最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

WEBマーケティングの将来性【31歳で未経験転職した僕が語る】

WEBマーケティングの将来性【31歳で未経験転職した僕が語る】

WEBマーケティングをやってると本当の安定が手に入りますよ!



悩む男性

WEBマーケティングって将来性あるのかな?興味はあるんだけど自分にメリットがあるのか知りたいな。

未経験から学ぶにはどんな方法があるか経験者視点で教えて欲しい!


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。


僕自身、独学で勉強をしたのちに31歳で未経験転職をしましたが、控えめに言って大正解でした。



この記事を読むと分かること
  • WEBマーケティングの将来性【業界編】
  • WEBマーケティングの将来性【個人のキャリア編】
  • 未経験からWEBマーケティングを学ぶ方法


本記事の信頼性

おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


WEBマーケティングやってみたいけど将来性が本当にあるのか、自分にとってメリットがあるのか知りたいって人は多いはず。



結論から言って、将来性バツグンです!



とはいえ、業界や仕事について正しい知識を持っていないと、いくら将来性があるといってもメリットを活かせないことも。


そこで今回はWEBマーケティングの将来性を複数の視点から徹底解説していきます。


おけこ

自分がこれから何をすべきか明確になるので是非最後までご覧下さい!

WEBマーケティングは将来性がある理由【業界編】

WEBマーケティングは将来性がある理由【業界編】

WEBマーケティングとはざっくり言うとWEBサイトやECなどを使い、インターネット上で集客や販売をすること。



冒頭でも言ったように将来性はバツグンでして、昨今、注目度が増しています。

理由はこれからも確実にニーズが増え続けるからです。



例えば、今回のコロナウイルスの影響で物理的にオフラインの販売が厳しくなりましたよね?

オフラインのみの企業が壊滅的な売上DOWNを味わう中、WEBマーケティングを活用する企業はそこまで打撃を受けませんでした。



そんな可能性に溢れたWEBマーケティング。

まずは業界的な側面から将来性を見ていきましょう。

  • インターネット広告の市場規模拡大
  • ニーズがあるけど人材は少ない


インターネット広告の市場規模拡大

1つ目はインターネット広告市場が伸び続けていることです。


上記はネット広告の市場規模を示した図ですが、今後も伸び続けることが一目でわかると思います。



ネット広告は一般的なテレビ広告などと比べて費用対効果が高く企業が積極的に導入し始めてるので、益々拡大していくでしょう。


2019年にテレビ広告の市場規模をついに超えた

僕も昔はテレビっ子だったので、2019年にネット広告がテレビ広告の流通総額を超えたと知った時は衝撃でした。


  • インターネット広告:21,048億円
  • テレビ広告:18,612億円


ちなみにあの電通が発表しているので、データの信頼性は高いです。

インターネット広告費が、6年連続2桁成長でテレビメディア広告費を超え、初めて2挑戦超え

参照元:『2019年 日本の広告費』電通

とはいえ、広告費の総額はあまり変わっていない

インターネット広告が伸びてることは分かったと思いますが、広告市場全体でみると流通総額は横ばいです。

年度広告費総額( 単位:億 )
2005年68,235
2006年69,399
2007年70,191
2008年66,926
2009年59,222
2010年58,427
2011年57,096
2012年58,913
2013年59,762
2014年61,522
2015年61,710
2016年62,880
2017年63,907
2018年65,300
2019年69,381
参照元:『2019年 日本の広告費』電通


上記の推移を見ても、2007年の最高額を超えてないことがわかりますね。


おけこ

つまり単純にテレビからネットに市場が移ってるイメージ。

実際、若い人はテレビからYouTubeに移行してるので、納得の結果ですね。

ニーズがあるけど人材は少ない


PR TIMESが出してるデータにもあるように、マーケティング部門の人材が足りてない会社は多いです。

マーケティング人材の不足
参照元:PR TIMES


しかし前述したように、市場規模が拡大していてニーズは多いので、感度の高い人を中心に転職が増えています。

そうなると今後も優秀な人材がどんどんWEBマーケ業界に入ってくることが予想されますよね?



人材が揃えば業界全体が活性化&市場規模が更に伸びることが考えられ、WEBマーケターの価値も比例して上がっていくでしょう。


AIが進化しても仕事は完全には無くならない

「AIが進化するとWEBマーケターの仕事がなくなるんじゃないか?」っていう意見もありますが、10年20年でなくなることは考えにくいと思っています。

なぜなら、Google広告の自動入札など、AIを使った仕組みの精度がまだ粗いからです。


おけこ

僕自身、本業でリスティング広告を担当してますが、AIに任せて自動化すると一気にパフォーマンスが悪くなる時があります。

AIでの自動化は大量のデータを保有していないと上手く機能しないので、大企業では使えても中小企業はまだ無理。

結果的に、しばらくはWEBマーケター頼みの企業が多いと思いますね。



WEBマーケティングは将来性がある理由【個人のキャリア編】

WEBマーケティングは将来性がある理由【個人のキャリア編】

ここまで業界全体視点で見てきましたが、ここからは個人のキャリアという視点で見ていきましょう。



結論、個人としてもWEBマーケティングは可能性がありまして理由は下記です。

  • 汎用性の高いスキルが身につく
  • 副業で個人でも稼げるようになる


汎用性の高いスキルが身につく

WEBマーケティングスキルは汎用性が高く、どんな時代や環境でも適応可能です。

なぜなら、業界や商品に関係なく使うことができるから。



終身雇用が終わり、ジョブ型雇用が始まってきてるので、スキルがあることは自分の市場価値を高められることと同義です。

ジョブ型雇用のザックリ説明
持っているスキルに対して給料を支払う仕組み


年功序列のように年数が経たないと給料が上がらないのではなく、若くてもスキルがある人材には相応の対価を支払う感じですね。


おけこ

ぶっちゃけスキルさえあれば、会社がなくなってもすぐに転職できるし、自分で事業をやることすら可能。

ガンガン行動できる人には良い時代ですよね!

副業で個人でも稼げるようになる

WEBマーケターは平均年収で見ると一般的、もしくはちょいプラスくらいです。

webマーケティングの平均年収データ
参照元:転職会議

>> 関連記事:【徹底分析】WEBマーケティング業界の年収と収入UPの方法



しかし、WEBマーケティングスキルを活かすと副業でも稼ぐことができるので、トータルで年収を上げることが可能


これからは会社も安定ではないので、自分で稼げる力があるかどうかは超重要です。

本業が副業で活きるのは確実にプラスになりますよ。


おけこ

僕自身、本業の月収は40万弱くらいですが、ブログで月5万円以上稼げてます!

WEBマーケターとエンジニアはどちらが将来性高い?

WEBマーケターとエンジニアはどちらが将来性高い?

「マーケターとエンジニア、どっちが良いの?」って聞かれることがたまにありますが、ぶっちゃけ未来を予測することはできないので分かりません。



ただ、どちらも他の職種と比較して圧倒的に将来性があるとは言えるでしょう。

理由は下記です。

  • インターネット業界の成長
  • マーケター・エンジニアの不足


50年後とかはさすがに分かりませんが、少なくとも10年20年くらいはニーズがあるはずなので、その間にスキルを身につけておくのがベストですね。


おけこ

ちなみにマーケターもプログラミングを勉強する人が多いし、逆も然り。

スキルの幅が広がることで更に市場価値の高い人材になれますよ。

>> 関連記事:WEBマーケティングに使えるプログラミング【現役マーケター直伝】


WEBマーケティングスキルを伸ばせる会社を選ぶ基準

WEBマーケティングの会社を選ぶ基準

好みにもよりますが、WEBマーケティングを本格的に学びたいならマーケティング主体の会社を選ぶのがベター

なぜなら、営業主体の会社だとWEBマーケティングを深く学べない可能性があるからです。



WEBマーケティング会社は大きく『広告代理店』と『自社メディア運営の事業会社』に分かれさらに営業主体かマーケ主体かで細分化していきます。


おけこ

営業の人数が多い会社に入ってもWEBマーケティングをあまり学べない場合も。

なので、求人票を見て営業はしっかりチェックすると良いですよ!

>> 関連記事:WEBマーケティング会社のおすすめ解説【転職希望者向け】


WEBマーケティングを未経験から学ぶ方法は2つ

WEBマーケティングを未経験から学ぶ方法は2つ

では最後にWEBマーケティングに可能性を感じた人に向けて、未経験からの勉強法をお伝えします。

『20代前半〜中盤向け』『20代後半以降向け』の2パターンで解説していきますね〜!



今すぐ入社・転職する【20代前半〜中盤向け】

20代中盤までの場合はいくらでも可能性があるので飛び込めばOKです。

独学や副業は入社してからでも出来るので、若さと時間をムダにしないようにしましょう。

>> 関連記事:未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】



ただ、もし時間とエネルギーに余裕があるなら、ブログを同時並行で始めておくのもおすすめです。

「こいつ、自走できそうだし成長しそうだな」って思われる可能性が高まりますよ。


おけこ

ブログの解説は後述します!

独学で勉強してから転職する【20代後半以降向け】

27〜28歳くらい以降になったら独学をしておく方が良いですね。

独学方法の種類
  • ブログ
  • YouTube


なぜなら、シンプルに完全未経験だと採用されづらいからです。



  • まだ何も経験がなくどんどん吸収していく若手
  • 多少なりとも経験を積んで扱い方に気を使う中堅

どちらが採用されやすいかイメージつきますよね?



結論、同じ未経験って条件だけだと若手に負けるので、少しでもリードするために独学で勉強しておくのがベターですよ。

>> 関連記事:WEBマーケティングの独学勉強法4選【3つの手順も徹底解説】


WEBマーケティングを総合的に学べるブログがおすすめ

若手向けでもお伝えしましたが、独学勉強法はブログが最もおすすめ。

なぜなら、WEBマーケティングを広く実践的に学べるからです。


おけこ

僕の30代未経験転職にも、半年くらいのブログ経験が間違いなく活きました。

転職活動で有利なだけでなく、会社に入ってからも即戦力に近い働きが出来ますよ!

ちなみにもしブログをやるならWordPressでやりましょう。理由は下記の通り。

  • 採用担当者からの評価が高い
  • 広告が自由に置けて収益化しやすい
  • デザインなどカスタマイズの幅が広い
  • HTMLやCSSなど簡単なプログラミング言語も学べる

ワードプレスでやってるっていうと、なぜか面接でのウケがいいし、収益化面でも他と比較にならないので、ぶっちゃけ一択ですね!

>> 関連記事:【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】

【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】

独学が厳しいor早く転職したいならオンラインスクールもあり

もし独学は厳しかったり、少しでも早く転職したいならオンラインスクールを使うのもありですよ。

なぜなら、強制的に短期間でコミットせざるを得ない環境を作れるから



業界は違いますが、ライザップがあれだけ急成長したのは、一人だと続かないという悩みを解決出来たからです。


おけこ

時間をお金で買う感覚ですね。

転職出来ちゃえばすぐに元は取れるので、成長をブーストさせたい場合はアリだと思いますよ〜!

>> 関連記事:【超初心者向け】WEBマーケティングのオンラインスクール3選


WEBマーケティングの将来性【31歳で未経験転職した僕が語る】:まとめ

WEBマーケティングの将来性【31歳で未経験転職した僕が語る】:まとめ


今回はWEBマーケティングの将来性についてお伝えしました。


今回のまとめ
  • WEBマーケティング業界は伸びて続けている
  • WEBマーケティングを使うと個人の市場価値が上がる
  • 年代によって最適な勉強法をチョイスしよう

WEBマーケティングは他業種や職種と比べても圧倒的に将来性のある仕事です。

スキルが身につくので真の安定に近づきますよ。



ぜひ興味があるのなら挑戦してみてくださいね。


以上、WEBマーケティングの将来性【31歳で未経験転職した僕が語る】でした!


未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】 未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】 WEBマーケティングの独学勉強法4選【3つの手順も徹底解説】 【無料あり】WEBマーケティング独学勉強法【現役マーケター伝授】 【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】 【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】 【超初心者向け】WEBマーケティングのオンラインスクール3選 WEBマーケティングスクールおすすめ比較3選【現役の僕が厳選】


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が良いと思ったら、ぜひ拡散して同じ悩みを抱えてる人を救ってあげてください!
>>感想をツイートして同じ悩みを持ってる人を救う

理解できない場合やもっと実戦で使えるようにしたい人はココナラでブログコンサルもやってます。
本質から具体的なアドバイスまでしっかり教えますよ!

>> おけこのココナラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です