最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

仕事辞めたいと思う人向け【転職成功を掴む2つの対処法】

仕事を辞めたい人が転職成功する2つの方法

悩む男性

・仕事辞めたいけど何からやれば良いんだろう?
・でも転職が正解なのか分かんないな〜
・辞めるメリットとデメリットって何?


おけこ

おけこです。(@kei1031jordan23
まだ自分の気持ちが整理できてないけど、漠然と辞めたいって時ありますよね?
今後の方向性をバシッと決めちゃいましょう。


    【この記事の信頼性】

  • 新卒を10ヶ月で辞めて、2社目で6年半勤めて管理職
  • 中途採用サービスの営業経験があり、人材業界の内情に詳しい
  • 3度の転職を経験して、今まで使った転職サービスは計20以上
  • 副業ブログがキッカケで31歳から完全未経験のWEBマーケ会社に転職


「仕事を辞めたいけど、転職で成功出来る自信が湧かない」って不安な人もいますよね?


そこで、今回は『転職を考え出した人への解決策』についてお話していきます。


この記事を読むと分かること
  • 仕事を辞めたい人が取るべき対処法
  • 転職すべきかどうかの判断基準
  • 転職をする際の注意点
  • これからの働き方


仕事を辞めたい人が取るべき対処法【これからの方向性】


悩む男性

これからどうすれば良いか解決策を教えて欲しい。


結論、解決策は2つあります。


ただ、その前に転職を考える人たちの理由がどんなものか知っておきましょう。


doda 転職 理由 データ
参照元:doda


体験談なども知りたい人は『仕事を辞めたい理由ワースト5【判断基準や今後取るべき行動とは】』をご覧下さい。


そんな辞めたいと思った人にお伝えしたい解決策は下記の2つです。


辞めたい人が取るべき解決策2つ
  • 冷静で客観的な意見をくれる人に相談
  • 気持ちが明確なら転職活動を始める


なぜなら、まだ辞める気持ちがハッキリしてない場合と、ある程度明確な場合で次の行動が変わるからです。


一時的な感情で突き進むと、結構転職で失敗することが多いので注意が必要。


仕事を辞めたい人の解決策:冷静で客観的な意見をくれる人に相談

辞めるかどうかを迷っている段階で相談をするなら、客観的な意見をくれる人がおすすめでして、理由は感情的にならずに状況を分析してくれるから。


おけこ

例えば、「まだ入社して数ヶ月なら、仕事を覚えればまた変わる可能性があるんじゃない?」とか冷静に言ってくれます。


周りにそんな人がいない場合は、外部機関で相談をする事も可能です。


仕事を辞める相談ができるところ
  • 会社の人事部
  • 厚生労働省の電話相談
  • 全国職業相談センター
  • 精神科医
  • 転職エージェント


残ることと転職することのメリット、デメリットを比較して客観的な意見を聞く事で、方向性が見える事も多いですね。


ただ、相談をしてはいけない人もいるので、詳しくは『仕事を辞めたい時、相談したらダメな人とは!?【対処法も徹底解説】』をご覧下さい。

仕事 辞めたい 相談 誰にすべき仕事を辞めたい時、相談したらダメな人とは!?【対処法も徹底解説】


ただ単なる悩み相談はあまり意味なし

いくつか相談できる窓口を出しましたが、正直聞いてもらうだけではあまり意味がありません。


なぜなら、辞めたいまで考えてるってことは、方向性が分からないと根本的な解決にならないから。

なので、下記を参考にしてみて下さい。


  • 上司や配属次第では持ち直せるかも → 会社の人事
  • 心や身体に異常が出ている → 精神科医
  • 今の会社だと厳しいそう → 転職エージェント


ちなみに転職エージェントは、まだ転職への意思が決まってなくても相談可能で、今後のキャリアについても話せるのでメリットが割とあります。

どのエージェントが良いかは後述しますね。


仕事を辞めたい人の解決策:気持ちが明確なら転職活動を始める

もう転職のイメージが出来ているなら、転職活動を始めてOK。


僕の今までの転職経験から、以下の3ステップをおすすめします。


転職成功を掴み取る3つのアクション
  • 転職の軸を明確にして、いらない情報を排除
  • 使えるエージェントを2社くらい作る
  • 複数の媒体を利用して、それぞれのメリットを使う


僕は常軌を徹底的に意識して準備をして、年収100万UPの内定や完全未経験のWEBマーケ職の内定をもらう事が出来ました。


詳しい内容は『【全年代対応】転職成功へのロードマップ:体験談や共通点も徹底解説』をご覧下さい。

転職 成功 やり方 攻略 方法【全年代対応】転職成功へのロードマップ:体験談や共通点も徹底解説


仕事を辞めたいけど転職すべきかどうかを診断【判断基準やおすすめしないパターンも】


今の仕事を辞めて転職した方がいいか、しない方がいいかの判断基準は下記を参考にして下さい。


    【人間関係や社風】

  • 尊敬出来る上司や同僚が必須
  • 社長の考え方が合うか
  • 会社の経営方針が合うか
  • 和気あいあいとしている
  • 無駄な人付き合いはなし

  • 【業務内容や将来性】

  • 大変でもやりがいのある仕事
  • ルーティンワークが良い
  • 飛び込み営業がない
  • 汎用的なスキルが身につく
  • 業界全体が伸びている

  • 【給料や待遇面】

  • 作業に見合った給料を貰うのが必須
  • 個人のノルマがない
  • ボーナスが年2回ある
  • 完全成果主義
  • 年収よりもやりがい重視


この中から、3つくらい重視するものを選び、例を作って優先順位を探っていきます。


おけこ

例えば、「年収は50万下がるけど、定時で帰れて、通勤時間が少ない職場」って感じ。


この時「いや年収50万ダウンは絶対無理だ、なら通勤時間がちょっとかかっても年収高い方がいい」って思うかもしれませんよね?

その場合の重視しているポイントは『年収>通勤時間』になるってこと。


こんな感じでやっていくと、自分が何を仕事に求めるのかが明確になってきますよ。


詳しくは『【必見】転職すべきかチェックするポイントはたった1つです!』をご覧下さい。

転職 すべきか チェック 判断 基準【必見】転職すべきかチェックするポイントはたった1つです!


仕事を辞めたいから転職するのは甘えではない

悩む男性

今辞めたら周りから甘いって思われないかな?


上記を気にする人もいますが、そもそも周りの評価なんて関係なし。なぜなら、あなたの人生の責任は誰にも取れないから。


結局、それって他人からの評価だし、仮に「甘い」って言われても、転職先で成功すれば「転職して良かったね」とか言われます。


ただ、「なんとなく現状が嫌だから転職したい」ってのは、正直転職しても失敗する確率高いし「甘い」ので目的をハッキリさせましょうね。


詳しくは『仕事を辞めたいは甘え?【自身の失敗談も含めて徹底解説】』をご覧下さい。

仕事 辞めたい 甘え 甘い仕事を辞めたいは甘え?【自身の失敗談も含めて徹底解説】


仕事が向いてないから辞めたいのと思うのは仕方ない

1年、3年、10年と社歴に関わらず「向いてないかも」って感じることはありますよね?


おけこ

正直、僕なら向いてない仕事を10年続けるのは無理だけど、昔は転職が当たり前じゃなかったので、向いてなくても続けるって人も多かったはず。


ただ今後は向いてない仕事を嫌々やるのはコスパ悪いかなと思っていて、理由は好きな人や向いてる人にはどうやっても勝てないからです。


好きな人が強い例
  • 例えば、ゲーム好きの人は、楽しくて仕方ないから8時間でも10時間でも続けられる
  • 更に「どうすればもっと上手くなるかな?」って考えながらやるので、成長スピードも早くなる
  • 結果的に、強くなったり上手くなったりと成果も出る


同様に好きな仕事や向いている仕事をすると、苦にならないのでいくらでも努力出来るから、長期間になればなるほど差が広がってしまうってわけ。


なので、ずっと向いてないと感じながら続けるよりも、向いてる仕事に転職する方が将来的に良いのかなと。


仕事を辞めたい人が知っておくべき転職する際の注意点


仕事を辞めて転職する人が、知っておいたほうが良いポイントや気をつける事は下記です。


注意点
  • 転職活動は在職中に出来れば終わらせる
  • 出来る限り円満に退社する


仕事を辞めて転職する際の注意点:転職活動は在職中に出来れば終わらせる

特別な理由がない限り、転職活動は在職中にやりましょう。

なぜなら、次の仕事が決まってないのに辞めるのはリスクがかなりデカイから。


転職先が決まる前に辞めるリスク
  • 希望する求人が見つからない
  • 安定収入がなくなり精神的に焦る
  • 無職が続くかもという社会的な不安


僕自身、4ヶ月くらいニート期間があったので実感してますが、割とメンタルがやられます。出来れば在職中に決めちゃいましょう。


仕事を辞めて転職する際の注意点:出来る限り円満に退社する

せっかく転職先が決まっても、最後辞める時にトラブルになったら後味悪すぎですよね?


なので、引き継ぎをしっかりすることや、余裕を持って退社の意思を伝えるなどの配慮はしましょう。


「どうしても上司に言い出せない」など辞めることを言えない人は、『仕事を辞めたいけどどうしても言えない人へ【たった1つの解決策】』をご覧下さい。

仕事 辞めたい 言えない どうする 切り出せない仕事を辞めたいけどどうしても言えない人へ【たった1つの解決策】


辞めたいと思いながら過ごすのはコスパ悪い


もう昔のように仕事は我慢をするものではありません。

なぜなら、人生100年時代と言われるくらい、働く期間は長くなるから。


これからの仕事は『つまらないことをやる時間→自分の人生を充実させる時間』になるべきです。

YouTuberやプロゲーマーが仕事になってるのが、その証明ですね。


ホリエモンやキングコングの西野さんなど、超一流の人たちが仕事に求めるものを見てても分かります。


35歳限界説なんか吹っ飛ばせ

僕自身、31歳で完全未経験のWEBマーケティング会社に転職しました。


31歳で未経験転職をした理由
  • 個人で稼ぐ力をつける
  • 好きなことをやりたい


新卒から7年以上営業しかやってこなかったけど、理想の働き方をするためにブログも始めて、それがキッカケで転職をすることが出来ました。


泣いても笑っても人生は一度きり。


悔いのないように行動するのが、自分の人生に対する礼儀じゃないかと思うんですよね。


なので、僕は30歳を超えても夢を掴めるように、これからも行動で示し続けます。


まとめ:仕事を辞めたい気持ちが明確なら、転職で未来を掴もう


今回は転職を考え出した人への解決策についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • 辞めたい人が考える解決策は『客観的な意見をもらう』か『準備して転職活動を始める』の2つ
  • 辞めるべきかはメリットとデメリットを考慮して判断する
  • 転職活動は在職中に終わらせる
  • これからの仕事は人生を充実させるために選ぶ


転職は失敗することもあるので、安易なことは言えないけど、理想を掴むための有効な手段なのは間違いないです。


僕自身、覚えることは多くて大変ですが、やりたいことをやりつつ日々成長してるのを実感してます。


行動しない限り、未来は絶対に変わりません。


もし覚悟が出来たなら、意地でも転職成功させてやるって気合いで頑張りましょう。

下記の『おすすめ転職手段』と『転職成功の方法』もぜひご覧下さい。

おけこ

僕の公式LINEでは転職や副業などについての相談も無料でやっているので、何でも聞いて下さいね。

成功を祈ってます!


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】転職 成功 やり方 攻略 方法【全年代対応】転職成功へのロードマップ:体験談や共通点も徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です