最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

【営業経験7年以上の僕が語る】向いてない人の特徴6つと解決策3つ

【営業経験7年以上の僕が語る】向いてない人の特徴6つと解決策3つ

悩む男性

・自分は営業に向いてないのかもしれない
・営業に向いてない人ってどんな特徴があるんだろう?
・営業を続けるべきか辞めるべきか教えて欲しい。。。


こんな悩みを解決します。



この記事を読むと分かること
  • 営業に向いてないと感じる理由
  • 営業に向いてない人の7つの特徴
  • 3パターンの対処法


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


僕自身、そこまで外向的ではないけど成果が出せたし、成果が出なくて悩んでいた部下を売上予算達成まで持って行けたので参考になると思います。



営業を辞めたい人、出来れば続けたい人のどちらに対しても方向性を示せるはずです。



この記事を読めば、営業に向いてない人の特徴やこれからどうすればいいかが分かります。



おけこ

3タイプの解決策を用意してるので、是非最後までしっかりとご覧下さい。


営業に向いてないと感じる理由、原因

営業に向いてないと感じる理由、原因


自分は営業に向いてないかもしれないと思うキッカケは何なのか?
下記に例を出すのでご覧下さい。



  • 出張が多いのが辛い
  • 残業が多いのが辛い
  • ノルマが達成出来ない
  • 結果しか見られないのが嫌だ
  • 評価を受けることに興味がない
  • 商品を売ることに罪悪感を感じる
  • 数字のプレッシャーに耐えられない
  • 周りから営業に向いてないと言われた


挙げればキリがないですが、営業としての楽しみを感じられていないことが大きな原因ですね。



営業に向いてない人の特徴【6つの共通点】

営業に向いてない人の特徴【6つの共通点】


先ほど挙げた原因の中に、自分が該当するものがあった人も多いでしょう。



では次に営業に向いてない人が持つ特徴や共通点を6つお伝えします。



営業に向いてない人の6つの特徴
  • 人と話すのが苦手
  • 自己管理ができない
  • 否定されると心が折れる
  • 自分のことにしか興味がない
  • 自分が悪くない時は謝れない
  • ルーティーンワークしか出来ない


少し分かりづらい部分もあるかもなので説明していきますね。



人と話すのが苦手

営業は人と話すことを絶対に避けられません。

対面じゃなかったとしてもコミュニケーションは必須ですからね。



ペラペラと話せる必要は全くないですが、人と話すことにそもそもストレスを感じるタイプだと厳しいかもしれません。



自己管理ができない

営業は外に出ていることも多いので、自己管理が出来ない人は向いていません。



  • 体調
  • メンタル
  • スケジュール


例えプライベートで落ち込んでもユーザーや得意先にとっては関係ないですよね?



どんな時でも成果を挙げられるようにするためには自己管理が必須です。



否定されると心が折れる

営業をしていると相手に否定されたり、自分の意見が通らないことの方が圧倒的に多いです。根本的に人間って営業のこと嫌いなので仕方ありません。



おけこ

僕も営業の気持ちは分かるはずなのに、飛び込みセールスが自宅に来るとイラっとしちゃいます。
そんなもんです。


しかし、相手にとって自社の商品を使うメリットがあるなら、自分の意見を通すのは悪ではありません。



もちろん空気を読むことも必要ですが、本当に相手のためを思うなら相手の意見を論破してでも意見を通すのも必要です。



自分のことにしか興味がない

営業は相手のことを理解しないと100%成果が出ません。つまり相手に興味を持つ必要があるということ。



  • 何を求めているのか
  • 何に悩んでいるのか
  • どういう性格なのか
  • どんな話題に興味があるか


相手の状況を察して話をするのが求められるので、自分のことばかりのエゴイストでは務まりません。



とはいえ、友達と話をする時、恋人と話をする時も一緒なので、ほとんどの人は自分にしか興味がないことは稀だと思いますが。



自分が悪くない時は謝れない

営業をしていると自分が悪くなくても謝らないといけない場面が必ず出てきます。



  • 商品のクレーム
  • 部下に対するクレーム
  • 相手の機嫌が悪い時に訪問


自分に原因がある時は当然謝りますが、「いや、俺悪くないんだけど」って時も100%あります。

ムカつくけど謝らないと収まらないこともあります。



おけこ

僕は自分に非がないけど仕方なく謝った時は、次のタイミングで絶対挽回してやると決めてました笑


「最終的にプラスに持って行くためには今謝った方がいい」と思えるかどうかは結構ポイントですね。



ルーティーンワークしか出来ない

前述した通り一人で外にいることも営業は多いので、自分の頭で考えて行動する必要があります。

つまり指示待ち人間はハッキリ言って向いてません。



  • スケジュールの予定が狂った
  • 相手が予定外のことを頼んできた
  • 準備していた商談の進み方じゃない


上記のようなことは日常茶飯事なので、その都度ベストな選択肢を考えて行動する必要がありますね。



営業に向いてない人はこれからどうすればいいか【続ける?転職?】

営業に向いてない人はこれからどうすればいいか【続ける?転職?】


結論、営業としてやっていきたい気持ちが少しでもあるなら続ければいいし、根本的に営業という仕事が無理なら職種を変えればいいです。



具体的には3パターンに分かれるかなと思うので下記をご覧下さい。



解決策3パターン
  • 今の営業を出来れば続けたい
  • 今の営業は嫌だけど営業自体はやりたい
  • 営業をやめて違う仕事をしたい


今の営業を出来れば続けたい場合【課題を克服】

今の営業を続けたいなら何とか今の課題を克服しましょう。



なぜなら、向いてないと思いつつも続けたいということは、今の営業の仕事に何かしらの可能性やメリットを感じている証拠だから。



  • 提案力を上げる
  • 商品の理解を深める
  • 結果が出ない原因を深掘りする
  • 様々な人と話せるように話題を広げる
  • 実績を出してる人に話を聞く&真似する


上記のようなことを意識して改善していきましょう。成果が少しずつでも出てくると段々楽しくなってきますよ。



ちなみに元々成果が出てなかった人が、やり方や意識を変えたら変わった例もたくさんあります。





今はバリバリ実績を出してる人でも、昔は苦労した人も多いはずなので話を聞くとヒントが見つかるかもですね。



今の営業は嫌だけど営業自体はやりたい場合【営業スタイルや商品を変える】

今の営業のやり方やスタイルが合ってないだけかもなので、別の手法の営業に変えましょう。下記が例になります。



  • 法人営業 → 個人営業
  • 新規営業 → 既存ルート営業
  • 対面営業 → 電話営業
  • 有形商材 → 無形商材
  • 別の業界の営業になる
  • 商品力がある会社にいく




社内異動で対応できるならベターですが、無理そうなら別の会社に転職しましょう。同業種の転職なら割とすぐに転職先は見つかりますよ。



求人を探す際は下記の手段を参考にして下さい。





手段はどっちでも良いんですが、転職エージェントの方がアドバイスを受けながらやれるので一般的に転職成功率が高いですね。



もっと詳しく知りたい人は下記の2記事をご覧下さい。

>>関連記事:【決定版】おすすめ転職エージェント4選:条件別や活用術も完全網羅
>>関連記事:転職サイトの条件別おすすめ!比較のポイントや失敗しない使い方も



営業をやめて違う仕事をしたい場合【別職種に転職】

やりたくない仕事をするのは長期的にみてコスパが悪いので別職種に転職しましょう。



嫌な仕事を続けるデメリット
  • 試行錯誤しないから成長しない
  • やる気が出ないから成果も出ない
  • 知識や経験を深めないからスキルが身につかない


変化が早い今の時代において「石の上にも三年」はあくまで興味がある仕事をしていることが前提です。



AIにより単純作業は不要で人間に求められるのは創造性(クリエイティビティ)になって来ますが、興味がない仕事では発想力を出せません。



おけこ

つまりあなたじゃないと出来ない仕事ではないので、代替されるリスクが高まります。


なので、何でもいいんですが最も興味があることに挑戦してみるといいですよ。



最初は上手くいかないかもしれないけど、関心があることなら自発的に努力できて結果が出やすいので楽しく続けられます。



おけこ

僕も未経験のWEBマーケティング職に転職しましたが、一番やりたかった仕事なのでめっちゃ充実した毎日を送れてますよ。

 >>関連記事:WEBマーケティング転職の攻略方法【未経験でも問題なし】



まとめ:営業が向いてないと感じるなら進みたい道をもう一度考えてみよう

営業が向いてないと感じるなら進みたい道をもう一度考えてみよう


今回は営業に向いてない人の特徴と進むべき道についてお伝えしました。



今回のまとめ
  • ネガティブな面ばかり見えると営業に向いてないと感じる
  • 営業に向いてない人には6つの共通点がある
  • 今後の進むべき選択肢は3つ


今回の内容で、これからどうすべきかが見えてきたと思います。



どんな仕事を選ぶかはあなた次第ですが、これからは嫌々仕事をやっていく時代ではありません。



自分が何をやれば一番豊かな生活を送れそうかを考えて仕事選びをするといいですね。最後に紹介した転職手段をおさらいして終わります。





おけこ

この記事が良いと思ったら、Twitterでシェアしてもらえると泣いて喜びます!笑
シェアして下さった方にはリツイートやいいねでお返しします!
感想をツイートして、おけこにもっと良い記事を書かせる


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です