転職エージェントに断られる理由8つ【経験者が解決策も徹底解説】

転職エージェントに断られる理由8つ&対処法3つ【体験談あり】

悩む男性

転職エージェントに登録できないって言われた。求人紹介を断られる理由ってなに?

断られたら転職エージェントはもう使えないってことなのかな?


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。



僕自身も求人紹介を一度断られた経験がありますが、理由を調べたら意外と断られるのが普通なことが分かりました。

結局、使えるエージェントはいくつも見つかったので、問題なく転職活動ができましたよ。



この記事を読むと分かること
  • 転職エージェントに断られるのは普通
  • 転職エージェントに断られる理由8つ
  • 断られたり面談拒否された時の対処法3つ


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


転職エージェントに登録できないと言われる、求人紹介を断られる、なんて最初は想像もしてないからショックですよね?


僕もやる気になってた矢先に、レバテックキャリアから下記のお断りメールが届いて膝が崩れたのを覚えてますw

レバテックからのお断りメール
今までやってきたことを否定された気分でした笑


ただ前述したように、転職エージェントに登録できない、求人紹介を断われるのは割と普通でして、経験してる人もかなり多いです。

僕の経験からも、自分に合ったエージェントは必ず見つかると断言できるのでご安心ください。



今回は転職エージェントに登録できない・求人紹介を断られる理由とあなたに合ったベストなエージェントについてお伝えします。



おけこ

自分が転職エージェントに断られる理由を見つけてしっかり対処すれば、きっと転職成功を掴めますよ!

転職エージェントに断られる、登録できないと言われるのは普通【結論】


実は同じように転職エージェントに断られる経験をして、落ち込んでいる人はかなり多いです。

https://twitter.com/hopehopehope118/status/1138020606929072128?s=20

しかし冒頭でも言ったように、転職エージェントに断られるのは普通。

なぜなら、転職エージェントは登録や求人紹介できる基準を社内で設けてるからです。(公表はされてません)



以前やっていた中途採用サービス営業時代に、その辺の業界ウラ事情を聞いて驚きましたが、エージェントもビジネスなので仕方ありません。


おけこ

事実を知らないとショックですが、そういうもんだと思ってれば適切に対処するだけですよ。

転職エージェントに登録や紹介を断られる理由8つ【大きく2パターン】

転職エージェントに登録・紹介できないと断られる理由は2パターン

転職エージェントが登録や求人紹介を断る理由は大きく2つに分かれます。

  • 転職者に原因がある場合
  • エージェントのサポート範囲外の場合


全てのパターンについて詳しく解説していくので、自分がどれに当てはまってるかをチェックしていきましょう!


転職エージェントに断られる理由①転職者に原因あり

転職エージェントに断られる理由①転職者に原因あり

まずは求職者に何かしらの原因がある場合。具体的には下記の通りです。

転職者に断られる原因がある場合
  • ブランクが長い
  • 転職回数が多い
  • 希望する業種や職種が特殊
  • すぐに転職する意思が感じられない

それぞれ説明していきます。


①ブランクが長い

前職を辞めてから期間が空いてる場合(目安は3ヶ月)は、理由を説明できないと断られる事があります。


というのも、転職活動にかかる一般的な期間が約3ヶ月なので、それ以上空いてると「何してたんだろう?」って企業が疑問を感じるためです。


ただ、人それぞれ事情があるので納得がいく内容であれば問題なし。

おけこ

僕も1年以上ブランクが空いたことがありますが、歌手になる為のボイトレと海外一人旅をしてたことを話したら普通に大丈夫でした。

②転職回数が多い

転職回数が多いと、企業も「またすぐに辞めるんじゃ」って不安になりますよね。自分が採用担当だったら絶対思うはず。



なので、1年以内の短期離職を繰り返していたり、年齢の基準よりも転職回数が多い場合は紹介できないと断られるかもしれません。

転職回数の目安は下記の表をご覧下さい。


20~24歳3社以上
25~29歳4社以上
30~39歳5社以上
40~49歳6社以上
50歳以上7社以上

③希望する業種や職種が特殊

転職エージェントの求人はホワイトカラーが中心のため、希望する業種や職種に対応できない時は紹介を断られることがあります。

ホワイトカラーとは
オフィスで働くサラリーマンの白シャツから名付けられた。逆に作業着で働く人たちをブルーカラーと呼ぶ。

下記が特殊な仕事の具体例です。

  • 現場の職人
  • 芸能事務所
  • 教員や公務員
  • パイロットやCA


上記のように転職エージェントにない仕事を目指している場合は、別の手段を見つける方がいいでしょう。


④すぐに転職する意思が感じられない

転職エージェントはなるべく転職への意思が高そうな人を優先しますが、理由は下記の2つ。

  • サポート期間を半年と定めている場合がある
  • 収益の仕組み上、売上に繋がりそうな人を優先する


サポート期間に関しては特に設けてないエージェントもありますが、売上が立つ仕組みとタイミングはほとんどが共通。


転職エージェントの売上の仕組みとは
紹介した人が企業に入社して初めて売上が立つ。それまでは一切、収入が発生しない。


求職者は無料で使えるため忘れがちですが、転職エージェントもビジネス。

しっかりとサポートを受けたいなら、「今すぐでも大丈夫です!」って転職への意思の高さをアピールした方がいいですね。



転職エージェントに断られる理由②サポート範囲外

転職エージェントに断られる理由②サポート範囲外

次にエージェント側に原因があって断られる場合をお伝えします。


エージェントのサポート範囲が原因で断られる場合
  • 年齢
  • 住んでいる地域
  • 対応していない業種や職種
  • 正社員未経験など経験不足

こちらも詳しく見ていきましょう。



①年齢

転職エージェントによっては対象年齢(年代)をある程度決めている場合があります。

例えば、第二新卒に特化したマイナビジョブ20’sなど。



20代向けの求人メインに40代以上が登録しても紹介できる求人がないので、断るしかないなどのパターンですね。



ただ、大手総合型の転職エージェントなら年齢制限を設けていないので、年代気にせず使って頂けます。

年齢制限のない大手総合型3社おすすめ


②住んでいる地域

転職エージェントにはサポート出来る地域が決まっていて、行ける範囲に事業所がないと断られる場合があります。


下記に各エージェントの事業所の所在地を載せるので確認してみて下さい。

エージェント名事業所の所在地
リクルートエージェント東京、栃木、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡、宮城、北海道
ワークポート東京、大阪、福岡、名古屋、横浜
マイナビAGENT東京、大阪、名古屋、福岡
DODA転職エージェント北海道、宮城、東京、神奈川、大阪、兵庫、広島、福岡
パソナキャリア東京、横浜、さいたま、福岡
レバテックキャリア東京、横浜、名古屋、静岡、京都、大阪、神戸、広島


ただ、今は多くのエージェントが電話面談に対応しているので、近くに事業所がなくてもサポート可能な場合が多いです。

前述した全年代対応のエージェントなら全て電話面談もできますよ。


全国対応のおすすめエージェント


③対応していない業種や職種

転職エージェントには大きく分けて2種類あります。

  1. 幅広い求人を網羅した総合型
  2. 特定の業種に強い特化型

特化型エージェントの場合はサポート範囲が限定されるため、自社の求人で対応できないと断るケースが出てきます。

例えば、IT特化型エージェントにアパレル販売員の求人を求めても無いような感じですね。



基本的に特化型の使い方は、総合型にない求人を深掘りしていくイメージ。

なぜなら、中小企業は総合型エージェントだと上手く採用できず、特化型に頼ってる場合があるからです。



なので、業種・職種が明確な場合は、特化型にも登録することで断られるリスクを軽減しつつ求人の網羅をすることができますよ。

特化しているジャンルおすすめ①おすすめ②
IT業界全般(未経験可)ワークポートマイナビエージェント
エンジニア経験ありレバテックキャリアTechClipsエージェント
WEBデザイナー経験ありレバテッククリエイター
外資・英語・海外系JAC Recruitmentアクシスコンサルティング
アパレルクリーデンス
コンサルティングアクシスコンサルティング
年収600万以上JAC RecruitmentSAMURAI JOB
別タブはCtrl(MACはcommand)を押しながらクリック


ちなみに僕は管理職経験があり、IT業界志望だったのでワークポートとJACに登録しましたが、良いサポートが受けられましたよ!



④正社員未経験などキャリア不足

最後は今までの経歴・キャリアがサポート範囲外の場合です。

転職エージェントの求人は基本的に正社員向けなので、今までアルバイトしかしてない場合などは経歴不足で断られる事もあります。



ただ、公表されてる訳ではないですが、様々なデータや口コミの検証と僕の経験則から、エージェントの紹介基準を割り出したので下記に載せます。

Sランク
*ハイキャリア向け(年収500万以上)
JAC Recruitment
外資・管理職クラスに強い
ビズリーチ
ヘッドハンターからのスカウトあり
Aランク
*書類選考に通りそうかが基準
リクルートエージェント
実績、求人数共に業界No.1
マイナビエージェント
20~30代の若手におすすめ。ITに強い
Bランク
*正社員経験があればOK
DODA転職エージェント
リクルートと並んで求人数多い
パソナキャリア
業界No.1と評判のサポート力
Cランク
*フリーターやニートでも可能
ワークポート
IT業界、未経験に強い。
年齢制限なし
DYM就職
35歳まで登録可。
書類選考無しで正社員採用率96%


この表を使って登録していけば、全てのエージェントに断られることは、ほぼ確実にありません。



1つだけお伝えすると、基本的には上位ランクの方が、質の高い求人を持ってることも多いので、まずはAランクくらいから登録するのがおすすめ。



ただワークポートは求人の質がいいのに紹介基準が低いので、とりあえず登録しておけば間違いないですよ!

登録は3分くらいでできます



>> 参考記事:ワークポートの評判は最悪!?未経験転職をした僕がステマなしで語る


40代以上で経験が不足してる場合は転職エージェント以外も検討

とりあえず前述した紹介基準を元に登録して貰えればと思いますが、40代以上でアピールできる経験が少ない場合、転職エージェントだと厳しい事もあります。



ただ、その場合は転職サイトから自分で応募すれば大丈夫。
紹介基準もないし、自分が受けたい企業を好きに探せるので心配いりません。



この後紹介する、転職エージェント以外の手段の項目を是非ご覧下さい。



転職エージェントに登録や紹介を断られる場合の対処法3つ【全パターン網羅】

転職エージェントに登録できない&紹介断られる場合の対処法

断られる原因が分かったら、それぞれの対処法を取ればOK。
すでにお伝えしたものもありますが、全体的にまとめて紹介します。


転職エージェントに断られた時の対処法
  • 希望条件を変えて同じ転職エージェントに再登録
  • 違う転職エージェントに登録して進める
  • 転職エージェント以外の手段を使う


対処法①希望条件を変えて同じ転職エージェントに再登録

先ほど断られた理由が『希望する求人が特殊な場合』と『希望する求人がない場合』に該当した人向けの対処法です。


単純にエージェントが対応できる求人に希望条件を変えれば、紹介を受ける事が出来るはずですよ。

例えば、年収を500万以上から400万以上にするとかでも変わりますね。



対処法②違う転職エージェントに登録して進める

転職エージェントのサポート範囲には差がある事を理解してもらえたかと思うので、対応している別エージェントに登録することで解決できます。


おけこ

複数登録する際のポイントだけ少しお話ししますね。

転職エージェントを複数利用する際のポイント

自分に合った転職エージェントを選べば大丈夫というイメージはできましたよね?



何社くらいに登録すればいいか迷う人のために『最初は4社→最終的に1〜2社に絞る』をおすすめしておきます。理由は下記の2つ。

  • 転職成功者は平均で4.2社を利用していると、リクナビNEXTからデータが出ている
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪かった時のリスク回避のために複数登録は必須

転職エージェントを使う目的は『成功を掴む』ため

「そんな登録するのメンドイな〜」って思った人は昔の僕と同じですw



ただやってみて感じたことですが、担当者との相性と求人内容を面談の対応などで比較して、すぐ1〜2社に絞れば手間はそこまでかかりません。



あなたの目的はラクをする事ではなく、転職成功することのはずです。

確かに最初は多少大変ですが、あとで悔やむよりも良くないですか?


おけこ

ただ僕のように7社とかに登録すると、リスク分散よりも手間の方が大きくなるので、4社までにしましょうw

\かんたん3分で終わる無料登録/

おすすめ3社

迷ったらワークポートだけは抑えておきましょう



対処法③転職サイト、ハローワーク、大学のキャリアセンターを使う


  • 転職サイト
  • 大学のキャリアセンター
  • ハローワークなどの公的支援サービス

目的は内定を獲得すること、更に言えば良い仕事を見つけて転職先で活躍することなので、上記のように転職成功できるなら手段は何でもOKです。



ちなみに公的支援サービスだと下記のようなものがあります。

  • ハローワーク:住んでる地域にあり、無料で使えるサービス
  • ジョブカフェ:厚生労働省と経済産業省の支援により運営され、求職者の能力向上と就業促進を目的としたサービス
  • サポステ:厚生労働省に委託されている若者自立支援中央センターが運営。 パソコン講座やストレスマネジメントから就職までのトータルサポートを行う。


ただ、スキルアップのために使用するのはいいんですが、仕事を探すのはおすすめしません。

なぜなら、求人の質が低くブラック企業が多い傾向があるからです。



なので転職エージェント以外の方法を考える際は、同じく無料で使える転職サイト一択でOK。

とりあえずリクナビNEXT MIIDAS(ミイダス)の2つに登録しておけば、かなりの求人を網羅できるのでおすすめですよ。



転職エージェントに断られる理由8つ【経験者が解決策も徹底解説】:まとめ

転職エージェントに断られても問題なし【正しく対処しよう】


今回は転職エージェントに断られる理由と対処法についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • 理由は転職者かエージェントのサポート範囲の2種類
  • 原因を把握して、適切な対処法を取れば問題なし
  • 転職成功のために多少の手間は惜しまず行う


最後に紹介ランク表をもう一度お見せします。


\迷ったらリクルート&ワークポートが鉄板/

Sランク
*ハイキャリア向け(年収500万以上)
JAC Recruitment
外資・管理職クラスに強い
ビズリーチ
ヘッドハンターからのスカウトあり
Aランク
*書類選考に通りそうかが基準
リクルートエージェント
実績、求人数共に業界No.1
マイナビエージェント
20~30代の若手におすすめ。ITに強い
Bランク
*正社員経験があればOK
DODA転職エージェント
リクルートと並んで求人数多い
パソナキャリア
業界No.1と評判のサポート力
Cランク
*フリーターやニートでも可能
ワークポート
IT業界、未経験に強い。
年齢制限なし
DYM就職
35歳まで登録可。
書類選考無しで正社員採用率96%


転職エージェントが断るのは割と普通なので、原因を理解して対応すれば、あなたに合ったエージェントに出会えます。



とはいえ、転職エージェントはあくまで成功までの手段。

大事なのは登録後の使い方なので、エージェント選びが目的にならないようにしましょうね。



以上、転職エージェントに断られる理由8つ【経験者が解決策も徹底解説】でした!


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】転職エージェントの使い方、活用法【完全版】転職エージェントの流れ&1.5倍効果的な使い方

おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!
この記事が良いと思ったらSNSでシェアして頂けると泣いて喜びますので良ければぜひ笑
>>感想をツイートして、おけこを泣かせる


>> 転職エージェント関連の他の記事はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です