MENU
カテゴリー
アーカイブ

会社に依存しない生き方は誰でも可能【社畜脱出の方法3つ】

誰でもいつからでも行動次第で変われますよ


悩む男性
会社に依存しない自由な生き方がしたい。

でも起業なんてムリだし、自分には社畜としての人生しか残ってないのかな。
悩む男性

会社に依存しない自由な生き方がしたい。

でも起業なんてムリだし、自分には社畜としての人生しか残ってないのかな。



こんにちは、おけこです。

本業でWebマーケターをやり、副業の当ブログでは月6桁を稼いでいます。


30歳でブログ開始、31歳でIT転職、今は本業+副業で収入UP実行中です。

年齢に関係なく挑戦をすることで会社への依存度を減らすことはできますよ。



この記事を読むと分かること
  • 会社に依存しない生き方の定義
  • 社畜状態で働いた先の末路
  • 会社に依存してる人の特徴
  • 社畜を脱出する方法3つ

本記事の信頼性



会社に依存しない生き方をしたいけど、秀でたスキルもないし、同じルーティーンの業務をなんとなく過ごす毎日。

でもこのままだとヤバイという漠然とした不安は抱えている、なんて人は多いはず。



終身雇用の時代であれば、1つの会社に定年までいれば良かったので特に問題はありませんでした。

ただし、現代においては今の会社が存続する保証なんて全くありません。サラリーマンであっても、自分の身は自分で守るしかないんです。


しかし、行動さえ出来れば年齢は関係なく、会社依存を脱却して人生を充実させることが可能になります。


そこで本記事では、社畜を脱出し、会社に依存しない生き方を手に入れる方法をお伝えします。


おけこ

今からでも遅いなんてことはありません。

気づいた時がタイミングですよ!


もくじ

会社に依存しない生き方の定義

会社に依存しない生き方の定義

本記事では、会社に依存しない生き方の定義を下記に設定しました。

会社からの影響を受けることが少ない状態


例えば、会社のボーナス次第で生活レベルが変わってしまうようだと、依存度が高いという判断になります。


「3ヶ月分でれば栄養バランスの良い食生活になる。1ヶ月分だと食事がもやし」

極論ですが、こんな感じだと会社に自分の生活を握られてますよね。



逆にボーナスが出る出ないに関わらず生活レベルは変わらない、出たらラッキーくらいな感じであれば依存度は低いと言えます。


おけこ

会社に左右されなくなると、心の安定度が増しますよね。


会社に依存している社畜状態に待ち受ける末路

会社に依存している社畜状態に待ち受ける末路

会社に依存する社畜状態だとシンプルに未来が暗いです。

  • 収入が増えず余裕がない暮らし
  • リストラの恐怖に怯える40代以上
  • 尽くした会社が倒産し露頭に迷う


収入が増えず余裕がない暮らし

サラリーマンなら9割以上が実感してると思いますが、会社の業績が良くなったところで収入に反映される部分は少ないです。

あなたが年間1億円の利益を生み出す営業マンでも、年収は500万円ほどなんてザラですよね。



いくら馬車馬のように働いても、思ったほどのリターンが得られず消耗することの方が大半です。

もちろん収入が全てではないですが、いつになっても余裕が出ないと厳しいですよね。



リストラの恐怖に怯える40代以上

終身雇用が完全に崩壊し、大企業でもリストラをバンバンしている昨今の経済状況。


2020年11月JTB6,500人の削減と年収平均3割カットを発表
2020年11月近畿日本ツーリスト7,000人の3分の1を削減
2020年11月青山商事400人の希望退職募集を発表
2020年10月LIXIL40歳以上1,200人の早期退職を募集
2020年10月日立金属グループの1割にあたる3,200人を削減
2020年10月コカ・コーラBJH900名削減で2年連続の大規模リストラ
2020年9月東芝子会社の人員整理で770名削減
2020年8月武田薬品工業30歳以上を対象に希望退職を募集
2020年6月レオパレス21業績悪化で1000人規模の希望退職募集を検討
2020年5月三井住友FG本部人員の3割を削減
2020年4月三菱UFJ銀行 従業員の2割にあたる8,000人を削減
報道・発表をベースに作成

今まで入社すれば安泰だと言われた大企業も、現代では中小企業と同じくリスクがあります。

スキルや実績のない40代以上がリストラになった場合、転職活動も厳しいのが現実ですね。



尽くした会社が倒産し露頭に迷う

ひたすら尽くした会社が倒産する事もあります。



東京商工リサーチの調査によると企業の平均寿命は23.7年とのことなので、ずっと存続する方が稀。

一方で人生100年時代と言われるように、人間の寿命は伸び続けており、仕事をする期間は40〜60年くらい。


つまりいつでも大丈夫なように転職の準備を準備することは、自分の身を守るために必須というわけです。


会社に依存してる状態だと、転職での市場価値が低くなり、大幅な年収低下や内定がなかなか獲得できないといった状況が予測されますね。



【注意】会社に依存してる人・社畜の特徴

【注意】会社に依存してる人・社畜の特徴

会社に依存している社畜状態の人の特徴をお伝えします。

  • 毎日残業が当たり前
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 行きたくない飲み会に毎回参加
  • 飲み会では上司や得意先のグチばかり
  • 休日は特に何もせずにダラダラ過ごす
  • 月曜が近づくにつれて憂鬱になってくる


自分がやりたい仕事や成長を感じられる仕事であれば、残業をしてでも頑張る価値はあります。

しかしルーティーン作業になっていたり、つまらないと毎日感じながらやる仕事だと、吸収速度も下がり時間がもったいないです。



挙げ句、上司のグチばかりの飲み会やダラダラNetflixを見て終わる週末の繰り返しになってしまいます。


おけこ

昔の僕も飲み会でグチを言ってしまうことはありました。

ただぶっちゃけ生産性ゼロなので、気づいた瞬間に改善すべきだと思いますよ。


会社に依存しない生き方を実現し、社畜を脱出する方法

会社に依存しない生き方を実現し、社畜を脱出する方法

前述の特徴に当てはまっていても大丈夫。

誰でもいつからでも、行動さえできれば会社に依存しない生き方は実現できます。


結論、方法は3つです。

  1. 自己研鑽をする
  2. 副業で収入源を増やす
  3. 将来性のある会社に転職をする


方法①:自己研鑽をする

1つ目は自己研鑽です。


  • 読書
  • セミナー
  • スクールに通う

など自分のスキルや知識を高めることに時間を使いましょう。


知識がつけば、今までと違った視点で物事を見ることができます。
スキルが身につけば、新しい分野の挑戦をすることができます。


読書とスキル習得がおすすめ

僕がおすすめするのは読書とスキル習得ですね。


読書は1000〜2000円くらいで成功者のマインドや失敗体験を学べるコスパ最強の勉強法。

またプログラミングやWebマーケティングのスキルを身につければ、転職や副業の選択肢が広がります。



ぶっちゃけ自分が気になる分野なら何でも良いので、少しずつ勉強してみるといいですよ。



方法②:副業で収入源を増やす

2つ目は副業です。

シンプルに収入源が増えるので、会社への依存度を下げることができます。


  • ブログアフィリエイト
  • せどり・物販
  • ポイントサイト
  • プログラミング
  • Webデザイン
  • Webライティング

など様々な種類があるので、興味があるものが既にあれば、そこからやってみるのがおすすめです。


クラウドワークス に無料登録すれば、様々な種類の副業に応募することができますよ。


最もおすすめするのはブログ副業

数ある副業の中でも一番おすすめなのはブログですね。

正確に言うと、アフィリエイトと言って、自分のブログ内に貼った広告から申し込みが入った際のキックバックで稼ぐことが多いです。

ex ) ブログ内で商品Aが売れる ⇨ 1件あたり3,000円の広告収入が入る



更にブログがおすすめな理由は収益化だけでなく、多くのスキルが身につくからです。

  • 心理学
  • SEOの知識
  • ライティングスキル
  • Webマーケティングスキル
  • 多少のコーディングスキル


僕自身、ブログで月3万円を稼ぐことが出来たのもあって、31歳からWebマーケティング業界に転職することが出来ました。


稼げるようになれば余裕ができて心の安定にも繋がりますし、スキルが身につけば転職の選択肢も増えます。

結果、会社への依存度はガクッと下がりますよ。


おけこ

ブログをやるならワードプレスがおすすめです。

月1000円程度の維持費で出来るので、コスパ最高ですよ。


ワードプレスでブログを始める手順は WordPress(ワードプレス)ブログ始め方図解【小学生でも出来る】で解説してるのでぜひご覧下さい。



方法③:将来性のある会社に転職をする

3つ目は伸びてる業界や会社に転職をすることです。

今だとIT業界がダントツでおすすめですね。



伸びてる業界や会社に入ると同じ作業量でも成果が出るようになります。

市場規模が拡大してるので、パイの奪い合いにならないからです。


成果が出れば会社の業績が伸びますし、業績が伸びれば当然ながら年収へのリターンも期待できます。


僕自身、前職はアパレル業界で営業をしてましたが、年々売上を上げるのが厳しくなってきてました。

ぶっちゃけ日本はユニクロ一強なので相当キツかったですね。


厳しい業界にいる人ほど転職でのポテンシャルが高い

アパレルからWebマーケティング業界に転職して思ったのは、今までと同じくらいの仕事量でも成果を出せること。

というのも、僕は広告運用に関して完全未経験でしたが、粗利昨対比150%以上を達成できたんです。


今まで厳しい業界にいた人は、膨大な仕事量を効率的にこなせる力があるので、かなり活躍できる可能性が高いと思います!



Webマーケティング業界は将来性抜群

ちなみに僕が転職したWebマーケティング業界は可能性がありまくりです。

  • 業界が伸び続ける
  • 市場価値の高いスキルが身につく
  • 本業の経験を生かして副業でも稼げる

ネット広告市場は右肩上がりなので、今後も間違いなく成長していく業界の1つですね。

スキルが身につけば、僕のようにブログ副業で稼ぐこともできるし、転職で更にキャリアUPしていくこともできますよ。


興味が湧いた人はWEBマーケティング会社への転職は最高【仕事内容や選び方解説】で詳しく解説してるので是非ご覧下さい!



会社に依存しない生き方は誰でも可能【社畜脱出の方法3つ】:まとめ

会社に依存しない生き方は誰でも可能【社畜脱出の方法3つ】:まとめ

今回は会社に依存しないで社畜を脱出する生き方についてお伝えしました。


まとめ
  • 会社に依存しない生き方とは、影響を受けても安定している状態
  • 不安定な現代において、依存した社畜状態はキケン
  • 解決策は自己研鑽、副業、転職の3つ

サラリーマンでも、会社に依存しない生き方を手に入れると人生の自由度が増します。


不安定な現代において企業に安定を求めることはできません。

しかし、伸びてる会社に転職したり、副業で月5万円稼げれば、不安やリスクを軽減できますよ。


会社への依存度を下げてコントロールできる範囲を増やして行きましょう。

ブログの始め方とWebマーケティング業界の魅力については下記に載せてるので、ぜひ合わせてご覧下さい。


以上、会社に依存しない生き方は誰でも可能【社畜脱出の方法3つ】でした!



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる