最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

転職サイトとエージェントの違いはなに?【結論、〇〇が最強です】

転職 サイト エージェント どっちがいい 正解 おすすめ 併用

悩む男性

転職サイトとエージェントって何が違うの?
どっちの方が良いのかな?
人によって向き不向きってあるの?


おけこ

おけこです。(@kei1031jordan23
何が違うのは最初はよく分かりませんよね?
今回は違いと選び方をバシッとお伝えします。


    【この記事の信頼性】

  • 31歳で未経験転職をして、3週間で年収100万UPで内定獲得経験アリ
  • 新卒を10ヶ月で辞めて、2社目で6年半勤めて管理職
  • 中途採用サービスの営業経験アリで業界の内情に詳しい
  • 3度の転職を経験して、今まで使った転職サービスは計20以上


「転職サイトとエージェントって何が違うの?どっちを使えば良いの?」って迷いますよね?


ただ結論、正解はありません


しかし、違いを理解しないで使うと、思ったように転職活動を進められないかも。

つまり失敗確率が上がります


そこで今回は計20以上のサービスを使った僕が『転職サイトとエージェントの違いと適した選び方』をお話していきます。


この記事を読むと分かること
  • 転職サイトとエージェントの違い
  • それぞれのおすすめ
  • 最強の使い方


【スポンサーリンク】

転職サイトとエージェントの違いを比較


結論、ざっくりと違いを言うと『1人でやるか、サポートを受けてやるか』です。


詳しい違いは以下をご覧下さい。

転職エージェント転職サイト
キャリアカウンセリング✖️
面接日程の調整✖️
書類添削、面接対策✖️
企業との年収や待遇の交渉✖️
料金システム成功報酬(採用したら発生)前金制(月額プランが多い)


ちなみに転職サイトと転職エージェントのどちらを使ったかのアンケート結果を見ると『ほぼ変わらない』のが分かります。


転職サイト(エージェントなし)とエージェントのメリット、デメリット

それぞれのメリット、デメリットは以下の通りです。


メリットデメリット
転職サイト・求人を全て見られるので幅が広がる
・経歴を見てスカウトメールが届くこともある
・社員のインタビューなどを見られる
・自分のペースで出来る
・一度登録してしまえば応募がラク
・全ての調整を自分でやる必要がある
・サポートが受けられない
・転職先の情報が少なくミスマッチが起きやすい
転職エージェント・キャリアの相談も出来て安心
面接対策や書類添削が無料でやってもらえる
・普通だと出会えない非公開求人に出会える
・日程調整や企業とのやり取りは全て任せられるのでラク
・業界について深く知れる
・年収交渉をしてもらえる
・紹介を断られることがある
・面談の場所が遠いと辛い
・やり取りに時間がかかる
・キャリアアドバイザーの質に影響される
・応募出来る求人が限られる

*スマホの方はスクロール出来ます。


どっちも一長一短あるので、自分に合った方で進めるのが良いですね。


転職サイトとエージェントの使い分け

僕の経験上、転職サイトでやるのは以下の2パターンだけです。


  • 1人で自由にやりたい
  • エージェント経由だと書類に通らない所を受ける


エージェントだとどうしてもやり取りが発生するので、自由にやりたい人は転職サイトしかないですね。


また、転職エージェント経由で書類通過基準に達せず落ちた企業に、自分で応募する場合もアリです。


おけこ

中途採用サービス売ってたから分かるんですが、企業はエージェントに「こういう人が来たら紹介して」って伝えていて、基準以下の人は普通に落とします。


何故ならエージェントは成功報酬だから企業も焦ってないからです。


例えば、美容院の紹介キャンペーンって友達が来店してくれたら「紹介してくれてありがとう」ってお金払いますよね?

おけこ

来店して収益出た中から払うので儲けは減ってもリスクはない訳です。
これがエージェント


でも転職サイトの場合は『前払い』なので、少しでも面接機会を増やそうとします。

ムダ金にしたくないので。


おけこ

Amazonプライムって月額1000円くらいかかるので「見ないと損する!」って思って見ちゃいますよね?
これがサイト


このように、絶対ではないですが書類通過の確率は転職サイトの方が高まることがあるってこと。


とはいえ、前述した2パターン以外は『転職エージェントの利用』をおすすめします。


【スポンサーリンク】

転職サイトとエージェントの選び方


たった1つで『自分に合ったものを選ぶこと』です。何故なら経歴や希望条件がみんな違うから。


例えば
  • 女性向けが良い→女性特化
  • 第二新卒特化が良い→第二新卒や正社員未経験特化
  • IT業界に絞りたい→IT特化


自分がどこを目指すかによって選ぶものが変わって来ますね。


転職サイトとエージェントのおすすめ【ランキングは意味ないです】


ランキングは正直、意味ないです。


何故なら前述したように人それぞれ経歴も希望条件も違うので正解の基準がないから。


おけこ

例えば『ある人は1位をリクルートエージェントにしてるけど、またある人はdodaを1位にしてる』みたいな感じ。


あくまで参考程度にしかなりません。


なので、おすすめを選ぶ際は『自分の希望条件や経歴に合ったもの』だけ意識しましょう。


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】


転職サイトとエージェント併用が最強


ここまで『どう違う、どっちが良い』って話をしてきましたが、僕の経験上『併用が最強』です。


何故なら足りない部分を補い合えるから。


併用が最強の例
転職エージェントに希望条件に合致する求人を紹介して貰えなくても、自分で転職サイトで見つけてくればエージェント推薦状付きで応募できたりします。


これならサイトのデメリット『サポートがない』、エージェントのデメリット『応募出来る求人が限られる』をカバー出来ますよね?


今までサイト、エージェントを計20個以上使ってきて『結論、併用が最強』に至ったので参考にしてみてください。


まとめ:転職サイトとエージェントは一長一短。併用で補おう


今回は転職サイトとエージェントの違いと適した選び方についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • それぞれメリット、デメリットがある
  • 選ぶ基準は『自分に合うかどうか』のみでOK
  • 結論、サイトとエージェントの併用が最強


ぶっちゃけ転職の目的は内定を貰う事じゃなく、良い転職先を見つけることですよね?


使えるものは全部使って、理想の働き方が出来る仕事を見つけましょう。


それぞれの違いが分かったら、下記から自分に合う『おすすめサイト』か『おすすめエージェント』を探してみて下さい。

おけこ

僕の公式LINEでは転職や副業などについての相談も無料でやっているので、何でも聞いて下さいね。

成功を祈ってます!


\他におすすめの記事はこちら/

【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です