MENU
カテゴリー
アーカイブ

Webマーケティング副業はメリット絶大【現役マーケターが解説】

悩む男性

Webマーケティングを使って在宅で出来る副業がしたい。おすすめは何かあるかな?



こんにちは、おけこです。

都内の事業会社でSEO責任者をしており、副業で当ブログを運営しています。


Webマーケティングを使って副収入を得たいと考える人は増えています。

副業解禁の会社は増えましたが、実際あまり推奨されてないところが多いので、Webマーケティングなら在宅でバレずに出来るのも理由の1つですね。


そこで今回はWebマーケティング副業の種類と収入の目安、始め方まで徹底解説していきます。


本記事の信頼性

おけこのTwitter
この記事を読むと分かること
  • Webマーケティング副業の種類
  • Webマーケティング副業の始め方
  • Webマーケティング副業の収入相場
  • Webマーケティング副業をする上での注意点

おけこ

本業を超える収入を得ることも可能なので、将来の不安を減らしたい人もぜひ最後までご覧下さい。

もくじ

Webマーケティング副業は大きく2つに分かれる

Webマーケティング副業は大きく2つに分かれる

Webマーケティングの副業は大きく「クライアントワーク」と「メディア運営」の2つに分かれます。

メリットデメリット
クライアントワーク仕事をすれば確実に稼げる
先方からフィードバックをもらって成長できる
仕事量に限界があるので収入の限界がくる
納期管理や依頼主とのコミュニケーションが必要
メディア運営稼げるようになると収入が青天井
半自動化もできる
自分のペースで運営できる
結果が出るまで時間がかかる
結果が出るかは分からない

それぞれもう少し詳しく解説していきますね。

クライアントワーク

クライアントワークとは、仕事の依頼主がいて、依頼された仕事をこなすことで収入を得ることです。


依頼内容は広告運用やSEO対策、SNS運用代行、LP最適化、戦略設計コンサルなど様々。

扱う予算の大きさや難易度などにより、案件の単価も変わってきます。


請け負える仕事に限界があるので収入は青天井とは行きませんが、仕事をこなせば確実に稼げるのがメリットです。

未経験だと高単価の案件は厳しいですが、アドバイスを貰いながら成長もできるので、初心者にもおすすめです。

メディア運営

メディア運営は、自分でブログやSNSアカウントの運営をして、広告費を稼いだり自分の商品を販売して収入を得ることです。


結果が出るまで最低でも3〜6ヶ月はかかりますし、やったとしても確実に稼げるわけではありません。むしろ稼げずに挫折していく人も多いです。


ただし、メディアが育ってくると収入が青天井に伸ばせる可能性があります。実際、副業にも関わらず月100万円以上稼いでる人も結構いますよ。

向き不向き

向いてる人
クライアントワークなるべく早く稼ぎたい人
やった作業分は確実に稼ぎたい人
メディア運営将来的に半不労所得が欲しい人
自分で考えるのが好き・得意な人

クライアントワークは早く確実に稼ぎたい人向き

クライアントワークは仕事をすれば確実に収入が入るので、なるべく早く確実に稼ぎたい人におすすめです。

例えばクラウドワークスに登録して仕事をすれば、極端な話、今月からでも稼げますよ。


ただ、どうしても自分がこなせる仕事量には限界があるので、1人でやっていく限り収入が無限に増えることはありません。

おけこ

将来的には外注を一部使ってリソースを増やすことで、より収入を上げていけますよ。

メディア運営は将来的の資産のために継続できる人向き

メディア運営は最低でも半年、1年くらいは結果が出ない時期が続くので、その期間も折れずに継続できるのが必須です。


ただ、メディアが育つと収入が爆発する可能性がありますし、ある程度放置でも収入が入ってくるようにもなります。

僕自身、半年くらいブログを放置していた時でも、月5〜10万円くらいの収入が続いていました。

おけこ

自分でアイデアを巡らせてコツコツ継続できる人におすすめです。

もし迷ったらクライアントワークをやりながら運営するのも良いですよ。

Webマーケティング副業の種類【案件単価や収入相場も解説】

Webマーケティング副業の種類【案件単価や収入相場も解説】

Webマーケティングの副業には下記のような種類があります。

【クライアントワーク】

  • SEOコンサル
  • SNSマーケティング
  • Web広告運用
  • Webコンサルタント

【メディア運営】

  • ブログ運営
  • SNS運営
  • YouTube運営

SEOコンサルタント

おすすめ度(3.5)
稼げる金額(4.0)
難易度(3.0)

SEOコンサルタントとは、企業や個人に対して、SEO(検索エンジン最適化)のアドバイスを行う仕事です。

データを分析して改善案を提出し効果検証して、クライアントのWebサイトを伸ばすサポートをしていきます。また、実際にライターとして記事を書く場合も契約内容によってはありますよ。


月10〜20万円くらいの案件がメインなので、副業としては稼げる方です。

ただ近年はSEO対策の難易度が増しているので、結果を出し続けて継続案件を獲得するのは大変にはなっていますね。

おすすめな人
  • 数字の分析が得意な人
  • SEOの知識と経験がある人
  • ロジカルシンキングが得意な人

SNSマーケティング

おすすめ度(3.0)
稼げる金額(3.5)
難易度(4.0)

SNSマーケティングとは、企業や個人のSNSアカウントの運用代行やアドバイスを行う仕事です。

昨今、企業でもSNSを行うところが増えていますし、個人でもTwitterやInstagramをやってる人が多いですよね。


収入はSEOと比べると低い案件が多いので、1案件で月3〜5万円くらいが一般的かなと。実績が少ない場合はもっと下がる可能性が高いですね。


SNSはノウハウが確立されていない分、専門知識があまり無くても出来たりはしますね。

おすすめな人
  • 普段からSNSをよく使う人
  • 自分のアカウントを成長させたことがある人

Web広告運用

おすすめ度(4.5)
稼げる金額(5.0)
難易度(3.0)

Web広告運用とは、企業や個人の広告運用代行やアドバイスをする仕事です。

リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などのWeb広告を使って、クライアントの売上を早く上げることが求められます。


例えば「リスティング広告だけ」とかでも案件は多数あるので、全てのWeb広告を知らなくても案件獲得はできますよ。


広告運用は運用予算の20%が収入の目安。例えば月100万円を運用したら月収20万円です。

広告運用は作業量が予算で大きく変わるものではないので、実績を積めば月50万円以上も目指せます。


完全未経験だと厳しいですが、スクールを受講すれば案件獲得もしやすいですよ。

おすすめな人
  • 広告運用の実務経験がある人
  • 数字の分析が得意な人

Webコンサルタント

おすすめ度(4.0)
稼げる金額(5.0)
難易度(5.0)

Webコンサルタントとは、Webマーケティング全般の戦略の設計やアドバイスを行う仕事です。

これまでお話したSEO、SNS、広告運用など、どこにどれくらいの予算を投下するかを決めたり、やっていく優先順位を決めたりします。


Webマーケティングの幅広い知識に加え、ロジカルシンキングや数字への強さも求められます。


経験者じゃないと厳しいのと、広範囲の分野の知識が求められるのが特徴です。

その分、収入も高い傾向にあり、月50万円以上の案件も割とありますね

おすすめな人
  • 幅広いWebマーケティングの知識・経験がある人
  • 事業会社でマーケティング責任者をやったことがある人

おけこ

続いてここからは、メディア運営の種類をご紹介します。

ブログ運営

おすすめ度(4.0)
稼げる金額(5.0)
難易度(5.0)

ブログ運営とは、WordPressやはてなブログ、アメブロなどを使い、自分のブログを運営して収入を得ることです。

収入を得る方法は「自分の商品を売る」「自分以外の商品を売って紹介料を得る」の大きく2つで、後者のことをアフィリエイトと言います。


結果が出るまで最低半年はかかるのと、頑張っても確実に稼げるわけでは無いので難易度は高いです。

ただ、副業でも月100万円以上稼いでる人もいますし、半不労所得化も可能なので魅力は大きいですね。

おすすめな人
  • 資産を作っていきたい人
  • 文章を書くのが嫌いではない人
  • 考えながら継続することが出来る人

SNS運営

おすすめ度(4.0)
稼げる金額(3.5)
難易度(4.5)

SNS運営とは、自分でTwitterやInstagramなどのSNSアカウントを作って運営していく仕事です。


SNS単体で収益化する人もいますが、SNSで直接マネタイズしようとすると炎上するリスクもあるので、ブログやYouTubeへの導線としてSNSを使うのが一般的です。

  • 文字だけでも大丈夫なジャンルならTwitter
  • 画像や動画が活きるジャンルならInstagramやYouTube

などと使い分けるのがおすすめですね。


SNS単体だと月5万円くらい、ブログやYouTube、メルマガなどを組み合わせれば月数十万円も可能ですよ。

おすすめな人
  • 普段からSNSをよく使う人
  • スマホだけで副業がしたい人
  • 個人として影響力をつけたい人

YouTube運営

おすすめ度(3.0)
稼げる金額(5.0)
難易度(5.0)

YouTube運営とは、自分のYouTubeチャンネルを作って運営していく方法です。


登録者1000人を超えると収益化できるようになり、Googleアドセンスという広告収入を得られるようになります。

また、YouTubeチャンネルで自分の商品を紹介したり、ブログに誘導してマネタイズをするケースも多いですね。


正直、今からYouTubeに参入するなら戦略をしっかり立てないと厳しいです。

ただ、チャンネル登録者が数万人になれば、広告費だけで月収数十万円も可能なので挑戦する価値はありますね。

おすすめな人
  • 動画が活きる分野の強みを持っている人
  • 話すのが苦ではない人
  • 継続が得意な人

Webマーケティングスキルを活かせる副業

Webマーケティングスキルを活かせる副業

これまで紹介した副業は、Webマーケティングを直接的に使った案件の種類として一般的なものでした。

ここからは直接的にWebマーケティングを使いませんが、Webマーケティングスキルがあると収入が上げやすくなる副業についてお話していきます。

  • Webライティング
  • Webデザイン
  • 動画編集

ちなみに上記は全てクライアントワークになりますので、確実に収入を得ていきたい人にもおすすめできますよ。

Webライティング

Webライティングとは、記事を執筆して納品することで収入を得る仕事です。「文字単価 ✕ 書いた文字数」で記事1本あたりの収入が決まります。


初心者からでも始めやすい副業として人気で、月5〜10万円くらいは初心者からでも十分目指せます。

SEOなどのWebマーケティングスキルがあると、ライターとしての市場価値が上がり単価もアップさせられますよ。


ただ、中には文字単価がめちゃくちゃ低いブラック案件もあるので、できれば文字単価1円以上で探して行くと良いでしょう。

Webデザイン

Webデザインとは、ホームページやランディングページ(LP)、イラスト作成などを行う仕事です。

PhotoshopやIllustratorなどを使うのが一般的で、LP作成で1案件5万円〜とかが相場ですね。


Webマーケティングスキルがあれば、どんなデザインを使うと売上が上がるかを考えられるようになります。

その結果、デザインスキルだけがある人よりも収入を増やすことが出来ますよ。


スキルアップして実績も積めば、月20〜30万円も十分目指せる副業です。

動画編集

動画編集とは、YouTube動画の編集作業を行う仕事です。


YouTubeをやっている人の中には、

  • 撮影=自分
  • 動画編集=外注

という人も結構います。

Webマーケティングスキルを持っていると、どんな編集をすれば視聴者が分かりやすいかなどを考えることができるので、長期での契約にも繋がりますよ。

Webマーケティング副業の始め方3ステップ

Webマーケティング副業の始め方3ステップ

Webマーケティングの副業を始める方法は下記の流れがオススメです。

  1. 何の副業をやるか決める
  2. Webマーケティングの勉強をする
  3. 案件獲得やメディア運営を進める

①何の副業をやるか決める

まずは自分が何を副業としてやるかを決めます。

  • 稼ぎたい金額
  • 副業をやる目的

などを考えて選ぶと良いですよ。


例えば、縛られるのが嫌でマイペースにやりたいなら、クライアントワークではなくメディア運営が向いてますよね。

また、月5万円くらいでOKなら、Webライターや動画編集でも十分達成は可能です。

おけこ

目的を見失うと消耗するリスクがあるので、なぜWebマーケで副業をしたいのか考えると良いですね。

②Webマーケティングの勉強をする

未経験の場合は最低限の勉強をしておくのがベター。

なぜなら知識もスキルも無い状態だと収入を得るのは厳しいからです。


例えば僕はブログを始める際、本を何冊か読んでからスタートしました。

最初だと何を言ってるか分からないことも多いですが、最低限の知識を入れることで今後の伸びが変わってきますよ。

おけこ

ここからは勉強方法について3つのパターンをお伝えしていきます。

本・書籍で独学する

まずは本を読んで独学をすることです。

本は2000円弱くらいで1冊買えて、情報量も豊富なのでコスパ最強ですよ。


ただ、トレンドの情報を載せるのには不向きなので、あくまで全体像を理解するのに使うのがオススメですね。

下記にマンガで分かりやすく学べるおすすめの書籍を載せておくので、ぜひ読んでみて下さい。

スクールを受講する

2つ目はWebマーケティングスクールに通うことです。


Webマーケティングスクールとは、Webマーケティングの専門学校とイメージしてもらえればOK。広告運用やSEOなどの基礎から実践までを学べる場所になります。


Webマーケティングは範囲が広いので、独学だと何をやればいいか分からず挫折することも多いんですよね。

しかしスクールに入ってロードマップのように学んでいくことで、自然とスキルアップが出来て挫折も防げます。


独学よりお金がかかりますが、副業でも早く稼げるようになるので、結果的にはプラスになるケースも多いですよ。

おすすめのスクールは下記にまとめてるので是非ご覧下さい。

Webマーケティング転職をする

転職して本業をWebマーケターにした上で、副業でも稼ぐのもおすすめです。

なぜなら本業を副業のためのインプットに充てられるから。


毎日やっている仕事が、副業にも丸々活かせるので、成果が出るもの早くなります。

また、本業での実績が副業でのポートフォリオとして使えるので、案件獲得もしやすくなりますよ。


おけこ

Webマーケターは本業での収入も上げやすいので転職はおすすめ。

下記に転職成功までのロードマップを載せておくので是非ご覧下さい。

案件獲得やメディア運営を進める

最低限の知識をつけたら、実際に案件獲得やメディア運営を始めます。

案件獲得の方法

案件獲得は下記のような方法があります。

  • クラウドソーシング
  • 知り合いからの紹介
  • 副業エージェント
  • 直接営業

流れとしては、初心者は主にクラウドソーシングで実績を積み、その実績を持って副業エージェントを使ったり営業をかけるイメージです。

とりあえずクラウドソーシングサイトは、業界二大トップのクラウドワークスランサーズに登録しておけばOKですよ。


実績がついてきたら、プロの副業などで案件を探してみるのがおすすめです。

ブログ運営はWebマーケターなら全員やった方が良いレベル

メディア運営の中でも必須レベルでやった方が良いのがブログ運営です。

なぜならブログは実践の中で、様々なWebマーケティングの知識や経験を積むことが出来るから。


例えばSEOの知識や質の高い記事を書くWebライティングスキルなどが身につくので、副業で稼げるだけではなく、転職できる可能性も上がります。

僕自身、ブログの実績をアピールしたこともあり、31歳未経験でWebマーケティング転職できました。


ブログサービスには色々な種類がありますが、収入を得る目的で始めるならWordPress一択です。

WordPressは世界シェア圧倒的No.1を誇り、副業でブログ運営する人の多くが使っています。

WordPressは世界シェア圧倒的No.1を誇り、副業でブログ運営する人の多くが使っています

やっておいて損は1ミリも無いので、Webマーケティングで副業を考えてる人は検討してみると良いですよ。

Webマーケティング副業ではいくら稼げる?未経験と経験者の収入相場


Webマーケティングの副業ではいくらくらい稼げるのか、収入の相場をお伝えしていきます。

【未経験の場合】月10万円を目標にすると良い

Webマーケティングの知識もスキルも無い初心者の場合は、月10万円を最初の目標にすると良いですね。

モデルケース①Webライターとしてスタート

例えば、Webライティングの案件だと、

文字単価1円 ✕ 5000文字 ✕ 20記事 = 100,000円

という感じでやれば月10万円を達成できます。簡単では無いですが、十分達成可能な数字ですね。

実績が増えてくれば文字単価が上がってくるので、少ない労働時間で収入を上げられるようになります。


そして、Webライターとして実績を積んだ後でブログに力を入れれば、短期間でブログの成果を上げることも可能になります。

おけこ

Webライター → ブログに注力というパターンの人は多いですよ。

モデルケース②最初からブログに注力

僕のようにクライアントワークはやらず、最初からブログに注力するパターンもあります。

僕の場合、

  • 運営期間:1年
  • PV数:1万弱
  • 月収:11万円

という感じになりましたね。


ただ、ブログは1年で9割がやめるというデータもあるように、継続が大変です。

実際、僕も半年で100記事以上を書き、月収が1000円しか行かなかった時は心が折れそうでした笑

おけこ

収入が増えずにモチベーションが続かなそうな場合は、Webライターとして少しでも稼ぎながら継続するのも手ですよ。

モデルケース③スクールを卒業して案件を受注する

Webマーケティングスクールを卒業して、案件受注をしていくパターンもあります。

スクールは平均で30万円ほどの費用がかかりますが、「スクール卒業」という分かりやすい実績を積むことで、案件受注ができる確率が上がりますよ。


  • スクール代:30万円
  • 半年後に月10〜20万円の案件を獲得

みたいな人は結構いるので、先行投資した分のお金は1年、2年というスパンで見れば余裕で回収可能です。

おけこ

Withマーケのように案件獲得の方法を教えてくれるスクールもあるので、実は早く大きく稼げる可能性が高いのがスクール受講ですよ。

【経験者の場合】月20〜30万円は可能!月100万円以上も狙える

すでにWebマーケティングの知識や経験を積んでいる場合は、副業月収20〜30万円は普通にいけます。

中には副業でも月100万円以上を稼いでる人もいますよ。

案件の画像を入れる


例えばWeb広告運用やSEOコンサルなどは、1案件あたり10〜50万円くらいの単価になります。

1日2時間ほどの副業で月収20万円とかも可能なので、経験者は色々な案件を見てみると良いですね。

Webマーケティング副業をする上での注意点

Webマーケティング副業をする上での注意点

Webマーケティング副業をする上での注意点をいくつかお伝えします。

  • 最初は金額を意識しすぎない
  • 最低3〜6ヶ月は継続する
  • スケジュール管理を徹底する

最初は金額を意識しすぎない

特に初心者には伝えたいことですが、最初から金額を意識しすぎるのはおすすめしません。

Webマーケティングスキルや実績がないうちは、単価が低い案件をこなす必要があったり、作業時間に見合わない収入になる可能性があるからです。


例えば実績が無いうちは、文字単価1円以下のWebライティング案件しか受注できないかもしれません。

そこで「あぁ〜割に合わないから無理」とやめてしまうと副業で稼ぐのは厳しいです。


とにかく最初は経験と実績を積むことを優先して、長期目線で副業収入を上げていくようにしましょう。

最低3〜6ヶ月は継続する

Webマーケティング副業で稼げるようになるまでには、クライアントワークで3ヶ月くらい、メディア運営なら半年は最低でもかかる覚悟を持っておく必要があります。


例えばスポーツにせよ、勉強にせよ、やり始めていきなり結果が出るわけではありませんよね?

継続して行くことで感覚を掴み、一度感覚を掴むと一気にレベルアップしていく。Webマーケティングも同じです。


人間は下記の図のように、成長→停滞→成長→停滞というのを繰り返して、長期的に見ると大きく成長していきます。

参照元:https://hifumibuppan.com/plateau-of-growth-curve/

継続できないと成長することは無いので、当然ですが収入を得ることもできなくなります。

自分でお金を稼ぐのは簡単では無いので継続は必須ですよ。

スケジュール管理を徹底する

副業をしたいと思うわけなので、本業が別にあると思います。サラリーマンなら仕事、学生なら学業ですね。


本業がある中で副業で収入を得ていくのは想像以上に大変。

スケジュール管理ができてないと、結果を出せないだけではなく、身体を壊すリスクもあります。


  • 睡眠:7時間
  • 本業:9時間
  • 食事やトイレ、風呂など:3時間
  • 副業に使える時間:最大5時間

みたいな感じで、自分がどれくらい副業に使える時間があるのかを確認しましょう。

おけこ

副業をやったせいで体を壊して本業に支障が出るとか本末転倒ですよ。

Webマーケティング副業はメリット絶大【現役マーケターが解説】:まとめ


今回はWebマーケティングの副業についてをお伝えしました。


まとめ
  • Webマーケティングの副業は「クライアントワーク」と「メディア運営」に分かれる
  • Webマーケティングの副業は様々な種類から選ぶことが可能
  • 最低限の知識を得たら実践経験を積んでいくのが大事
  • 未経験は月10万円、経験者は月30万円を目標にすると良い
  • 結果を焦りすぎず、まずは実績を積む意識を持つ

Webマーケティングの副業は時代の流れにも合っていて非常におすすめです。

本記事を参考にしながら、自分にあったスタイルを見つけてみてくださいね。


シェアして頂けると泣いて喜びます!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ