最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

【決定版】WEBマーケティング未経験に強い転職エージェント3選

WEBマーケティングに強い転職エージェント3選【悩む時間はムダ】

エージェント選びの時間を短縮できると、それだけ転職成功の可能性が上がります。



悩む男性

WEBマーケティング業界に強い転職エージェントが知りたいな。

体験談とか具体的な使い方も分かると迷わなくて済みそう。細かい違いよりも内定を取るための方法が知りたいな!


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。



7社以上のエージェントを使い倒して、31歳で転職成功を掴んだ僕がお伝えします。



この記事を読むと分かること
  • おすすめ転職エージェント3選
  • 転職エージェントの選び方のポイント
  • 転職エージェントの効果的な使い方
  • エージェントを使う中での注意点


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


転職エージェントは細かい違いこそあれど大差はありません。

なので結論、エージェント選びに時間を使わず、企業選定や選考突破に使った方が10倍効果的です。



とはいえ、「失敗したくないから出来るだけ転職エージェントを吟味したい」という気持ちは痛いほど分かります。
僕もそうだったので。



ただ、利用するエージェント自体が転職成功に与える影響の低さを感じたので、選考突破に時間をかけたところ31歳未経験でも成功できました。



なので、今回は間違いのない転職エージェント3社だけを紹介した後、成功を掴むための使い方のコツについて具体的にお伝えします。



おけこ

厳しかった経験も含めてお話するので、ぜひ失敗回避の参考にして下さい。

きっと内定獲得、転職成功に活かせますよ!

全体的な流れを理解しておきたい場合は未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】も是非ご覧下さい。



WEBマーケティングに強いおすすめ総合型転職エージェント3社

WEBマーケティングに強い転職エージェント3選【悩む時間はムダ】

結論から言ってしまうと、今回おすすめする転職エージェントは下記の3社です。

おすすめ3社

登録は1社あたりたった1分ほど



全て僕が31歳で未経験転職をした時に利用したエージェントでして、実績やサポートの質ともに業界トップクラスなので安心して任せられます。


転職エージェントは案件自体にそこまで差は無いので、担当者との相性チェックのために最初だけ複数登録するといいですよ。


【おすすめ比較】求人数土日対応対応エリア
リクルートエージェント

売上、転職決定数、求人数、登録者数が業界No.1。
IT専属チームもあるので登録必須。
約31万6,638件以上
(非公開求人:約15万件以上)
土日ともに可全国、海外対応
ワークポート

元IT・ゲーム特化エージェント。
未経験分野の転職に強く、サポートレベル業界トップクラス。
約2万8,688件以上土日ともに可全国
マイナビAGENT

アドバイザーが専任制で各業界出身者多数。
中小企業の独占案件も多数保有。
約3万件以上
(非公開求人:8割以上)
土曜のみ可全国

*スマホの方はスクロール出来ます。



WEBマーケティングに強い特化型エージェント【プラスすると質が上がる】


僕は基本的に前述した3社で進めてたんですが、最後の方で1社だけ特化型も登録しました。

それがマスメディアンです。

広告やWEB系に強いマスメディアン


僕の場合は他で選考進んでるタイミングで登録したので、ちらっと求人を見ただけなんですが、正直「早く使えばよかった」って思いました。少し後悔。



一般的に特化型って掘り出し物の求人があったとしても数が少ないんですよ。

でもマスメディアンは業界での実績や認知度が高いからか、良さげな求人がかなりありました。


おけこ

もしこれから本格スタートって人は使ってみると選択肢が広がると思います!

正社員と派遣どちらのパターンも対応してるみたいですよ〜

>>マスメディアン(転職エージェント)

>>マスメディアン(派遣)



WEBマーケティング転職でエージェントを選ぶ際のたった1つのポイント

WEBマーケティング転職でエージェントを選ぶ際の大事なポイント

未経験転職を目指すあなたに伝えたいのは、転職エージェントは『どこを選ぶかより、どう使いこなすか』の方が2万倍大事ってことです。



なぜなら、大手総合型と業界特化型で求人案件に多少の違いはあるにせよ、基本的にはどこも似たりよったりだから。

肌感で言うと、30件中25件は一緒、残りの5件が違うくらいの話です。



更に言うと、そもそも書類通過率って約30%なので、違う案件が増えたところで通らない可能性の方が高いのが現実。



おけこ

明らかに違う案件が多いエンジニアとかなら使い分けが必要ですが、WEBマーケティングの場合は大手総合型に登録すれば問題なし。

案件数が多い分、可能性が増えます!


相性の良い転職エージェント2社くらいに絞る

微々たる案件の違いを探す時間はムダなので、とりあえず何社か面談してみて相性が良さそうな担当者のエージェントで絞って進めればOKです。



おけこ

ちなみに最初だけにしても7社の登録はマジ不要でしたw

やり取りだけでムダな時間が取られるので紹介した3社で十分ですよ。

>> 関連記事:【経験談】転職エージェントを複数掛け持ちすべき理由とポイント



もしとりあえず1社だけ使いたい場合はワークポートがおすすめです。



WEBマーケティング転職でエージェントを使い倒す方法2つ

WEBマーケティング転職でエージェントを使い倒す方法2つ

ここからは転職エージェントを効果的に使い倒す方法を2つお伝えします。

  • 目指す領域をハッキリ伝える
  • 理想的なキャリアプランを描いて伝える

それぞれ見ていきましょう。



①目指す領域をハッキリ伝える

この方法が良い理由は下記の2つです。

  1. 転職エージェントの案件探しスピードが早くなる
  2. 紹介される案件が求める条件とマッチする可能性が上がる


エージェントは転職させることが目的なので、とにかく膨大な求人を紹介してきます。(条件に合わなそうなもの含めて)

ただ嫌がらせではなく、WEBマーケティングと言っても広いので、絞れてないと沢山の紹介せざるを得ないんですよね。



例えば、広告代理店と事業会社の中にも

  • SEOやコンテンツマーケティングが得意
  • SNSやインフルエンサーマーケティング中心
  • リスティングやディスプレイ広告など有料広告メイン

など様々なタイプがあります。


しかし、自分の目的が明確なら「この条件に合う求人だけ紹介して下さい」と言い切ることができますよね?

転職エージェントとしても必要以上に案件を探す手間が省けるので、スピードも質も上がると言うわけ。



おけこ

例えば、僕は副業でブログをやってたので『SEO担当』の案件を中心的に探してもらいました。

やりたいことが明確にある場合は、絞って伝えてあげることで転職エージェントのメリットを最大限に活用することが可能ですよ〜!



②理想的なキャリアプランを描いて伝える

まだ分野がハッキリしてない場合は、理想の働き方やキャリアプランを伝えるのも良いですね。


例えば、リモートワークで在宅でも働けるのが理想、自社メディアの運用をやりたいとかですね。


おけこ

言い方があれですが、転職エージェントの担当者は業界のプロではなく求人探しのプロですw

ただ、案件の検索能力は凄まじいので、希望がハッキリしてるほど有効活用できますよ!


【おすすめ分野】自社メディアのコンテンツマーケティング

「まだ目的とか理想とか分かんないよ〜」って人におすすめなのは『自社メディアのコンテンツマーケティング』です。


おすすめする理由
  • 幅広い分野が学べる
  • 自社メディアなので自由度が高い


有名どころだと、サイバーエージェントなどの広告代理店は、他社から案件を受注するため失敗が出来ません。

つまり、手堅い施策しか出来ないので自由度が少なく、学べる範囲が限定的になるリスクがあります。



一方、自社メディアであれば、多少失敗しても挽回すれば良いし、前任者にすぐ確認をすることもできて安心。(僕も自社メディアのSEO、広告担当です)



なので、まだ方向性が見えてない人はPDCAを回しやすい『自社メディアのコンテンツマーケティング』がおすすめですよ。

コンテンツマーケティングの種類
  • SEO
  • WEB広告
  • SNS広告
  • メルマガ


WEBマーケティング未経験で転職エージェントを使う際の注意点

WEBマーケティング未経験で転職エージェントを使う際の注意点

ぶっちゃけ未経験の場合、転職エージェントだと厳しい場合もあります。(僕自身がそうでした)



なぜなら、基本的に転職エージェントは今までの経験や実績を元に紹介するからです。



おけこ

例えば僕の場合、営業経験7年以上なので、IT業界の営業だと50件紹介されるのが、WEBマーケターだと30件しか紹介されないって感じです。

あくまで肌感ですが。


更に書類通過率も業種未経験より職種未経験の方が圧倒的に厳しかったです。


20代以下ならポテンシャル枠で全然大丈夫だと思いますが、僕のように30代以上で目指す場合は案件の減少を覚悟しましょう。



転職エージェントだけで厳しければ転職サイトを併用する

厳しい現実を痛感してから、少しでも選択肢を広げるために転職サイトを併用しましたが、けっこう可能性が広がりました。



おけこ

エージェントだと経歴的に担当者が紹介してくれない場合もあるけど、転職サイトは自分が良いと思ったところに自由に申し込めるので。


僕が使った転職サイトはリクナビNEXT MIIDAS(ミイダス)で、どちらも自己分析ツールがあって結構使えます。



2つのサイト間で求人もかなり違うし、転職エージェントとも違うので案件の拡充にもなっておすすめです。


ちなみにハローワークはおすすめしない

「ハローワークはどうなの?」って人もいるかもですが、基本的に考えなくて大丈夫です。


ハローワークのWEBマーケティング案件
地方はほぼありません
参照元:ハローワークHP

上記のように、案件はありますが転職エージェントや転職サイトと比べると、求人の数・質ともに低いです。


なぜなら、ハロワに案件を載せるのは費用がかからないので、資金に余裕がない企業やブラック企業が多く含まれてしまうから。


おけこ

悪いことは言わないので転職エージェントと転職サイトにしておきましょう。無料で使えるので。


30代以上なら副業でブログをやっておくとGOOD

僕の場合、31歳で転職成功できたのは、副業でブログをやってたのも大きかったと思います。


なぜなら、書類通過は厳しかったけど、面接での反応がめちゃくちゃ良かったからです。

企業としては少しでも教育コストは下げたいですからね。



特にワードプレスでブログをやってると、簡単なプログラミング知識もわかるようになるので入社してから活躍できるスピードが上がります。


おけこ

未経験なら20代の若手を取りたいのが企業の本音ですが、ブログで経験を積むことで30代以上でも土俵に立てるようになりますよ。

ブログ経験が活きて3ヶ月くらいでマネージャーまで上がれたので!

ぜひワードプレスでブログを立ち上げて成功確率を上げてくださいね!

>> 関連記事:【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】

>> 関連記事:ブログはWEBマーケ転職に役立つ?【必要性や面接での伝え方】



まとめ:WEBマーケティング転職はエージェント選びより使い方が大事

WEBマーケティング転職はエージェント選びより使い方が大事

今回はWEBマーケティングに強い転職エージェントについてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • 転職エージェントはどこを選ぶかより、どう使うかが大事
  • 目的を明確にしてエージェントを使い倒すべし
  • 場合によっては転職サイトも併用すると良い


今回でWEBマーケティング業界に強い転職エージェントと活用方法が分かったと思います。


正直、大事なのは登録した後に使いこなして選考を突破出来るかどうかです。


転職エージェントはあくまで手段なので登録はサクッと終わらせて、選考突破に時間を使いましょう。今回紹介したものは下記です。

おすすめ3社

1社あたり1分ほどで無料登録できます



登録が終わったら、今回紹介した活用方法の復習をして、下記の記事で成功までの流れをチェックしてみて下さい。


以上、【決定版】WEBマーケティング未経験に強い転職エージェント3選でした!


未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】 未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】

おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が役に立ったと思ったら、コメントやシェアして頂けると泣いて喜びます笑
>>感想をツイートして、おけこを泣かせる

理解できない場合やもっと実戦で使えるようにしたい人はココナラでブログコンサルもやってます。
本質から具体的なアドバイスまでしっかり教えますよ!

>> おけこのココナラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です