人生をRPGのように攻略する男【おけこのプロフィール】

初めまして!当ブログの執筆者『おけこ』と申します。



ちなみにおけこはあだ名で本名ではありません。(当たり前やろ)



現在、31歳で妻と関東の某所に暮らしてます。(ローンに終われる毎日です)



今回は「おけこって何者?」と思ったあなたに、僕のこれまでの人生や仕事、このブログを見る意味についてお話しようと思います。

ちょっとだけお付き合いください。



おけこって何者?

おけこって何者?


妻からは「ゴリラ」と呼ばれていますが、一応人間を31年間やってます。



ひとりっ子で、親からの愛情を異常に注がれて、ビニールハウスのような温室環境で育ちました。



とはいえ、31年間何も苦しんだ事がない訳ではなく、むしろ色々悩みが多かった人生だと思います。



今回は僕の挫折経験から『人生をRPGのように攻略する』という心境に至るまでのストーリーをお話していこうと思ってます。



『人生RPG攻略』と言うテーマについて



このブログは人生をRPGのように攻略していく方法を発信していますが、ブログ名には2つの思いがあります。

『人生RPG攻略』と名付けた理由
  • 人生で悩む人を減らしたい
  • 人生は行動次第で変えられる


世の中の多くの人は、自分の人生に100%満足してるってことはないでしょう。もしかしたらあなたもそうかもですね。


事実、日本人の自己肯定感はぶっちぎりで世界ワーストNo.1です。



難しく考えずに、ゲーム感覚で人生をクリアしていけたら良くない?

難しく考えずに、ゲーム感覚で人生をクリアしていけたら良くない?


世の中には仕事や人間関係など色んなことで悩む人で溢れてます。

  • 人間関係で悩んで鬱
  • 飲み会では会社や上司のグチ
  • お金のためにやりたくない仕事を続けてる


確かに今までは、終身雇用で1つの会社を続けるのが正解だったのでそれも分かるんです。


でも今、というかこれからの時代はイヤなことを続ける時代じゃないと本気で思っていて。



イヤなことを続けるコスパが悪い

YouTuberやプロゲーマーって職業が出来たり、副業解禁で自分でビジネスをやる人が増えたりしてる現代。



そんな中、『イヤなことをやり続けること』のコスパって超悪くないですか?

好きなことをやる人、嫌なことをやる人の対比
  • 好きなことをやる人:メンタル安定するし、成長スピードも段違い
  • 嫌々仕事をやってる人:精神的にマイナスだし、生産性も悪い


とはいえ、お金のためにイヤでもやるしかないって気持ちは、僕もサラリーマン7年以上やってるんで分かります。



個人がやりたいことをやれる時代

嫌でもやらなきゃいけないって言いたくなる気持ちはわかる。



それでも!



やっぱりこれからは1人1人が本気でやりたいことや、自分の幸せのために人生の時間を使うべきだと思うんです。


何故なら、昔みたいに個人の選択肢が限られてる訳じゃないから。



例えば、イヤだなって思えばいくらでも転職出来る会社はあるし、好きなことで稼ぎたいって思ったら副業出来るじゃないですか?



おけこ

でもやらない人が大半。つまり勝手に自分で可能性を潰してるだけなんですよ。

「うちの会社は副業禁止だし」っていう人もいるでしょう。

しかし、国がOKをだしてる以上、会社が禁止することはできないし、本来持ってる権利を使うのは全く問題ないはずなんです。



人生を『RPGのように攻略』する

赤ちゃんの時、周りの目を気にしてた人は1人もいないはずですよね?


笑いたければ笑って、泣きたい時に泣いて。
でも年齢を重ねる毎に周りの目や常識が入ってくるようになった。



もちろん、やりたい放題やって他人を傷つけて良いとは1ミリも思いません。

むしろ、そんな奴クズです。



でも、自分が本当にやりたいことや好きな人生を生きる権利は全員にあるんですよ。

だって一度きりの人生なんだから。



どんなに周りが色々言って来ても、結局誰も責任取ってくれませんよね。
だから後悔のないように生きるべきだと思うんです。



とはいえ、何をやったら良いか分かんないし、失敗したら怖いって思うはず。
人間なので。



そんな時にこのブログ『人生RPG攻略』を思い出すことで勇気を与えられたらなって思うんです。



いきなり『ボス』は倒せない

ドラクエやった人なら分かると思いますが、いきなりボスに挑んでも秒殺されますよね?



だからスライム倒して経験値積んで、レベル上げて魔法覚えて、お金貯めて強い武器買って。

それで初めてボスに勝てる訳です。



これ、人生も同じじゃないですか?



  • 受験に受かりたいなら勉強して(経験値を積む)
  • やってる中で解き方のコツを掴んで(レベルアップ)
  • 最初は分からなかった上級問題集買って(強い武器)
  • 初めて受験に合格出来る(ボスを倒す)


受験を例にしましたが、正直なんでも当てはまります。



RPGだと普通にやってるはずなのに、人生だと何故かこのステップを忘れる
だから「なんで上手くいかないんだろう」って苦しむんですよね。



本当はレベル低い状態でボスに挑んでるってだけなのに。



どうにもならないことは『イベント』にする

とはいえ、人生には確かにどうしようもないこともあります。



例えば、親の転勤の関係で無理やり転校したり、自分の力では変えられないことも中にはある。



しかし、ここでもRPGの法則を考えれば、どうしようもないことは『イベント』になります。



ストーリーを進める中で、巻き込まれるイベントってありますよね?
避けるのは不可能です。



でも結局、そのイベントをクリア出来るかは、そこからの自分の努力次第

つまり規模感は違えど、人生はRPGと同じってことです。



そう考えると、いま直面してる困難も1つの『イベント』に過ぎないので、絶対クリアできる時が来る。
そう思える気がするんです。



なので、少しでも人生を前向きに捉えるきっかけになれば良いなと思い『人生RPG攻略』というブログ名を付けました。


おけこ

とはいえ、偉そうに言って来ましたが、僕もこんな風に最初から思えていた訳じゃ全然なかったんですよねw


浮き沈みの激しい人生



関東の某所でひとりっ子として生まれた僕は、親に溺愛されて育ちました。



ただ、ずっと順風満帆に来た人生では全くなくて、上がったり下がったりを繰り返しながらここまで来ました。



エピソードⅠ:10歳で最初の試練

小学4年生、地元の少年野球チームに入った僕に試練が訪れます
ガキ大将に目をつけられることに。



ちなみに僕は小学4年くらいまでは大人しく繊細な性格でした。



ただ、勉強や運動は結構出来たので、目立たないタイプでもないというガキ大将からしたら『なんかウザい存在』

スカした感じに映るタイプです。



野球チームでの悲劇

友達に誘われて、地元の野球チームに入るんですが、もちろん最初は全然上手くいきません。



となるとくるわけです、ガキ大将にとって絶好の『ツッコミポイント』が。



「なんだよ、その投げ方気持ち悪い!てか色白過ぎんだよ!」
、、、もう何でも良かったんでしょうね、言えればw



当然、繊細な性格の僕は落ち込みます。
野球の練習に行こうとするとお腹が痛くなって来ます。



でも、昔から似たようなことが数回あったので母親に強制的に行かされました。「この悪魔!」って心の中で思ってましたねw



成長の兆し

でも、イヤだなあと思いながらも、続けてると段々と上手くなって来て
すると、楽しくなって来て



更に上手くなって来ると、ガキ大将の『ツッコミポイント』がなくなって来るんですよね。
自分より下じゃないと威張れないじゃないですか?



いつの間にか対等に意見が言えるようになり、気が付いたらチームで一番打率が高い首位打者になってました。

イチローと一緒ですね(言い過ぎ)。



そうすると、ガキ大将が向こうから仲良くしようとして来るんですよね。
(都合の良いもんです)



とはいえ、「まあ仲良くできた方がいいしな」って感じだったので、そこからは普通に付き合うようになり、最終的には親友っぽくなってましたw



辛くても頑張ることで変わるんだと思えた経験でしたね。



エピソードⅡ:15歳で裏切りを経験

エピソードⅡ:15歳で裏切りを経験


小学校は野球だったので、そのまま野球に行こうかとも思ったんですが、結局中学ではバスケ部に入りました。理由はあるあるです。

  • モテそうだったから
  • スラムダンクにハマったから


まあ、そんなこんなで続けたら、なんかいつの間にか部長をやることになってました。



ちなみに部長だと多少目立つじゃないですか?
結構モテるんですよ、これが。



なので、バスケ部に入る当初の理由『モテそう』を達成し、わりと調子乗ってました。しょぼいっすねw



席替えの悲劇

でもそんな全盛期の中学3年で人生2度目の試練がやって来ます。
今度のボスキャラは学年の番長(ちなみにガキ大将とは別)。



きっかけは誰もが経験したことのある『席替え』でした。



思い出して欲しいんですが、思春期真っ只中の中学3年生ってヤキモチ、嫉妬、ヤンキーブームのオンパレードじゃなかったですか?



僕も正直わりとヤンチャ寄りだったのですが、番長はまずガタイから違いました。



ただ、番長は見た目ゴツイくせにめっちゃ繊細でして、席替えで自分の彼女のとなりが誰かって毎回、超気にしてましたw



そんな中、悲劇が起きます。3回連続で僕が隣になるんですw


もうね、クジ運を恨みましたよ。



しかもわりと僕も目立つ方だったので、普通の人が隣になるよりタチが悪くて。
番長の怒りが増幅する訳です。



ちなみに番長と僕は元々、小学校の野球チームも一緒で仲が良かったんです。よく遊びにも行ってましたし。



ただ、そこはもう関係ありません。『自分の彼女の隣に来るやつ=敵』ですから。
しかも『3回連続で来るやつ=許しがたい敵』


番長からしたら僕がボスキャラだったかもですねw



そこから毎日、番長に罵声を浴びせられました。



誰でもウェルカムから人間不信へ

正直めちゃくだらないし、最初は罵声なんか特に気にしてなかったんですが、毎日言われるとさすがに傷つきます。



加えて、「元々仲が良かったのに、こんなことで関係って壊れるんだ」って結構ショックを受けて、そこから割と人間不信になりました。



そのまま高校に進んでも人間不信は変わらず、「もう周りの目なんか関係ねえ、どうでもいい」って感じで過ごしてました。



中学までは誰にも嫌われたくなくて『八方美人タイプ』だったんですが、こんなことなら好き勝手生きればいいかなと。



なぜか好き勝手が受け入れられる

そんなわけで高校からは、周りが何と言っても「自分がイヤならイヤ」って感じで自分の気持ちに正直な発言をするようになりました。



ただ、自由に振舞ったらイヤがられると思ってたんですが、不思議なことに逆の反応が返ってきたんです。

「お前ストレート過ぎるだろ!おもしろ!」みたいに。



もうね、混乱ですよ。「え?受け入れられるの?」ってw



でも結局それが小さな成功体験になって、周りの目を気にして自分を抑えることをあまりしなくなり、だいぶ生きやすくなりました



エピソードⅢ:23歳で夢に挑戦

エピソードⅢ:23歳で夢に挑戦


大学もその流れのまま、割とやりたいことをやって来ました。



すると、なんか自分がやりたいことやってる時って、結構上手くいくなって感覚があったんです。



そのイメージを持ったまま就活をして、やりたいと思った営業の内定を掴みとることが出来ました。



夢を追いかけなくて良いのか?

新卒で入社して、同期にも周りにも恵まれて仕事もそこそこ出来るようになってましたが、そこで1つ疑問が生まれます。



「俺、このままでいいのか?」って。



元々、大学時代に『NHKのど自慢大会』っていう歌の大会に友人と出たことがあって、「歌って楽しいな〜」とはずっと思ってたんです。


しかも学生時代から「ウマ!歌手になれんじゃね!?」とか言われて調子乗ってたりもしてて。練乳くらい甘いですねw



結果、新卒で入社して10ヶ月経つ頃、歌手を目指すために会社を辞めました

当時の部長に「え?何言ってんの?」って言われたのを今でも覚えてますw



夢破れる

親もビックリしてましたが、やると決めたらやるのがポリシー。

速攻でボイトレを始めました。同時期に始めたのが10人くらいいたかな?



毎日ボイトレを続けて半年くらい経ったころ、また疑問が1つ湧きます。



「これ、無理じゃね?」って。



半年経つと、同時期に始めた人の中でも差が生まれます。

中には超成長してる人もいて、その人と自分を比べた時にレベルの違いに愕然としました。



結局、「あ、俺センスないかも」って挫折してボイトレ終了。

自分がやりたいことで上手く行かなかった経験をすることになります。



一番好きなことを仕事に

挫折をして落ち込みましたが、仕事はしなきゃなので普通の仕事を探し始めます。



学生時代、アパレル販売員をやってファッションに一番興味があったので、アパレル営業に転職を決意。

ここで絶対成果を出してやろうって思いで頑張りました。



すると、好きなことだったので、仕事自体もやっぱり楽しくて。
(日をまたぐ事も結構あったので、正直ブラックではありましたがw)



そうなると成果も自然とでるんですよね。で、結果的に出世するというパターン

30歳手前で日本人の平均年収を超えることは出来ました。



やりたいことなら結果が出るかわからないけど頑張れるのを実感しましたね。



エピソードⅣ:31歳から未経験業界に転職

エピソードⅣ:31歳から未経験業界に転職


29歳で部下を持って中間管理職として2年くらい経ったある日、また僕の中に疑問が生まれます



「俺、このままでいいのか?」って。



ここまで読んでくれたあなたは思ったでしょう。「またか」と。



ファッションは当時も大好きだったんですが、その時一番の関心は『IT』に変わってて。



当時、ブログ(このブログの前の死んじゃったブログ)を初めて半年くらい経っていたのもあり、どんどんITに興味が湧いて来てました。



そこで、31歳で未経験のIT業界に転職を決意



ちなみに僕は結婚して妻がいるので、さすがに驚いてましたね。

ただ、妻がマジですごいと思うのは「やりたいことやったら?」って言ってくれたこと。



IT営業からも年収100万UPで内定をもらいましたが、僕が1番やりたかったのはWEBマーケティングだったので、粘ってマーケター転職を勝ち取りました。



30歳を超えても自分の行動次第で可能性はあるんだなって実感しましたね。



人生は自分次第でいくらでも変えられる

人生は自分次第でいくらでも変えられる


長々と話して来ましたが、僕は今まで何度も挫折を繰り返しながらも這い上がって来ました



その経験から言えるのは『人生は自分次第で攻略出来る』ってこと。



人生の学び
  • 大変な状況にいたとしても、意識を変えて行動すれば経験値が溜まって、いつかレベルアップ出来る
  • 辛いことに直面すると「もう良い事なんてない」って思う時もあるけど、後から振り返ってみれば単なる『1つのイベントに過ぎない』


だからこそ、みんな自分なりのエンディングを目指して、自分の人生というRPGを攻略していければ良いなと思い、このブログを作りました。



辛いことは生きていれば必ずあります。
甘いことばかり言うつもりはありません。



ただ、1度きりの人生を後悔しないように生きる手助けに、このブログがなれば良いなと思ってます。

おけこ

長々とお付き合い頂きありがとうございました!