エージェント:エージェント、サイトなどトータルで利用出来るため提案の幅が広い
  • Spring転職エージェント:キャリアアドバイザーが企業担当も行なっているのでミスマッチが起きにくい


今回紹介したエージェントをフル活用出来れば、きっと内定を獲得することができるはずです。


ただ転職は入った企業で活躍出来て初めて本当の成功

内定を貰って満足せず、常に自分を高めていってください。

おけこ

応援してます!


\他におすすめの記事はこちら/

第二新卒 正社員未経験 転職 エージェント おすすめ どこ【不安解消】第二新卒の転職エージェントおすすめ3選はコレで決まり転職 成功 やり方 攻略 方法【全年代対応】転職成功へのロードマップ:体験談や共通点も徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です