最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】

【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】

悩む男性

・間違いない転職サイトを選びたいけど、記事読んでてもステマっぽくて信頼できないな。

・本音で教えてくれる経験豊富な人いないかな?



こんな悩みを解決します。



今まで10以上の転職サービスを使った経験と人材業界での営業経験から、本気でおすすめできるサービスだけを伝えていきます。



この記事を読むと分かること
  • おすすめ転職サイトに正解がない理由
  • 実体験からおすすめする転職サイト
  • 転職サイトを120%使い倒す方法


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


『転職サイト おすすめ』と検索して、いくつかページを見たあなたは思ったはずです。「結局、どこがいいんだ。」って。

更に薄々感じたはず。「おすすめの転職サイトって正解ないのかも」って。



正直なところ、100%の正解はありません。



今回の記事も、あくまで僕の経験談なので、全て適用するのは無理かもしれません。しかし、あなたの転職活動にプラスになる部分は必ずあります。



おけこ

元業界人ならではの知識もあるので、きっと参考になると思いますよ。


\どちらも無料登録してすぐに使えます/

【全ての人におすすめの転職サイト2つ】



もくじ

おすすめ転職サイトという永遠の命題【一番大事なのは選び方と使い方】

おすすめ転職サイトという永遠の命題【一番大事なのは選び方と使い方】


冒頭でもお伝えしたように、万人に共通するおすすめ転職サイトは残念ながら存在しません。



なぜなら、今まで歩んだキャリアや目指す業種・職種、求める年収水準などでベストな転職サイトは変わるからです。



更に言うと、条件に合った転職サイトを使っても上手くいくとは限りません。

性格や話し方、見た目など全てが採用基準には含まれるので、転職サイトでは当然ながら対応できないからです。



おけこ

ただ、悲観する必要は全くありません。


なぜなら、僕たちがやるべきことは細かいサービス内容の比較ではなく、下記の2つのポイントを押さえればいいだけだと分かったからです。

  • 信頼性の担保された転職サイトを選ぶこと
  • 選んだサイトを120%活用して成功確率を上げること


つまり、ある程度のサービスを選べばいいので、そんなに神経質になる必要はないってことです。



おすすめの転職サイトの選び方3つ



転職サイトを選ぶ際のポイントは下記の3つです。



転職サイトの選び方
  • 運営会社に信頼性はあるか
  • 自分が求める条件の求人はあるか
  • サービスはストレスなく使えるか


転職サイトの選び方①運営会社の信頼性

当然ながら、信頼度が高いサービスを利用した方が様々なリスクを下げられます。



例えば、見るべきポイントとしては下記のようなもの。細かい差は気にしなくてもいいんですが、明らかに少ないのはデメリットになります。

  • 求人数
  • 転職実績
  • 会社の知名度


僕たちが知らないお店に食事にいく時は、食べログやホットペッパーで検索してから行きますよね?今ならインスタやYouTubeかもしれませんが。



つまりこう言うこと。

  1. 信頼性のあるプラットフォームには多くの人が集まる
  2. 店は集客したいので、そのプラットフォームに出店する
  3. 良いお店が集まることで、良い評判が広がり更に人が集まる


転職サイトも同様で、認知度が高いサービスには優良企業が多く登録してるので、業界大手がやっているサービスを選びましょう。



転職サイトの選び方②自分が求める条件の求人はあるか

転職サイトは自分の条件と合うものを選びましょう。なぜなら、転職サイトによってメインターゲットが異なる場合があるからです。



例えば、ビズリーチは年収500万以上のハイクラスを対象にしているので、年収350万の人では満足なサービスを受けられません。

他にも20代向けの求人がメインのサイトやIT特化サイトなどもあります。



自分の条件に合ったものを選ばないと時間のムダになるので注意しましょう。



転職サイトの選び方③サービスは使いやすいか

実際にサービスを使っていくことになれば、当然使いやすい方がいいですよね。



例えば、下記の機能が充実しているかです。

  • 履歴書・職務経歴書作成ツール
  • オファー(スカウト)メール機能
  • 自己分析を元におすすめを算出する機能


スカウトメールはほぼ全てのサイトで使えるので問題ないですが、自己分析や履歴書・職務経歴書ツールは微妙な差で使い勝手がかなり変わります。



転職活動にかかる期間は3ヶ月〜半年くらいが一般的なので、ストレスなく使えるサイトを利用するのがベターです。



全ての人におすすめ出来る転職サイト【比較表つき】

全ての人におすすめの転職サイト【比較表つき】


前置きが長くなりましたが、ここからは僕が実際に使って良かったものだけを紹介していきます。


リクナビNEXT MIIDAS(ミイダス)
求人数約4万件以上約10万件以上
対応地域全国&海外全国&海外
スカウトサービス有り有り
得意業種・職種全般全般


毎回この2つは100%使ってまして、お互いが無い機能を補ってくれてるので網羅性が上がります。



どちらにも自己分析ツールがあるので、やりたいことがハッキリしてない場合にもおすすめですよ。では少し詳しく説明していきます。


口コミについて
僕の意見だけだと信頼性に欠けるのでサービス毎に口コミを載せてます。
ただ、同じ結果になることは100%無いので参考程度にして下さい。


全ての人におすすめ転職サイト:リクナビNEXT

全ての人におすすめ転職サイト:リクナビNEXT


ポイント
  • 転職サイトNo.1の求人数で、利用者は約916万人
  • 全国どの地域でも新着求人数が頭1つ抜けて多い
  • 便利な機能もたくさんある


リクナビNEXT 毎週1000件以上の新着求人が追加される業界No.1の転職サイトです。


と言ってもそんなには見れないので、スカウト機能をつけると自分に合った求人だけに絞れます。


また、下記のように色んな機能があって使い勝手が良いのもポイントです。

  • 「グッドポイント診断」という自己分析ツールを無料で活用出来る
  • 履歴書や職務経歴書をダウンロード可能(会社名が入ってないので使い回せる
  • 特定の企業や転職エージェントへのレジュメ公開を簡単にブロック可能


【悪い口コミ】


【良い口コミ】


僕が未経験でWEBマーケ転職をした時はリクナビNEXT 経由でした。

転職エージェントに無い求人も多く、選択肢の幅を広げるにはベストな転職サイトだと感じましたね。



さすが天下のリクルートだけあって、圧倒的な求人数は最大のメリットです。

>>リクナビNEXT に無料登録。


全ての人におすすめ転職サイト:ミイダス

全ての人におすすめ転職サイト:ミイダス


ポイント
  • 業界No.2のdodaを運営するパーソルホールティングスのグループ会社
  • 完全独自取材をした限定求人のみを集めていて、オファーは全て面接確約
  • 日本一詳細なデータベースに入力することから、業界No.1のマッチング率を誇る


MIIDAS(ミイダス)の最大のメリットは、なんと届くオファーが全て面接確約なこと!



「だから?」って思った人にどれだけ価値があるかを説明します。

中途採用の書類選考通過率は通常30%ほどなので、100%面接に行けるって凄まじいメリットです。


おけこ

実際、僕も転職エージェント経由で書類選考落ちた企業に、ミイダス経由で最終面接まで行けたことがあります。

ま、最後落ちましたけど笑


あと面白いのは、キャリアなどを全て入力し終わると自分の市場価値が分かること。

正直、金額自体は参考になりませんが、評価してくれる会社があるかどうかの指標にはなります。


高めに出るので注意して下さい笑


また7万人以上のデータを活用した適性診断で、自分の内面での仕事の適性が分かります。

例えば、『創造性が高いからデザイナー向き』みたいな感じ。



他サイトにない独自求人も多いので、リクナビNEXT や転職エージェントと併用すると網羅性が増しますよ。


こちらからの応募無しでオファーを待ってるタイプなので、求人を探す手間がかからないのもメリットです。

>>MIIDAS(ミイダス) に無料登録。


キャリア別おすすめ転職サイト比較


キャリアの分け方


もし全員におすすめの転職サイトで足りない場合には、自分にあったキャリア別サイトを使うのがおすすめです。


年収500万以上のハイキャリアにおすすめ転職サイト

年収500以上もしくはマネジメント経験がある人は『ハイキャリア(ハイクラス)』として扱われます。


このレベルの人達は、いくらでも仕事を選べるからこそ条件にこだわりたいですよね?


そんな更に上を目指すビジネスパーソンには下記の2つがおすすめ。

  • ビズリーチ
  • キャリアカーバー


ハイキャリアにおすすめ転職サイト:ビズリーチ


ポイント
  • 11万件以上の求人から検索可能
  • 3,800人以上のヘッドハンターとのマッチングできる最強のヘッドハンティング型転職サイト
  • 有料会員はさらにプレミアム求人への応募や、ヘッドハンターとのコンタクトも可能


スカウト型の代表サービスで、ヘッドハンターは厳しい基準で選ばれています。


ビズリーチのデータベース登録後も評価が繰り返され、ランクとして可視化されているので、サービスの質の高さに定評アリ


僕自身、ビズリーチ経由でエージェントからの連絡や企業スカウトが来たことも多く、ある程度キャリアに自信があれば可能性は広がります


期待はしてませんでした

私がビズリーチを使ってみて良かったと思ったのはこれを使ったおかげで自分が知らなかった企業も紹介してもらえたのが良かったです。 なぜなら、これを使う以前は転職先を探すのは自分で探さないと良い企業が見つからないと思っていたからです。

〜中略〜

ですが、実際にここを使ってみると私が全く知らなかった企業も紹介してもらえてしかもかなり良さそうな企業も多くありました。


参照元:https://www.best-w.com/reviews/5385

>>ビズリーチに無料登録。


ハイキャリアにおすすめ転職サイト:キャリアカーバー


ポイント
  • 敏腕ヘッドハンターのみで構成するヘッドハンターのネットワーク。
  • 年収800〜2000万くらいの求人を揃えている
  • 登録後はスカウトを待つだけでOK


キャリアカーバーは条件を満たす人なら是非利用したいサービス。


転職サイトと比較しても、効率良く年収とキャリアアップが両立できる求人を紹介してもらう事ができるので上手く活用したい。


注意
年収が規定値を下回る場合、登録後の紹介に対応していない


僕はここまでのレベルは使えませんでしたが、キャリアをしっかり積んで来た人なら可能性があると思います。


年収800万以上の求人が多いが、求人総数はそれほどない。

まず利用してみて良かった点ですが、年収800万円以上の求人数の多さです。もちろん収入だけでは決めれませんが、大きな選択肢と言えるのは間違いありません。

〜中略〜

やや気になった点ですが、求人数はあまり多くはありません。やはり高待遇の求人が中心のサイトなので仕方ない面もありますが、転職を急ぐ場合は不利になるでしょう。


参照元:https://www.best-w.com/reviews/4712

>>キャリアカーバーに無料登録。


フリーターや正社員未経験におすすめ転職サイト

ニートやフリーターは経歴がネックになるため、正直なところ転職サイトでは求人を見つけにくいです。


なので、もし正社員を目指すなら、キャリアアドバイザーがサポートしてくれる『転職エージェント』がおすすめ。


フリーターや正社員未経験特化のエージェントなら、どうすれば受かりやすいかを徹底的にサポートしてくれますよ。

>>関連記事:フリーターや正社員未経験も転職エージェントは使える!年代別に紹介


条件別おすすめ転職サイト比較

条件別おすすめ転職サイト比較


すでにお伝えしたように、転職サイトは自分の条件にあったものを選ぶのが重要なポイントです。


選び方
  • 年代別
  • 業種別
  • 女性特化


年代別おすすめ転職サイト

全ての方におすすめの転職サイトであれば、ほぼ全年代をカバー出来ますが、更に選択肢を増やす場合は年代別のサイトを使うとベター。


なぜなら、転職サイト毎に得意とする年代が違う場合があるからです。



例えば、40代の人が20代向けのサイト見ても厳しいのは分かりますよね。


第二新卒、20代、30代向けのおすすめ転職サイト

第二新卒向け』『20代向け』と『30代向け』は、それぞれ詳しく別記事で解説してるのでご覧下さい。

転職 サイト 第二新卒 おすすめ なに どれが第二新卒(既卒)におすすめの転職サイト【女性も未経験も全て網羅】転職 サイト エージェント 20代 どっち 正解20代の転職におすすめはサイト?エージェント?ズバッと解説転職 サイト 30代 おすすめ30代に転職サイトはおすすめ出来ません【悲しい理由と現実】


40代以上におすすめの転職サイト

40代以上の方は正直、特化した転職サイトがあまりありません。ただ、1つ有力なものがあったのでご紹介します。


【from40】

40代以上向け転職サイト


求人が関東に偏っているのですが、中高年向けの仕事が充実しており、40代以降なら他の大手よりも多くの求人を持っています。


「年齢を理由に落とされにくい求人」「給料ダウンしにくい求人」など、中高年のニーズを抑えた求人が見つかり安いのが特徴。


ただ、地方の方は使えないのでリクナビNEXT MIIDAS(ミイダス) を使って進めましょう。


業種別おすすめ転職サイト【IT業界特化】

IT業界は若干、特殊な業界なので特化サイトを使うことで、下記のようにメリットを最大化できます。

  • 先進的な採用スタイル
  • 大手にはない中小企業も多い


僕がWEBマーケ転職で使ったサイトを紹介しておきます。

>>関連記事:IT系におすすめの転職サイト【どこも一緒だと思ったらミスります】


女性特化おすすめ転職サイト

女性は『結婚、出産、子育て』など、仕事以外にも大変なことが多いですよね?


そんな中でも転職活動を効率よくやっていきたい場合は、上記のような女子特有の悩みや欲求に寄り添った転職サイトを選ぶのがおすすめ。


  • 時短勤務が出来るか
  • 産休・育休が取りやすいか

この辺りを確認できるのできっと安心できますよ。

>>関連記事:女性専用のおすすめ転職サイト【年代、条件で絞れる厳選3つを紹介】


おすすめ転職サイトを1社だけ選ぶなら【リクナビNEXTがテッパン】

おすすめ転職サイトを1社だけ選ぶなら【リクナビNEXTがテッパン】


どうしても1社に絞りたい場合はリクナビNEXTで決まりです。



理由は下記の3つです。

  • 企業に信頼度があるので求人の数と質が担保できる
  • ほぼ全ての条件の求人が網羅されている
  • 各種ツールの使いやすさも問題無し


前述したように僕自身、WEBマーケティング転職の際はリクナビNEXT経由でした。



最初は転職エージェントで探してたんですが、30代以上の未経験転職だと、転職エージェントは紹介求人がガクッと減ってキツかったんですよね。



おけこ

そこで、たまたまリクナビNEXTに登録したら、今までの営業経験込みで評価してくれる企業が見つかったと言う感じ。

ラッキーでした。


リクナビNEXT は、同じく業界No.1のリクルートエージェントにも合わせて登録すると、更に効果的な使い方もできるのでおすすめですよ。

>>リクナビNEXT に無料登録してみる



転職サイトの登録は、今すぐ転職しない場合にもおすすめ

今すぐ転職をしない人にもおすすめのサイト


今すぐ転職をしないにしても、転職サービスを常にチェックして市場を見るのはデキるビジネスパーソンの必須条件です。


何故なら、希望に合った求人が来たタイミングで即動けるから



『ブランド人になれ』の著者である田端さんは、常にヘッドハンターに登録して情報を得ていたと言います。


安定がなくなった現代において、いつでも動ける準備をしておくのは大事ですよね。


サポートを受けたい時は転職サイトとエージェントどっちがおすすめ?【比較表あり】

サポートを受けたい時は転職サイトとエージェントどっちがおすすめ?【比較表付き】


結論、下記の感じで選べばOK。

  • 縛られずに一人で進めたい → 転職サイト
  • 面接などのサポートを受けて進めたい → 転職エージェント


違いに付いて詳しく知りたい人は転職サイトとエージェントの違いはなに?【結論、〇〇が最強です】をご覧下さい。



「自分は転職エージェントの方が向いてる」と思ったら【決定版】おすすめ転職エージェント4選:条件別や活用術も完全網羅をチェックして下さい。



おすすめ転職サイトを120%効果的に使う方法4つ

おすすめ転職サイトを120%効果的に使う方法4つ


最後に120%使い倒すための方法を解説します。もうすぐ終わりますが、疲れたらチョコレートでも食べて休憩して下さいね。



120%効果的に使い倒す方法
  • ブラック企業を求人内容から判断
  • 出来る限り複数のサービスを使う
  • 口コミサイトを併用して情報の網羅性を上げる
  • 転職サイトで見つけた求人にエージェント経由で応募


ブラック企業を求人内容から判断

せっかく転職したのに入社したのがブラック企業とか最悪ですよね。なので下記の3点をチェックしてブラック企業を選択肢から排除しましょう。

  • 年間休日120日以下
  • 面接が土日対応可能
  • 年収の固定給の割合が低い

1番目は単純に休日が少ないので分かりやすいですが、2番目と3番目はよくわからないかもなので説明します。



転職する側からすると土日に面接してくれるってありがたいんですが、土日の出勤が普通にあるって裏返しでもあるので注意。



また固定給の割合が低いのは歩合給やボーナスの割合が多く不安定なことを表してます。成果が出なかったら年収ダウンのリスクもありますね。



おけこ

一概にダメとは言えませんが、一つの基準にはなると思いますよ。


出来る限り複数のサービスを使う

業界の裏事情ですが、転職サイトの支払いの仕組みって前払いなんです。つまり採用できなくてもお金がかかるってこと。



なので、資金力のある大企業じゃない限り、複数の転職サイトを並行して使うことはあまりありません。



転職エージェントの場合は、採用するまでコストがかからないので、複数のエージェントで同じ求人が見られますが、転職サイトの求人は基本1サイトでしか見られないので、複数併用しないとチャンスロスをします。



おけこ

せっかく無料で使えるのにチャンスを逃すのはもったいないので、下記を複数使うのがベターですよ。


口コミサイトを併用して情報の網羅性を上げる

転職サイトの企業ページに載ってる口コミは正直、裏で操作されてる可能性がゼロではないので口コミサイトを必ず使いましょう。



おすすめ口コミサイト
  • Openwork:口コミ掲載数が一番多い口サイト
  • 転職会議:口コミ&ホワイト、ブラック企業かも診断
  • キャリコネ:給料に関する口コミに強く、社員のリアルな給料明細を見れる


見るべきポイントは残業時間や辞めた人の口コミ、ボーナスについてなどです。



中には極端な意見を言ってる人やサクラがいますが、ある程度の基準にはなるので絶対にチェックしましょうね。



転職サイトで見つけた求人にエージェント経由で応募

知らない人も結構いるので差がつくポイント。



転職サイトの求人には、転職回数などのデータを元に自動で書類選考通過を判断するものがあります。つまり、絶対に受からないってこと。



こう言った求人に転職エージェントの推薦状をもらって応募することで、選考通過率を上げるという戦術。『転職エージェントの推薦状=信頼性』って事です。



おけこ

どうしても面接に進みたい企業がある場合はやってみるのもアリですよ。


まとめ:条件別のおすすめ転職サイトを活用し転職成功を掴もう


今回はおすすめ転職サイトの真実についてお伝えしました。


今回のまとめ
  • 万人に100%おすすめの転職サイトはない
  • 転職サイトを使うときは条件に合うものを選ぶ
  • 効果的な使い方をマスターして内定を勝ち取る


最後に全ての人におすすめした2サービスをまとめます。

放置して忘れる前に無料登録だけしちゃうといいですよ


今回の記事で、残念ながら転職サイト選びに100%の正解がないことが分かったと思います。


しかし、逆に言えば使い方次第で成功まで持っていくことができるということ。



ここまで考えたら後はやってみるしかありません。大丈夫、やってみたら意外といけるもんですよ。



おけこ

この記事が良いと思ったら、Twitterでシェアしてもらえると泣いて喜びます!笑
シェアして下さった方にはリツイートやいいねでお返しします!
感想をツイートして、おけこにもっと良い記事を書かせる


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】転職 成功 やり方 攻略 方法【全年代対応】転職成功へのロードマップ:体験談や共通点も徹底解説未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】

⇨『転職の悩み』についての関連記事を見る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です