MENU
カテゴリー
アーカイブ

【暴露】Webマーケティングは未経験だと厳しい?【30代で転職した僕の本音】

Webマーケティングは未経験だと厳しい?【理由や解決策を現役マーケターが教えます】
悩む男性

Webマーケティング業界は年収も上がりやすいみたいだし、自由な働き方にも魅力を感じてる。

でも「未経験は厳しい」「難しいからやめとけ」と言ってる人もいるから不安もあります…

現状にモヤモヤを抱えてはいても、いざ行動して失敗したらと思うと怖いですよね。


しかし結論、Webマーケティングは未経験だと厳しい面もありますが、挑戦する価値はめちゃくちゃあります。

僕自身、31歳未経験から転職をして、2年経った今ではコンテンツ責任者や面接官をやれているからです。


今回は現役マーケターの僕が、Webマーケティングは未経験だと厳しいと言われる理由や解決策まで徹底解説していきます。

おけこ

最後まで読めば、Webマーケターのキャリアを進めて大丈夫だときっとと思えますよ。


執筆者:おけこ

31歳未経験でWebマーケターに転職。現在はSEO・SNS責任者と面接官を務める。Webマーケティングスクール『Withマーケ』転職講座講師。Twitterのフォロワー数は2800人超。詳しいプロフィールはこちら


未経験からWebマーケターになるにはどうすればいいのかは下記で網羅的に解説してるので合わせてご覧下さい。

タップできる目次

【結論】Webマーケティングは完全未経験だと厳しい!でも可能性はゼロじゃない

【結論】Webマーケティングは完全未経験だと厳しい!でも可能性はゼロじゃない

正直、Webマーケティングは完全未経験から転職したり、副業で稼ぐのは厳しいです。


ちなみに完全未経験とは、知識も経験もゼロのこと。

Webマーケティングの仕事には専門知識やスキルが求められるので、完全未経験だとぶっちゃけ厳しいのは事実ですね。

おけこ

ただ、それは他の仕事でも同じです。

例えば料理の知識も経験もない人が作ったパスタにお金を払う人はいませんよね?


ただ僕自身、30歳まで完全未経験でしたし、未経験からWebマーケターになった人にインタビューも何度もしています。

逆に考えれば、現時点では完全未経験だったとしても、知識や経験を積めば可能性は十分あります

Webマーケティング未経験の転職が厳しい・難しい理由4つ


未経験でWebマーケティング業界に転職をするのは厳しい・難しいと言われる理由は上記4つです。

①:専門性と人間力という2つのスキルが求められる

Webマーケティング転職が未経験だと厳しい理由の1つ目は、求められるスキルのレベルが高いからです。

具体的に言うと「専門性(テクニカルスキル)」と「人間力(ポータブルスキル)」の2つが必要になります。

テクニカルスキル
  • 広告運用
  • SEO対策
  • SNS運用
  • リストマーケ
  • ECサイト運用
ポータブルスキル
  • 論理的思考力
  • プレゼンテーション力
  • コミュニケーション力
  • データ分析スキル
  • 諦めない心、粘り強さ

Webマーケティングは経験者やエンジニア、デザイナー、営業など様々な部署と関わる仕事。

そのため広告運用やSEOなどの専門スキルだけでなく、コミュニケーション力やプレゼンテーション力なども必須です。

おけこ

パソコンと向き合ってるだけでは厳しいですね。

②:業界の注目度が上がり競争率が激しい

2つ目の理由は、Webマーケターへの関心が高まっているため、転職希望者が増えて競争が激しくなってるからです

Twitterを見ていても、Webマーケティング業界に転職したいと言ってる人が増えてるのが体感的にもありますね。


Webマーケティングの求人自体も増えてはいますが、Webマーケターは時代の流れ的にも人気で求職者も増えているので、求人が余っている状況ではありません。

おけこ

良い求人には応募が殺到するので競争率は高いですね。

③:転職に役立つ大きな実績を作るのが難しい

転職が厳しい3つ目の理由は、ブログやSNSをやったとしても大きな実績を作るのは中々難しいからです。

日本アフィリエイト協議会が出してるデータでは、月1万円以上をブログで稼げている人は全体の13.1%しかいません

参照元:日本アフィリエイト協議会

また、Twitterの運用ツールを提供するSocial Dogの記事によると、

日本人のTwitter(ツイッター)ユーザーのフォロワー数の平均値は、426人と言われています。2,000人以上のフォロワー数を抱えているアカウントは全体の10%ほどで、10,000人のフォロワーを持つアカウントは全体の2%ほどしかありません。

参照元:Social Dog

とあるので、ほとんどの人はフォロワー1000人未満ということがわかります。

おけこ

アピールできる実績を作りづらいことも転職が厳しい理由の1つです。

④:入社後にギャップを感じることも多いから

転職が厳しい理由の最後は、入社後に理想と現実のギャップを感じることも多いからです。


Webマーケティングは自由で華やかなイメージを持ってる人も多いですが実際の仕事内容はめちゃくちゃ地味

コツコツ記事を書いたり、広告の文言を細かくテストしたり、データをExcelなどにまとめて分析したりがメインです。


理想と現実のWebマーケターの仕事内容にギャップを感じすぎて、しんどくなってしまう人がいるのも事実ですね。

おけこ

実際に辞める人は多くないですが、大変なことがあるのは覚悟しましょう。


未経験だとWebマーケティングで副業や独立が厳しい・難しい理由2つ



続いて、未経験からWebマーケティングの副業や独立して稼ぐのが厳しい理由3つについてお話していきます。

①:成果が出るまで時間がかかる

WebマーケティングにはSEOやSNSマーケティング、Web広告運用など色々ありますが、どれも1ヶ月や2ヶ月で稼げるほど甘くありません。



例えば、ブログを収益が出るくらいまで育てるのに最低でも半年から1年くらいはかかるし、SNSアカウントも毎日発信をしてコツコツ育てる必要があります。

アルバイトやサラリーマンと違い、知識やスキルがない状態では収益化が難しいのが現実ですね。

おけこ

継続力がないと厳しいですし、短期間で収益化したい人にはそもそも向きません。

②:明確な正解やゴールがない

Webマーケティングの副業で稼ぐのが難しい理由の2つ目は、明確な正解やゴールがないからです。


例えば、「どのジャンルでブログを作ればいいか」「SNSでどんな発信をすればいいか」「いつまで頑張ればいいか」などは人によって様々。

他の人が成功したとしても、自分が同じことをやって上手くいく保証は1ミリもありません。



プログラミングやWebデザインだと「制作物」という明確な基準があるのでわかりやすいですが、Webマーケティングは自由度が高いからこそ難しい面もあります。

おけこ

当たるとデカイですが、試行錯誤を繰り返さないといけないのが大変な部分ではあります。


ただし、未経験だと厳しい面も多いWebマーケティングですが、向いてる人にとっては最高の仕事だったりします。

ここからはどんな人がWebマーケター向きなのか解説していきますね。

Webマーケティングに向いてる人・向いてない人の特徴

向いてる人向いてない人
人の感情や行動に敏感
ロジカルに考えるのが得意
学習意欲が高い・好奇心旺盛
ハマりやすい・オタク気質がある
数字の分析が好き・得意
人から言われたことを鵜呑みにしない
忍耐力・継続力がある
失敗を恐れて行動しない
物事がなかなか続かない
変化を嫌う
人にすぐ答えを聞く
考えないで直感で動く
深堀りして考えられない
ずっと座って仕事ができない

上記はWebマーケティングに向いてる人と向いてない人の特徴です。


ここまでWebマーケティングが未経験だと厳しい理由をお伝えしてきましたが、向いてる人にとっては特に気になりません。

おけこ

僕も「まぁ俺なら大丈夫っしょ」って思ってました笑


もし現時点で適性が低い人でも意識的に努力することで可能性は十分ありますよ。

Webマーケティング業界に未経験転職するのに年齢は関係ある?


「年齢制限とかって実際あるんじゃないの?適性はありそうだったけど年齢的に厳しいかもしれないし…」と不安になる方もいると思います。


結論、年齢によってWebマーケターに未経験転職する難易度が変わるのは事実です。

  1. 20代
  2. 30代、40代以降

大きくこの2つに分けて説明していきますね。

20代は完全未経験でも転職できる可能性アリ

20代前半の場合は、知識・経験ゼロの完全未経験でも転職できる可能性はあります。なぜなら今後のポテンシャルに期待をしてるからです。

一方で、20代中盤以降は完全未経験だと厳しいケースも多くなるので、

など、何かしらの経験を積んでおくのがベターですね。


Webマーケティング会社は若い人が多く、20代中盤以降だと管理職候補になることも多いため、前職での経験+ブログやSNSの経験があると強いです。

30代、40代以降は「前職での経験+Webマーケティングの実践経験」が肝

30代以降はブログやSNSなどWebマーケティング関連の実践経験を積んでいて、前職での経験やスキルが今後に活きるとアピールできるのが大事です。

有利になる経験の例
  • マネジメント経験
  • 営業経験
  • 新規事業の立ち上げ

完全未経験だと若い人を取りたいのが企業側のリアルな意見なので、ブログやSNSなどで経験を積むのはほぼマストです。

さらに、30代以降は管理職として期待されるため、チームマネジメントや数値をしっかり管理して成果を上げた経験が語れると強いですね。


以前インタビューしたきがじゅんさんのように、30代以降でも未経験からWebマーケティング業界に転職した人は普通にいます。

おけこ

しっかり準備をすることで転職成功をつかめますよ。

WEBマーケティング未経験から転職成功を掴むコツ

WEBマーケティング未経験から転職成功を掴むコツ

ここからは未経験からWebマーケティング転職を成功させるためのコツについてお伝えします。

  • リマーケティングの基礎知識を学ぶ
  • 実践経験を出来るだけたくさん積む
  • 業種は同じにして職種のみを変える(場合によって)
  • 転職エージェントや転職サイトなど使える手段は全て使う

マーケティングの基礎知識を学ぶ

Webマーケティングの知識がないと話にならないので、まずは勉強しましょう。

とりあえず独学でもいいので、自分がやりたい分野の本やYouTube動画をいくつか見ましょう



一旦、書籍であれば上記の2冊を読んでおけばいいと思いますよ。

実践経験を出来るだけたくさん積む

学習は正直ほどほどでいいので、実践経験を積むことを最優先にしましょう。

「知ってる」と「できる」は全く違いますし、Webマーケティング業界に転職を考えてるなら「知ってるだけ」に価値はありません。


何もやってない(やってない)

本やYouTubeでインプット(知ってる)

ブログやYouTubeを自分で始める(やってる)

ブログやYouTubeで実績を出す、Webマーケティングスクール卒業(できる)

上記のように、下に行くにつれて転職活動での評価は上がっていきます。


転職活動で評価されるのは(やってる)レベル以上だと思って下さい。

企業は戦力になる人を取りたいので、行動をしてない人はソッコーで落とされる可能性も高いですからね。

ブログをやる場合はWordPressで

ブログをやる場合は、WordPress(ワードプレス)でブログを開設しましょう。年間1万円程度の低コストで出来ます。


WordPressでやる理由は、他のブログプラットフォームではSEO対策をやりづらいから

SEO対策とは、Googleの検索エンジンで自分のサイトを上位に持っていくことです。


WordPressは世界一のブログプラットフォームなので、SEO対策に強いシステムが組まれています。

つまり、WordPressブログで実績を作れば、Webマーケティング転職にも有効に働くということです。


僕はブログで実績を作り、前職の経験と合わせてアピールしたことで、30代の未経験転職を成功させました。


おけこ

どうせやるなら効果的なことをやる方が良いので、WordPressでブログを立ち上げましょう。

Webマーケティングスクールで実務に近い経験を得る

実務に近い経験を積めて、実績として最も効果的にアピールできるのがWebマーケティングスクールです。


Webマーケティングスクールはカリキュラムに沿って学習することで、WebマーケティングのスキルUPを図ります。

実際の業務内容に近いカリキュラムも組まれ、未経験からでも即戦力候補になることができるんです。


また、多くのスクールにはキャリアアドバイザーの転職サポートがついてるし、マケキャンWannabeアカデミーは転職保証もついてます。転職するまで徹底的にサポートをしてくれるんですね。


僕はこれまで複数のWebマーケティングスクール卒業生にインタビューしましたが、全員未経験からWebマーケターへの転職を成功させています。

→Webマーケティングスクール体験談の記事はこちら


また、下記では現役マーケターの僕がおすすめするWebマーケティングスクール5つを紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

業種、職種どちらも変えない

業種と職種をどちらも一気に変えてしまうと、転職の難易度は最も高くなります。

例えば
  • アパレル企業で営業 ⇨ IT企業でWebマーケター

転職の難易度は下記のイメージで把握しておくと良いです。

転職難易度(低):業種も職種も同じ
ex) IT企業でWebマーケター → 別のIT企業でWebマーケター

転職難易度(中):職種が同じで業種が異なる
ex) IT企業でWebマーケター → 美容業界でWebマーケター

転職難易度(中〜高):業種が同じで職種が異なる
ex) IT企業で営業 → IT企業でWebマーケター

転職難易度(高〜鬼):業種も職種も異なる
ex) アパレル企業で営業 → IT企業でWebマーケター


職種チェンジの方が業種チェンジより難易度が高いのは、仕事内容が変わってゼロスタートになるから


前述のように、Webマーケティングの仕事は広告運用やSEOなどです。これは業界が変わっても同じですよね?

しかし職種チェンジの場合は、今までやっていた知識が基本的には使えなくなります。そのため、職種チェンジの方がハードルが高いのです。


とはいえ、僕自身は業種・職種ともに変わりましたし、うちの会社には僕以外にも業種・職種チェンジで入社した人が何人かいます。

事実として可能性はゼロではありませんが、難易度が変わることは覚えておきましょう。

転職エージェントや転職サイトなど使える手段は全て使う

未経験からの転職では求人の母数を増やすのが第一なので、転職エージェントと転職サイトは併用していきましょう。

理由を詳しくお話していきますね。

転職エージェントは情報収集とサポートが強み

特に業界や会社の内情については、転職エージェントを使うことで、担当者から色々な情報を聞き出せるようになります。


書類の添削や面接練習もしてくれるし、企業にはエージェントの推薦状つき応募できるので、使わないのはもったいないです。

下記に僕が使ったオススメの転職エージェント3社を載せておくので参考にしてみて下さい。全て無料で使えます。

リクルートエージェント:売上、転職決定数、求人数、登録者数が業界No.1
ワークポート:サポートがとても手厚く、未経験転職に強い
【マスメディアン】:業界特化型として実績、求人数ともにトップクラス

転職サイトは選択肢を広げる+漏れをなくす

僕が転職サイト併用をオススメするのは、転職エージェントだけだと応募できる求人の幅が狭くなるからです。


転職エージェントは、「現時点での経歴」から求人を集めてきます。

つまり、未経験だと提案される求人がガクッと減るんですよね。


転職サイトを使うことで、エージェントが紹介してくれない企業やエージェントに登録してない企業にも応募できる可能性があります。

僕自身、転職サイトの「リクナビNEXT」で今の会社を見つけましたしね。


下記も僕が実際に使った全て無料で使えるオススメの転職サイトなので参考にしてみて下さい。

リクナビNEXT :求人数No.1でツール豊富
MIIDAS(ミイダス) :届くオファーが全て面接確約
ビズリーチ:年収500万以上のハイクラスに強い


また、下記に転職エージェントや転職サイトについての詳しい内容を書いてるので、ぜひ合わせてご覧下さい。

僕が30代未経験からWEBマーケターになるまでにやってきたこと

僕が30代未経験からWEBマーケターになるまでにやってきたこと

ここからは僕が30代で未経験転職を掴むためにやったことを少しお伝えしていきます。1つの具体例として参考にしてください。


  • YouTube動画を見まくる
  • Twitterを始める
  • ブログを始める
  • 在職中から転職活動を開始

①:YouTubeでWEBマーケ関連の動画を見まくる

まずはYouTubeでWebマーケティング関連の動画を見まくりました。


特にブロガーでもあるマナブさんの動画は毎日欠かさずチェックしてましたね。


マナブさん以外にも

  • イケハヤさん
  • やまもとりゅうけんさん
  • 個人で稼ぐ道-ショウ-さん

などマーケティング関連の人の動画はかなり見たと思います。


動画のメリットはテキストよりもイメージが湧きやすいところなので、基礎知識を理解する目的なら効果的ですよ。

②:Twitterを始める

まだWebマーケティング転職することを決めてはいない時期でしたが、個人で影響力を高めたいと思いTwitterを始めました。


どうせやるなら本気で結果を出そうと思ってフルコミット。

1日中スキマ時間があればTwitterを触り、2ヶ月で2000人以上のフォロワーさんと繋がることができました >>おけこのTwitterアカウント


ただ作業量をこなすだけでは意味がないので、どんなツイートをすれば反応が良いかなどをアナリティクスを見ながら検証してましたね。

Twitter分析シートを自作して運用

データを見て分析と改善をした経験は、Webマーケティングの仕事でも確実に役立ってます。

③:ブログを始める

Twitterはフォロワー2000人が開始当初の目的だったので、達成してからはブログにフルコミット。


1つ目のブログは半年くらい月1000円しか稼げずマジで心が折れそうでしたが、試行錯誤の末、なんとか8ヶ月目に月3万円を突破しました。


ただ結果が出ない間もライティングスキルやSEOの知識がついてきてたので、日々スキルが向上してる感じはありましたね。

Webマーケ会社の面接でもブログの実績をアピールできて内定を獲得できたので、本当にやっててよかったと思います。


ちなみに、もしブログをやるならワードプレス一択です。


ワードプレスは世界No.1のCMS(ブログサービス)ですし、”アメブロ”や”はてなブログ”と違い、勉強しないとアクセスを集めることができません。

つまり、ワードプレスがある程度扱えるということは、面接などでのアピール材料にもなるんですよね。


しかも副業としてお金を稼ぎながら出来るので、ぜひ早めに始めてみるのをオススメします。

④:在職中から転職活動を開始

転職活動は前職で働いてる間からスキマ時間を見つけてやっていきました。

もしこれから転職活動を始める方は絶対に辞める前からスタートするのをおすすめします。


なぜなら、在職中にやることで収入が途切れる心配が無くなるので、じっくりと企業選定をすることができるからです。


勢いで辞めてしまい、転職先が中々決まらず焦った結果、ブラック企業に入ってしまうのは転職失敗の大きな要因。

後ほど転職に使う手段は詳しくお伝えしますが、転職活動は必ず余裕を持って行いましょう。

Webマーケティングは未経験だと厳しいが無理ではない!経験や実績を積んで成功率を上げよう


今回はWebマーケティングは未経験だと厳しいのかどうかについて解説しました。

まとめ
  • Webマーケティングは完全未経験だと厳しい
  • 知識と経験を積めば転職や副業で稼ぐのも可能
  • 転職活動は早めに行い、使える手段は全て使って内定を掴む

Webマーケティングは未経験だと難しいと思われがちですが、自分で考えて努力できる人なら全然いけます。

この記事を読んでるあなたは、他の人より間違いなく行動力があると思うので、今回の内容を復習して内定を掴んで下さい。


今回紹介した転職成功のコツは下記に載せておきますね。

*クリックすると各見出しにジャンプできます


シェアして頂けると泣いて喜びます!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次