ワークポートの評判は最悪!?未経験転職をした僕がステマなしで語る

ワークポートの評判は最悪!?未経験転職をした僕がステマなしで語る

悩む男性

・ワークポートのリアルな口コミを知りたいな〜

・実際、使った人から見ておすすめって出来る?


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。



僕自身、ワークポート経由で年収100万UPの内定獲得経験がありますが、ステマじゃなく普通におすすめ出来ます。



この記事を読むと分かること
  • ワークポートのTwitter口コミまとめ
  • 評判や口コミをどう扱っていくべきか
  • 体験談&ワークポートを120%活用する方法


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


ネットやSNSで見たことがあるかもですが、ワークポートって悪い評判も目にするので不安になりますよね?



しかし、評判や口コミの真実を知れば考えが変わる人もきっといると思います。



今回はTwitter民たちのリアルな意見と僕の体験談をご紹介します。



おけこ

口コミ情報との正しい向き合い方や転職成功の方法もお伝えするので是非お付き合い下さい。


\今すぐ無料登録したい方はこちらから/

電話面談も可能です



リクルートエージェントの評判や口コミは悪い?【しつこい、最悪の真相】

リクルートエージェントの評判や口コミは悪い?【しつこい、最悪の真相】


まずは2chと同じくらい辛辣なコメントが多いTwitterから、良い口コミと悪い口コミを隠すことなくご紹介します。



ワークポートの悪い評判・口コミ

まずは「最悪」などの厳しい意見をいくつかピックアップします。気持ちがズーンとなるかもですが受け止めましょう。



【最悪】

【書類通過しない】

【対応してくれない】



「最悪」の厳しい意見から対応が悪いなどの意見もありますね。

書類通過率が低いと感じた方もいるみたいですが、僕はむしろ高いと感じたので、人によるというのが結論。



上記の他に比較サイトや口コミサイト、SNSでは下記のような意見もありました。

  • ツールが使いづらい
  • 対応を急かされて嫌だった
  • 若い担当者で信頼出来なかった
  • 不採用になっても連絡が来ない
  • 紹介された求人がブラック企業だった


上記のような可能性があることは覚えておいた方がいいですね。



ワークポートの良い評判・口コミ

さて、ちょっと気分が落ち込んだかもですが、もちろん良い感想を言ってる人もたくさんいるので見ていきましょう。



【未経験OKの案件が多い】

【ツールでやりとりがしやすい】

【サポートの質が高い】



「あれ?」って勘の良いあなたなら気づいたかもですが、悪い評判にも『ツール』や『対応』について書かれてました。

しかし、逆にポジティブな印象を抱いてる人もいるようです。



僕も実際使ってみて、ムダな機能がなくて使いやすかったのが率直な感想。ちなみに他の良い口コミは下記になります。

  • 熱意があってやる気が出た
  • 対応が早くて効率よく進められた
  • 『みんスク』が使えるのがありがたい
  • 未経験でもサポートが受けられて助かった
  • 元IT業界特化だけあってWEB系の求人が豊富


ちなみに『みんスク』はワークポート運営のプログラミングスクールです。ワークポートに登録した人は完全無料で利用可能。



ワークポートは15年以上前にIT・WEB業界特化の転職エージェントとして歴史をスタートしたので、未だにIT業界への強みを持っています。



またキャリアに自信がない人へのサポートも手厚く、基本的に紹介を断ることはありません。未経験転職の方にも嬉しいですよね。



僕自身、30代の未経験転職でも内定獲得までサポートして貰えたので、正直言って悪い印象は全くありません。



ワークポートの評判・口コミとの向き合い方【結論、気にしなくてOK】



正直、いろんな人の口コミを見ると余計に迷うのが本音じゃないでしょうか?

なので、3回使った僕の意見をオブラートに包まず率直にお伝えします。



ぜひ使いましょう!!(IT業界を目指すなら必須)



なぜなら、転職エージェントの評判や口コミは『人と人との相性』という、極めて運の要素が強いものなので、あまり気にする必要がないからです。



ワークポートはサービス自体の質や転職実績からしても全く問題ないエージェントなので、利用しないのは単純にもったいないです。

>>ワークポートに登録する



そもそも評判や口コミを調べることの意味

僕たちが評判・口コミを調べる意味は『同じ対象に対して、他の人がどんな評価をしているか』を知るためです。



例えば、『ルイヴィトンのバッグ』に対して、

  • デザインが嫌い
  • 硬くて使いづらい
  • なんであんなに高いの

というネガティブな意見や

  • 丈夫で長持ちする
  • モノグラムのデザインが好き
  • 自分をワンランクUPされてくれる

というポジティブな意見を見ることで、自分はどうしようかと判断するのが本来の口コミの使い方です。比較対象が同じってこと。



しかし、転職エージェントの場合『性格も年齢も経歴も違う人同士の関わり』なので、そもそも比べる基準がありません。



おけこ

同じキャリアアドバイザーでも「めっちゃ良い」って感じる人と「クソ」って感じる人がいるってこと。


つまり、ある程度まで調べたら自分で登録するしか確かめる方法はないということです。



ワークポートを僕が実際使った感想

ワークポートを僕が実際使った体験談


参考までに僕の体験談もお伝えすると、3回の転職活動で全てワークポートを使い、年収100万UPでIT営業の内定をもらうことも出来ました。



ちなみに31歳未経験での挑戦だったので、30代以降で諦めかけている人の希望にもなると思います。



ワークポートの体験談【面談】

僕は埼玉オフィスに直接面談に行って、求人の紹介を受けました。



おけこ

30代未経験転職なので「厳しくなるのは覚悟して」とは言われましたが、「営業という強みを活かせばきっと大丈夫」と最後は背中を押して貰いました。


ワークポートは面談時に30件くらいの求人を紹介されて、その場で応募するかしないかを判断するのが特徴ですが、判断出来ないなら素直に伝えれば問題なし。



その場で応募する分、他のエージェントよりも1ステップ早く進めるのは、急いで内定を決めたい人には嬉しいポイントだと思います。



ワークポートの体験談【選考〜内定】

ワークポートは書類選考に強い印象で、通過率の高い求人をある程度選んでくれてるのかもしれないと感じました。



おけこ

結果的に3週間でITベンチャーの営業職で内定を貰うことが出来、僕の転職活動は一旦終了しました。


早く決まった要因としては、『面接などの準備を徹底したこと』が大きいですが、ワークポートの担当者さんのアドバイスにも助けられました。



例えば、最初の面接に行く前に『面接通過の心得』というPDFを見せてくれて、準備の抜けを防げたのも大きかったですね。



とはいえ、ここまでは特段目立つ印象はないですよね?

僕が感謝したのはこの後です。



ワークポートの体験談【入社辞退〜再び紹介】

実は、IT営業の入社をその後辞退することになります。

詳しく話すと長くなるのでザックリ言うと『思ってた業務内容と違った』のが理由です。甘いですよね笑



内定承諾をしてから入社日まで期間が1ヶ月半ほどあったので、アルバイトと言う形で入社予定の企業で働かせてもらったんですが、そこで耐えがたいギャップを感じてしまいました。



おけこ

結局、入社を1週間後に控えたタイミングで企業に入社辞退を伝え、ワークポートの担当者さんにも連絡しました。

超気まずかった。


転職エージェントは入社するまで売上が立たないので、僕のせいで150万ほどの売上が消滅したってこと。正直「ふざけんなよ!」って感じですよね笑



快く送り出してくれた懐の深さ

怒られることも覚悟しながら電話しましたが、担当者のKさんは



キャリアアドバイザー

仕方ないですよ!また是非お手伝いさせて下さい!

って明るく言ってくれて、正直、ちょっと涙出そうでした。



結局、僕はリクナビNEXT 経由の企業に行くことになったのですが、最後までKさんは爽やかに対応してくれました。

キャリアアドバイザー

おめでとうございます!頑張って下さいね!

もしまた転職するってなったら声かけて下さい!笑


尊敬の念すら抱きながら感謝を伝えて、僕の転職活動は終わりました。



僕はこの体験からワークポートを心よりおすすめ出来ますし、IT業界を目指す人や未経験転職をしたい人には特に使って貰いたいと思います。

>>ワークポートに登録する



ワークポートを最大限フル活用する方法

ワークポートを最大限フル活用する方法


ワークポートに限らず、これから転職エージェントを使うあなたに『エージェントを120%活用する方法』を最後にお伝えして終わろうと思います。



一般的な流れは転職エージェントの流れ&1.5倍効果的な使い方をご覧頂ければと思いますが、1つだけ今お伝えします。

それは”最初”は1社じゃなく、複数登録した方が良いと言うこと。



おけこ

なぜなら、僕のように良い担当者さんに当たることばかりではないので、相性が悪い人に当たった時に対応できるようにするためです。


リスクは出来る限り減らした方がいい

僕も最終的にはリクルートエージェントワークポートの2社に絞りましたが、最初は比較のために7社登録しました。



正直7社は不要でしたが、転職成功者が平均4.2社に登録していることからも、3〜4社くらいは比べた方が失敗リスクを減らせます。



最初は少し管理が大変になりますが、今後何十年と働く仕事を見つけるためなので、少しでも成功確率が高まるならやる価値はありますよね。



【比較におすすめの転職エージェント】



まとめ:ワークポートの評判や口コミは参考程度に【最後は自分の感覚で決めるべし】

ワークポートの評判や口コミは参考程度に【最後は自分の感覚で決めるべし】


今回はワークポートの評判と体験談についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • 評判には良し悪しがあるがあくまで参考程度に
  • 個人的には心からおすすめ出来る転職エージェント
  • ただ、リスク回避で最初は複数登録するのがおすすめ


基本データ
求人数約2万8,688件以上
(IT案件:1万件以上)
強い業種IT・WEB・ゲーム関連
(今は全般に対応)
土日対応土日ともに可
対応エリア全国
電話面談あり


最後にワークポートと比較用の3社を再度紹介します。

無料登録は3分くらいで完了



今回で周りの評判や口コミは、正直あまり気にする必要がないことが分かったはずです。


もしかしたら不快な思いするかもしれませんが、それはどの転職エージェントを使っても同じこと。人と人なので『絶対』は存在しません。



しかし、あなたが自分の意志をしっかりと持って120%使い倒すつもりで活用すれば、きっと相手も良いパフォーマンスをしてくれるはず。



大切なのは『どこに登録するか』ではなく、登録してから転職成功するために『どう使うか』です。大丈夫、きっと上手くいきますよ。


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!
この記事が良いと思ったらSNSでシェアして頂けると泣いて喜びますので良ければぜひ笑
>>感想をツイートして、おけこを泣かせる


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】転職エージェントの使い方、活用法【完全版】転職エージェントの流れ&1.5倍効果的な使い方転職 成功 やり方 攻略 方法【全年代対応】転職成功へのロードマップ:体験談や共通点も徹底解説未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です