【解決】営業を辞めたい女性に伝えたい、たった1つのこと

【解決】営業を辞めたい女性に伝えたい、たった1つのこと

悩む女性

・営業ツライし辞めたいな。

・どんな職種がおすすめか知りたい。

・転職する時のポイントとかある?



こんな悩みを解決します。



営業時代の女性の同僚(今は別職種)に話を聞いてきたので、参考になると思います。



この記事を読むと分かること
  • 営業を辞めることへの意見
  • 女性が抱える営業への不満
  • 取るべきアクション
  • 転職で失敗しないための方法


    【この記事の信頼性】

  • 7年以上営業経験しかなかった元アパレル営業マン
  • 将来に漠然とした不安を感じて、ブログで発信を始める
  • ブログきっかけで、31歳で未経験のWEBマーケティング職に転職
  • WEBマーケ本業+ブログ副業で相乗効果を出しながら収入UP


会社のために人生を使うんじゃなくて、仕事とプライベートどっちも充実させたいって思う女性は、僕の周りにも多いです。



今回はそんな女性に向けて、営業を辞めても大丈夫か、次の選択肢はどんなものがあるかをイメージ出来るようにお伝えします。



おけこ

転職に失敗しないための注意点も分かるので、不安を消して進むことが出来るようになりますよ。


営業を辞めたい女性に伝えたいこと【転職は解決ではない】

営業を辞めたい女性に伝えたいこと【転職は解決ではない】


営業を辞めて転職するも、家庭に入るのも全く問題はありません。ただ、1つだけ分かっておいて欲しいのは『営業を辞める=問題解決』ではないってこと。



なぜなら、人それぞれ原因も環境も違うので、100%正しい答えなんか存在しないし、辞めたことで後悔する人がいるのも事実だから。



人それぞれ求めているものは違う

例えば、子供が出来て家にいる時間を増やしたいと感じたなら『残業や休日出勤がない』が一番欲しい条件ですよね。



仮に営業から転職して別職種になっても、残業が多くて帰りが遅いなら問題は解決出来ていないはず。



辞めたことで人間関係をゼロから作るなど、更に新しい問題が出てくることもあります。



おけこ

まずは自分が何に不満を感じてて、どうなれば問題解決なのかを理解する必要がありますね。


営業を辞めたいと女性が感じる原因、理由

営業を辞めたいと女性が感じる原因、理由


自分が抱える不満をしっかり把握できてない人のために、下記に原因をズラッとまとめたので照らし合わせてみて下さい。



  • 出張が多い
  • ハラスメント
  • 体力的にきつい
  • 残業が多くて、健康や美容に悪影響
  • 会社のために自分の人生を使ってる気がする
  • コミュニケーションが多くてストレスが溜まる
  • 洋服を選ぶ楽しみがない&ダブルでお金がかかる
  • 結婚、出産などライフイベントとの兼ね合いが難しい
  • 男性社会なので、女性特有の悩みを理解してもらえない


挙げたらキリがないので、まずは上記を参考にして自分の原因を把握することが第一のステップです。



良くある質問:営業を辞めたいのは甘え?

結論、甘えではないし、そもそも他人がどう言っても気にしなくてOK。仕事の向き不向きは誰にでもあるからです。



スポーツにもサッカーが得意な人や野球が得意な人、バスケが得意な人がいますよね?仕事も一緒で営業向き、企画向きなど様々です。



イチローもサッカーだったらプロになれたか分からないように、向いてる仕事じゃないと活躍出来ないことも普通にあります。



おけこ

そもそも甘えって他人が勝手に決めつけてる主観なので、気にしないでOKです。


営業を辞めたい女性が取るべき対処法【理由別】

営業を辞めたい女性が取るべき対処法【理由別】


先ほど理由を色々挙げましたが、大きく分けて2つに分類出来ると思っているので、下記のどちらに該当するかチェックして下さい。



  • 営業でもいいけど条件面が大事
  • とにかく営業以外の仕事をしたい


対処法①営業でもいいけど条件次第の場合

この場合は営業という職種自体よりも、今の環境に不満を感じてるので、環境を変えることが一番です。



例えば『商品力のある会社の営業として転職する』や『新規の飛び込み営業→既存を回るルート営業』に変えるだけでも違うでしょう。



好きなことだと成果も出やすくて頑張れるかも

僕自身、新卒でタオルの営業をしてた時は1ミリも楽しいと思わなかったけど、大好きなアパレルの営業になったら楽しくて仕方なくなりました。



おけこ

労働環境は決してホワイトとは言えなかったけど、好きなことなので没頭できたから成果も出て一石二鳥でしたね。


職種を変えるとゼロからのため、どうしても転職難易度が上がるので、すでに経験している営業を候補に入れられるかで結構違いますよ。



対処法②とにかく営業以外の仕事に移りたい場合

はい、別職種に転職しましょう笑

嫌々続けてもストレス溜まって辛いし、最悪体調などに影響が出るリスクがあるから。女性の場合、ストレスは美容にも良くないですしね。



  • 商品を売る行為がイヤ → 事務や経理などバックオフィスの仕事
  • クリエイティブな仕事がしたい → 企画やデザインの仕事


上記のように営業以外にも仕事の種類は山ほどあります。

探せばいくらでも見つかるので、まずはどんな求人があるのかチェックするのも良いと思いますよ。



補足:収入がある程度高い男性と結婚して家庭に入るって手段もある

今付き合ってる人の収入だけで問題ない場合は、結婚を機に仕事を辞めるのもアリですが、あまりおすすめはしません。何かに依存するってリスクが大きいからです。



ずっと仲良く上手くいく夫婦もいるけど、仮に離婚したくなった場合、旦那の収入に依存していたら、離婚しようと思っても出来ませんよね?





うちはかなり仲がいい方だと思うけど、共働きだからこそ、お互いの状況が理解出来るのもあるのかなと思ってます。



おけこ

結婚自体は良いことだと思うけど、依存する関係性はリスクも大きいので注意です。


営業を辞めたい女性の転職ロードマップ【進め方は3ステップ】

営業を辞めたい女性の転職ロードマップ【進め方は3ステップ】


転職の進め方は下記の3ステップです。



転職成功を掴み取る3つのアクション
  • 転職の軸を明確にして、いらない情報を排除
  • 使えるエージェントを2社くらい作る
  • 複数の媒体を利用して、それぞれのメリットを使う


特に30代以降の未経験転職の場合は、難易度がグンっと上がるので準備を徹底的にしないと受かりません。



営業職ならいくらでも求人があったけど、職種チェンジになった途端にガクッと数が減ったのを僕も体験済みなので。



営業から転職するのにおすすめの職種

僕がおすすめするのは下記の3つです。



営業を辞めたい女性におすすめ職種
  • WEBマーケティング
  • エンジニア
  • WEBデザイナー


理由は、汎用性の高いスキルで手に職がつくのと、女性は共感力が高いのでクリエイティブな仕事に向いてる人も多いから。



「未経験でもいけるの?」って不安かもですが、僕自身、31歳でWEBマーケティングに転職できたので、結構大変ですけどいけますよ。



おけこ

僕もそうでしたが、転職で生活を豊かにしたい人って多いと思うので、スキルが身について長期的に稼げるものがおすすめです。


どうしても不安な人は副業で少しでも実績を作ると、ハードルがグッと下がるので下記の副業もチェックしてみて下さい。

サラリーマン 副業 おすすめ ランキング 人気【2020最新】サラリーマンにおすすめ副業BEST3を断言します

まとめ:営業を辞めたいのは全く問題ない【自分の幸せを実現しよう】

営業を辞めたいのは全く問題ない【自分の幸せを実現しよう】


今回は営業を辞めたいと感じる女性に向けたメッセージについてをお伝えしました。



今回のまとめ
  • 転職するだけでは問題解決はしない
  • 自分が何を求めてるか把握してから行動すること
  • 転職する際は失敗しないように準備を徹底する


営業はやりがいを感じることも多いけど、不満も溜まりがちな仕事。



しかし、今回読んだことを理解して実践すれば、あなたにとってのベストな道が必ず見つかります。



求める未来像ができたら即行動が吉。下記に僕が使った転職サイトとエージェントを載せるので、無料登録して求人チェックすると良いですよ。





おけこ

この記事が良いと思ったら、シェアしてもらえると泣いて喜びます!笑

感想をツイートして、おけこにもっと良い記事を書かせる


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】サラリーマン 副業 おすすめ ランキング 人気【2020最新】サラリーマンにおすすめ副業BEST3を断言します未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です