最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

【注目】転職の後悔の具体的事例&失敗しないための対処法

転職 後悔 したくない 回避策 対処法

悩む女性

転職の後悔ってなに?具体的に知りたいな。
なんで後悔してるの?
後悔しない転職のやり方ってあるのかな?


おけこ

おけこです。(@kei1031jordan23
せっかく転職したのに後悔したくないですよね?
今回は体験談や理由、対処法まで全て教えます!


    【この記事の信頼性】

  • 元中途採用サービス営業経験アリで業界の内情に精通
  • 今まで利用した転職サービスは計20以上で総リサーチ時間100時間以上
  • 転職先にギャップを感じて、年収100万UP内定を入社前に辞退した経験アリ


「転職で後悔するのってどんな時?なんで?」って思いますよね?


実はいくつかデータを見ていくと、なんと25〜30%程の人が、転職前の会社に戻りたいと感じているそうなんです。衝撃ですよね。


これから転職をするあなたは「後悔しないやり方や注意点があれば知りたい」と思うはず。


そこで今回は、年収100万UPの内定を断った経験を持つ僕が『転職で後悔した事例と理由、回避策』についてお話していきます。


この記事を読むと分かること
  • 転職で後悔する具体的な事例と理由
  • 後悔した時に前職に出戻りや再転職は出来るか
  • 後悔しないための方法と後悔した場合の対処法


【スポンサーリンク】

「転職に後悔しかない、、、」どんな理由?【失敗談や事例、ランキングも】


ではここから、具体的にどんな失敗を感じたのか紹介します。


  • やりたかったことと違う
  • 業務の進め方が違い戸惑う
  • 思ったように活躍出来ない
  • 教育制度が整ってないため、引継ぎなしで丸投げ
  • 労働環境(残業が多い、会議が多い、給与が低い、休日が少ない)
  • 社風に馴染めない
  • 人間関係がギスギスして辛い
  • 求人票の内容と実際の条件や待遇が違った
  • 転職先を決める前に辞めてしまった
  • Uターンなど生活スタイルの変化
  • 前の会社の良さに気づく


上記のような後悔を感じています。少し大きくまとめて解説していきましょう。


後悔1位:仕事内容が思っていたものと違う

「やりたいことと違う、思ったより活躍出来ない」など仕事内容にギャップを感じるひとも多い。


その後今までとは違う営業をしてみたくなり、ベンチャーに就職しました。 まだ8ヶ月ですが、ここ数ヶ月毎日10時で疲れ果ててきました。 今年になって5人辞めてます。 1人は鬱病になりました。 私も転職した方がいいと思っていますが、自信がありません。

もう何の仕事も無理なのではなんて、ふと思ってしまう事があります。 またこんな短期で転職してもいいのか、悩んでしまっています。

参照元:Yahoo知恵袋


もちろん入るまで、実際の業務内容は分かりません。

とはいえ、面接や下調べを徹底すれば、ある程度避けられる部分ですね。


後悔2位:社風や人間関係に馴染めない

これもかなり多いです。
『エンミドルの転職のデータ』では以下のようになっています。


参照元:エンミドルの転職


人間関係は正直、入ってみないと分からないことは多いですね。


ただ、面接時の逆質問や口コミサイトなどを使えば、予測は出来るかもしれません。


後悔3位:条件が求人内容と違った

「残業が思ったより多い、給料が当初の予定より低い」など、条件面の違いを感じる人も一定数います。


正直、求人内容の部分は参考データなので、『労働条件通知書や雇用契約書』を必ず見ないといけません。


上記の書類でも記載されている内容と比べても、『入社したら全然違う』という場合は再転職にも不利にはならないからです。


書類のチェックは面倒ですが、ブラック企業はその気の緩みをついてくる可能性があるので絶対に確認はしましょう。


転職で後悔する人、しない人はどう違う?【特徴やタイプの差】


転職で後悔する人が多い一方で、新しい環境に満足する人もいます。

どんな違いがあるのでしょうか?


転職で後悔する人としない人の特徴

    【後悔する人】

  • 転職に求める基準が不明確または複数あった
  • 良く調べずに決める
  • ムダなプライドが捨てられない
  • 【後悔しない人】

  • 前職での問題が解決する
  • 新しい価値観や人との出会いに満足


ざっくり挙げるとこんな感じです。


おけこ

『後悔する人=転職に求めるものがフワっとしていたため、入社後にギャップを感じる』、『成功する人=転職の目的が明確で、気持ちを切り替えて臨んでいる』って感じですかね。


後悔しない転職をしたい人は『成功する人と失敗する人のほんの少しの違い』をご覧下さい。


転職に後悔する人の割合

大手口コミサイトの『転職会議』が転職2年以内の1000人以上にアンケートを取ったところ、4人に1人が失敗したと答えています。

参照元:転職会議


調査によって微妙にデータは違いますが、だいたい25〜33%くらいの人が後悔してるのが分かります。


【スポンサーリンク】

転職で後悔して前職に戻りたい(出戻り)と思った時どうする?


昔と違って、出戻りを出来る会社が増えているのは事実としてあります。


しかし、辞めた企業との間に生まれた溝は思った以上にあるので、同じ条件で働くのは厳しいかもしれません。


信頼関係を再構築するには時間がかかると思った方がいいですね。


出戻りに関して詳しく知りたい人は『出戻りのリアルな現実』をご覧下さい。


後悔してもすぐに再転職は出来ない?【短期離職の真実】


いくら以前と比べて転職が普通になってきてるとはいえ、日本の多くの企業は転職=当たり前と思っていません


ブラック企業で誰でもいいから欲しい会社以外は、結構厳しいのが現実だと思います。


なぜなら転職先の企業は、自社に入ってもすぐ辞めるんじゃないかと思うから。


転職回数が増えすぎるとそもそも書類通過も厳しくなるので、長期戦になる覚悟は必要になりますね。


ちなみに転職に不利になる回数は以下を参考にしてみてください。

20~24歳3社以上
25~29歳4社以上
30~39歳5社以上
40~49歳6社以上
50歳以上7社以上


【スポンサーリンク】

後悔しない転職のやり方【注意点やポイント】


転職で後悔しないためにはどうすればいいのでしょうか?
チェックするポイントは以下の通りです。


  • 今の会社も転職先の候補として考える
  • 労働条件通知書や雇用契約書を入社日までに見る
  • 現場の社員に話を聞いたり(職場見学)、口コミサイトをチェックする
  • 逆質問で疑問を無くす
  • 転職で何を得たいか明確にする
  • 自己分析ツールを使ってマッチング率を上げる
  • 転職エージェントに自分を客観的に見てもらう
  • 3年くらい続けられるかを考える
  • 覚悟を決める


よく分からない部分があるかもしれないので、詳しくみていきましょう。


今の会社も転職先の候補として考える

転職先を考える時に、今の会社も含めて考えるのが重要です。


なぜなら転職活動をする中で、現職の良さを再確認出来るかもしれないから。

なので、転職活動は在職中にするのがおすすめ。最悪、留まれます。


労働条件通知書や雇用契約書を入社日までに見る

絶対にこの2つの書類は入社日までにチェックしましょう。


入社日の前ならキャリアとして含まれないからです。
つまり短期離職にはなりません。


おけこ

ちなみに僕は入社日が1ヶ月以上後だったので、それまでの間、アルバイト的な感じで働かせてもらいました。


働く中でギャップを感じて、結局入社辞退をすることにしたのですが、入社してなかったので経歴に傷はついていません。


つまり転職活動を再開してもマイナスイメージを持たれないので、入社前に決断して本当に良かったと思ってます。


ちょっと状況は違いますが、入社した後だと再転職に影響が出るので、関連書類などは必ず入社前に目を通しましょう。


現場の社員に話を聞いたり(職場見学)、口コミサイトをチェックする

入社後にギャップを感じないようにするためには『リアルな情報を集める』ことが必須です。


なので、『Openwork』や『転職会議』などの口コミサイトや、社員の方にインタビューをするのがおすすめ。


「え、面倒だな」って思う人も多いと思いますが、入ったからイメージと違うってなる方がツライですよ?


自分の人生なので、出来る努力はするべきだと思います。
口コミサイトについて詳しくは『おすすめ口コミサイト』をご覧下さい。


逆質問で疑問を無くす

僕は面接の際の逆質問を徹底してます。
前日までに最低5個くらいは考えていきますね。


逆質問の例
  • 会社を辞めてしまう人の特徴
  • どんな社風か
  • どんな人が評価されるか
  • 働いてる人の一日のスケジュール
  • 自分は会社にマッチしそうか


特に最後の『自分は会社に合いそうか』という質問をすると、結構リアルな反応が返ってきます


例えば「希望する業務内容とギャップが生まれないか心配。でも雰囲気的には合いそう」とか。


自分的には面接の手応えがあっても、面接官がどう思ってるか分からないので、割と使えますよ


転職で何を得たいか明確にする


転職の後悔を避けるためにかなり重要な部分です。
気にするポイントは以下の通りです。


  • 得たいスキルが得られるか
  • 労働条件は良くなるか
  • やりたい仕事が出来そうか
  • 現職での問題は解決するか


転職の目的を明確にすれば、入社後のギャップを減らせます。
逆にここがフワっとしてると後悔するリスクが上がります。


例えば僕の場合はこんな感じです。


転職の軸の一例
  • IT業界でWEBマーケティング職として働きたい
  • 給料は500万以上が理想、ただ未経験だから450万くらいなら検討
  • 勤務地は乗り換え無しでいける1時間くらいのところまで
  • 社員数は問わない
  • 自社サービスを持っている


ここまで明確になってると、求人自体を絞れるのでミスマッチのリスクをかなり減らせます

参考にしてみて下さい。


自己分析ツールを使ってマッチング率を上げる

先ほど僕の場合の転職の軸をお伝えしましたが、そこまで明確じゃない人も多いと思います。

というか、やりたいことが決まってない人もいるかもですね。


そんな人にオススメなのは『自己分析ツールを使う』ことです。

何故なら、自分の強みや向いてる仕事が分かるから。


例えば『リクナビNEXT 』や『MIIDAS(ミイダス) 』には、適性検査などの診断ツールがあるので、それらを使うと良いと思います。


おけこ

僕もなんだかんだ毎回使ってます


転職エージェントに自分を客観的に見てもらう

どうしても自分のことってよく分からないもの。

そこで、自己分析ツールと合わせて『他人の客観的な意見』も取り入れましょう。


理由は『自分で分からない強みや弱みを発見出来るから』です。


例えば自分では気づかずに、マイナスな印象を持たれる以下のようなパターンがあります。

無意識でやりがちなことの例
  • 話すときに目がキョロキョロする、ムダに身体が動く
  • 話し方が論理的じゃなくて分かりづらい
  • 質問に的確に答えられていない
  • 分析が甘くて答えに詰まる


転職エージェントだと『面接対策』が無料で出来るので、自分が不安な部分や気づかない部分も一変に改善出来ます。


僕自身は面接対策をしたことはないですが、友人は「対策のおかげで内定を取れた!」って喜んでたので、不安な人はオススメですよ。


3年くらい続けられるかを考える

石の上にも三年って言いますが、日本だとやっぱりその考え方は健在だと思います。


やりたくないことや無駄な作業を3年続けるのは時間のムダ。

とはいえ、プロになりたかったら3年くらい続けないと身に付かないとも思います。


おけこ

なので、自分がやると決めたなら覚悟を決める必要はあります。


そのために『自分が何をやりたいのか』を明確にすることはやっぱり大事ですね。


一番大事なのは『転職の軸を出来る限り明確にすること』

結局、自分の中で『転職に何を求めるのか』が明確になってるのが一番大事だと思います。


「とにかく年収を上げたい」
「ワークライフバランスの取れた仕事がしたい」

別になんでも良いと思います。


ただ、自分にとっての本当の意味での転職成功とは何かを考えて、その軸からブレるなら転職しないのが大事ですね。


【スポンサーリンク】

転職後に後悔してしまった時はどうすればいい?【対処法、解決策】


後悔しない方法をお話しましたが、いくら入念に調べても失敗することは正直あります。


そんな時の対処法をお伝えします。

後悔した後の対処法
  • 後悔した原因を洗い出す
  • 3年間続けられるか考える
  • どうしても無理なら会社を辞めずに転職活動をする
  • 前の会社に戻りたいなら再雇用について聞いてみる


失敗を繰り返さないように、まずは原因を洗い出して、自分で改善出来る部分がないか探します。

更に3年続けることは出来ないか考えます。


もし絶対に無理なら転職活動をするしかないですが、在職中にするようにしましょう

おけこ

安定収入がなくなると精神的に焦って、また失敗します。


出戻りを考える場合は、厳しい状況になることは覚悟した上で確認してみましょう。

転職 失敗 出戻り 戻る 可能 出来る転職失敗で出戻りは出来る?【良し悪しの解説&やり方や注意点も】


まとめ:転職で後悔しないためには、徹底した準備が必要


今回は転職で後悔した事例と理由、回避策についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • 転職で後悔する人は3割くらいいる
  • 後悔しないためには転職の軸を明確にすること
  • 最終的には覚悟を決める必要がある


入社後にギャップを感じると辛いですよね?
僕も入社辞退をしたので、気持ちはすごく分かります。


ただ、今回の内容をしっかり理解すればリスクを減らせるはずです。


僕が使ったオススメの『転職サイト』や『転職エージェント』も参考に、是非転職成功を勝ち取ってください。

おけこ

僕の公式LINEでは転職や副業などについての相談も無料でやっているので、何でも聞いて下さいね。

成功を祈ってます!


\他におすすめの記事はこちら/

【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です