弱小PVでも月収11万円を稼いだブログ戦略

いま仕事を辞めるのは逃げか?【判断基準はたった1つだけ】

いま仕事を辞めるのは逃げか?【判断基準はたった1つだけ】

悩む男性

特にやりたいこともないけど、今の仕事は辞めたい。これって逃げなのかな?

嫌な仕事を続けたくはないけど、人生で失敗するのはもっとヤダ。どうしたらいいんだ〜


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。



僕自身、転職経験が3回あり、周りからは色々言われましたが、今はやりたかった仕事を毎日充実してやれています。



この記事を読むと分かること
  • 仕事を辞めるのは逃げなのかどうか
  • 仕事を辞めて逃げても良い人、後悔する人の特徴
  • 辞めることを『逃げ』にせず『成功』に導く方法


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


明確な理由がない状況で辞めるのは、今後のことを考えたら迷いますよね。

でも、お聞きします。



ずっとこのまま消耗し続けるんですか?



すみません、煽ってるわけではないんです。



ただ、『人生100年時代』って言われるくらい僕たちの一生は長くなってるのに、悩み続けて時間をムダにするのは、もったいなさ過ぎると思うんです。



この記事では仕事を辞めるのが逃げなのか、どうしたら逃げの転職じゃなくなるのかについてお伝えします。



おけこ

あなたの転職を成功させる具体的なアクションプランもお伝えするので是非お付き合いください。


【スポンサーリンク】



仕事を辞めるのは逃げ?甘え?

仕事を辞めるのは逃げ?辞めていい?

結論から言って、逃げではありません。

なぜなら、自分の人生をより良くすることを目的とした行動だからです。



少し下記の状況を想像してみて下さい。

  • ブラック企業で毎日残業12時間労働
  • 家に帰ると12時近くて何もせずに寝るだけ
  • 朝は6時に起きて満員電車に揺られながら出勤
  • 土日は溜まった疲れを回復させるため、ただただ寝るだけ


この状況から脱出するのは逃げですか?

『逃げ』どころか『懸命な判断』だと思いませんか?



そこまでハードではないにしても、近い日々を送って消耗している人は多いはずです。

あなたは月曜の朝、憂鬱で泣き出しそうな日々を送っていませんか?



おけこ

こんな状況から逃げ出す、いや抜け出すことは自分の身を守る勇気ある判断だと思いますよ。


そんなの「逃げだ」とか周りは色々言うが責任は取らない

仕事を辞めると言ったら「そんな甘ったれじゃ、どこに行っても通用しねえぞ!」とか、クソ上司に言われるかもしれません。

でも、このままの生活を5年、10年と続けて何か得るものが『本当に』ありますか?



「でも、お金は少なくとも稼げるでしょ」って思った方、よく考えてみてください。

  • タバコが1箱から2箱に増える
  • ストレスが溜まって暴飲暴食
  • 終電がなくなり週3でタクシー
  • ブランド物を買って発散するしかない


実際、仕事で溜まったストレスをお金を使って発散するので、貯まるどころか貯金ゼロすらいるっていう負のスパイラルなんですよね。

>> 外部参考記事:単身世帯調査〈平成30年版〉



おけこ

50年以上っていうハンパない時間を使う『仕事』だからこそ、自分の人生を最も充実させるものであるべきだと思いませんか?


今の仕事から逃げても良い人と後悔する人の特徴【判断基準はたった1つ】

今の仕事から逃げても良い人と後悔する人の特徴【判断基準はたった1つ】

『仕事を辞めるのは逃げではない』と理解してもらった上で、今すぐ辞めても良い人と留まった方が良い人についてお伝えします。



結論、判断基準はたった1つだけです。

辞めてもいいか、留まるべきかの判断基準
今の環境で全てやりきったかどうか


つまり、言い換えると下記になります。

  • 辞めても良い人
  •  → 今の環境でやれることは全てやりきった人

  • まだ辞めるべきでない人
  •  → やれることが残っている人



今すぐ辞めても良い人【逃げではありません】

やれることを全てやっても、今の会社では目的が達成できないなら辞めてもOKです。



僕の例を出すと、7年間アパレルの営業をやっていましたが、どうしてもITスキルを身につけたくて転職しました。



仕事自体は好きでしたが、『今一番やりたいことをやる』を目標にした時に、前職では絶対に達成できなかったんですよね。



おけこ

結果、31歳未経験からWEBマーケティング職になりましたが、一番やりたかったことを仕事に出来たので充実した毎日を送れています。

目標達成のための転職なら全くもって『逃げ』ではありませんよ。

>> 関連記事:WEBマーケティング転職の攻略方法【未経験でも問題なし】



今は辞めずに留まるべき人【辞めたら逃げかも】

逆に今の環境で出来ることが残っているなら、すぐに辞めるのはおすすめしません。なぜなら、同じ状況が転職先でも起こりうるからです。



例えば、コミュニケーションに不満を抱えている原因が、自発的な会話がないことの場合、転職しても同じ状況を繰り返すことは極めて高いです。



改善のために出来ることはしたけどダメだったなら、環境が変われば改善される可能性は十分あります。



まずは自分で出来ることをしたのか確認が必要ですね。



逃げても良い人、ダメな人【よくある状況別】

仕事を辞めるかどうか迷う人は、下記の状況にあることが多いです。

  • 仕事ができないと感じる
  • ストレスを抱えている
  • 仕事が辛い


先ほどは全体的な話をしたので、上記の3パターン別で具体的にお答えしていきます。


仕事ができないで辞めるのは逃げなのか?

結論、仕事ができない理由によります。


例えば、まだ入社して1ヶ月で業務をしっかり覚えきっていないなら、成果を求めるのは早すぎます。

一方、一年くらいやってるけど、仕事自体が好きじゃなくてやる気が出ないのが原因なら転職した方が良いと思います。



ある程度の期間、頑張ってみてダメなら、本当にその仕事が向いてないのかもしれません。違う環境で開花させた方が効率的でしょう。


人間関係のストレスで仕事を辞めるのか逃げなのか?

人間関係はどんな会社でも起こるので難しいですよね。

事実、人間関係は仕事のストレス一位と言うデータも出ています。


参照元:doda


ただ結局、ここでも自分がやれることをやったかが問題です。一部、例を出します。

  • 上司が分かりやすいように資料をまとめて報告したのか
  • 同僚が困ってる時に助けてあげたのか
  • 部下が悩んでるのを放置していないか


全てを完璧にすることは無理ですが、やれることをやっていれば、少なかったとしても味方はいるはず。

もし誰からも相手にされてない状況なら、自分にも問題がある可能性が高いです。



おけこ

逆にやるだけやってダメな組織なら、スパッと辞めて他にいきましょう。

その組織は腐ってます!w

仕事が辛いから辞めるのは逃げなのか?

こちらも正直、状況によります。

まだ判断をするには早い時期なら、苦しくても耐えたほうが自分の成長に繋がります。



しかし例えば、パワハラやセクハラを受けていて、心身ともにボロボロなら今すぐ辞める方向で動くべきです。

なぜなら、自分がいくら頑張ってもムダな可能性が高いし、頑張るほどに消耗するリスクがあるからです。



おけこ

具体的にいうと、パワハラ上司に「やめてください」と抗議したら、逆上してエスカレートするかもしれませんよね。


逃げたみたいで悔しいと思うかもですが、自分の身を守ることは『立派な自己防衛』です。



クソ上司やイヤミな同僚のせいで、うつ病とかになったらそれこそ最悪。

出来る限り早く、辞めるための準備を整えましょう。



仕事を辞めるのを『逃げ』ではなく『成功』に導く方法

仕事を辞めるのを『逃げ』ではなく『成功』に導く方法

辞めるべきかどうかの判断はある程度分かったと思うので、辞める場合の具体的ステップを解説していきます。

  1. ステップ①どうなれば悩みが解決するかを考える
  2. ステップ②すぐに辞めず、転職先を在職中に決める
  3. ステップ③転職後は3ヶ月くらい全力で打ち込む


ステップ①どうなれば悩みが解決するかを考える

まずは今の環境では実現できない達成したい目的を明確にします。

内容はポジティブでも”一見”ネガティブでも構いません。



例えば、僕のように「ITスキルを身につけたい」のような理由もあれば、「パワハラ上司から逃げて、安心して仕事がしたい」も立派な目的です。



逆に「仕事がつまらないから辞める」などはダメ。

「つまらないことに時間を使うよりも、自分がもっと成長できる環境にいきたい」のようにポジティブに変換できるならOKです。



そのまま転職理由として使うことが出来るので、しっかりと考えましょう。



転職理由が明確だと成功率が上がる

転職活動の1歩目は転職(退職)理由を考えることです。



なぜなら、エージェントを使う時や企業の面接で100%聞かれる質問だからでして、理由がポジティブで明確なほど、あなたに可能性を感じてもらえます。



人材大手マイナビエージェントによると、企業は転職理由を聞くことで下記を確認しようとしています。

  • 人柄や意欲・モチベーションの確認
  • 入社後に前職と同じ理由で退職しないかの確認


裏を返せば、ネガティブな理由やボヤッとした目的だと、企業は「大丈夫かな?」って不安になり成功確率が下がるということ。



転職理由は最初にして最大のポイントです。自己分析とも繋がるので、詳しくは転職成功へのロードマップをご覧下さい。



ステップ②すぐに辞めず、転職先を在職中に決める

先ほど、パワハラを受けてる場合は今すぐに辞める”準備”をしましょう、とお伝えしました。

決して、今すぐ辞めて良いと言っていない理由は、転職先が決まる前に辞めると、焦りから失敗するリスクが高まるからです。



例えば、下記のような状況を想像して下さい。

  • とにかく逃げ出したくて、あてはないけどすぐに辞める
  • 辞めてから転職活動をスタートするが、3ヶ月以上内定が決まらない
  • 収入ゼロの状態に焦りを感じ、やっと内定が出た企業に飛びつき入社
  • 入ってからブラック企業だとわかり、早期退職か消耗する日々で悩む


前述した金融広報中央委員会の「単身世帯調査〈平成30年版〉」によると、20代で貯金ゼロの割合が45.4%もあることが分かります。



おけこ

転職先が決まる前に辞めると、中々内定が取れない時に焦って判断を誤ることに繋がるので注意が必要です。

在職中から余裕を持って転職先を探す

リスクを回避するためにも転職活動は在職中にやるのがおすすめ。



手段は基本的に転職エージェントか転職サイトの2択でOK。なぜなら、ほとんどの場合において最も効果的な手段だからです。


選ぶ基準は下記を参考にして下さい。

  • 面接対策や書類添削のサポートを受けたい、転職活動に時間が取れない
  •  → 転職エージェント

  • 自分一人で進めたい、スキマ時間でなんとか出来そう
  •  → 転職サイト



おけこ

ちなみに僕は転職エージェントをメインにして、転職サイトを併用して求人を網羅するハイブリッド型で進めました。

あくまで目的は内定を取ることなので、好きな方を選べば良いと思いますよ。


よくある質問:ハローワークじゃダメなの?

ダメではないですが、最初は選ぶメリットが特にありません。なぜなら、求人とサポートの質が低いからです。



ハローワークに求人を載せることは無料で出来るため、金銭的に余裕がない企業の案件も多く載っています。(つまりブラック企業が多い)



また職員に転職成功のノルマがある訳でもなく、そこまで熱意を持ってやる人は多くない印象。(僕自身、3度の転職活動で感じました。)


もちろん、中にはやる気がある人もいるでしょうが、ビジネスとしてやっているエージェントや求人媒体の会社と比べれば、必死さに違いが出て当然ですよね?



おけこ

どうせ無料で使えるので、転職エージェントと転職サイト以外考える必要はありませんよ。


ステップ③転職後は3ヶ月くらい全力で打ち込む

転職をする本当の目的は内定を獲得することではなく、入社した会社で充実した仕事をすることですよね?



なので、しっかり選んで入社した後は、”とりあえず3ヶ月だけ”必死で仕事に打ち込んで下さい。

理由は3ヶ月やれば、約半数の人が慣れて「辞めたい」と感じなくなるからです。



入社して辞めたいと思っていた期間
参照元:リクナビNEXT

更に半年経つ頃までには8割近くの人が、辞めたいと感じなくなっていることが上記のデータからも分かります。



最初は覚えることも多いし、慣れない人間関係や環境に疲れるもの。

しかし、そこで耐えれば別の景色が見えてくる可能性が高いので、ちゃんと選んで入った会社ならば、3ヶ月は必死に頑張ってみましょう。



おけこ

僕も未経験でWEBマーケ転職をしたので最初の1〜2週間は地獄でした。

でも、1ヶ月後くらいからは慣れて一人で動けるようになったので、1日1日必死でやれば大丈夫ですよ。

>> 関連記事:WEBマーケティング転職の攻略方法【未経験でも問題なし】



まとめ:仕事を辞めることは逃げではない【周りを気にせず、理想を追求しよう】

仕事を辞めることは逃げではない【周りを気にせず、理想を追求しよう】


今回は仕事を辞めるのは逃げかどうかについてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • 仕事を辞めることは逃げではない
  • ただ辞めて成功するパターンと失敗するパターンの傾向はある
  • 辞めることで悩むより、辞めた後どう成功するかで悩むベし


今回で、理由がしっかりしていれば仕事を辞めるのは逃げではないことが分かってもらえたと思います。



あなたが辞めることに対して、周りは色々と言ってくるでしょう。

ただ、誰もあなたの人生を生きることはできないし、責任も取れません。



確かに転職先で100%うまく行くかどうかは分かりませんが、明確に目標を持って転職しても後悔する人はいるものです。



逆に”一見”逃げと思われそうな理由で転職したけど、入社した会社が自分にピッタリで花開くことだってあります。



いつでも成功を掴む人は、一歩踏み出すことができた人。

踏み出す勇気が出た人は下記のおすすめ転職エージェントと転職サイトの記事に進んで行動開始です。


【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【失敗談あり】おすすめ転職エージェント探しはムダ【使い方が大事】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】【悲報】おすすめ転職サイトに正解はない【元業界人の僕が語る】

おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!
この記事が良いと思ったらSNSでシェアして頂けると泣いて喜びますので良ければぜひ笑
>>感想をツイートして、おけこを泣かせる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です