MENU
カテゴリー
アーカイブ

Webマーケティング会社の選び方や判断基準5つ【おすすめしない会社も暴露】

Webマーケティング会社の選び方や判断基準5つ【おすすめしない会社も暴露】
悩む男性

Webマーケティングの会社への転職を考えてるんだけど、選び方とか基準とかあるのかな?

失敗したくないから詳しく教えて欲しいです。



こんにちは、おけこです。

31歳でアパレル業界からWebマーケティング会社に未経験転職しました。約2年経ち、今ではSEOチームの責任者をしています。


今回はWebマーケティングの会社に転職を考えてる方のために、「失敗しない企業選びのコツ」をお話していきます。



この記事を読むと分かること
  • Webマーケティング会社の種類
  • WEBマーケティング会社の選び方や判断基準
  • 実際の求人イメージを紹介
  • 選んではいけないWebマーケティング会社

本記事の信頼性

おけこのTwitter


Webマーケティングの注目度は上がり続けており、未経験から転職を考える人も増えています。


僕もアパレル営業として7年ほど働きましたが、将来性を考えてWebマーケティング会社に転職しました。

31歳未経験という厳しい状況ではありましたが、あの時の決断は正しかったと自信を持って言えます。


今回は別業種から30代で未経験転職した僕が、失敗しないWebマーケティング会社の選び方をお伝えしていきます。

おけこ

転職はゴールではなくスタートです。

理想のキャリアパスを築くために、しっかり企業選びのコツを理解していきましょう。

もくじ

Webマーケティング会社の種類は大きく2種類

Webマーケティング会社の種類は大きく2種類

自分に合うWebマーケティング会社の選び方をお伝えする前に、まずは会社の種類についてお話しておきます。


結論、Webマーケティング会社の種類は大きく分けて2つあります。

  1. 事業会社:自社商品やサービスがある会社
  2. 支援会社:他社の案件を受託して運用代行する会社

事業会社

1つ目は事業会社です。

事業会社の中には「EC(E-commerce)運営」と「Webメディア運営」をしている企業が存在します。


EC運営とは簡単に言えば通販サイトで、インターネット上でリアルな商品を扱っています。Amazonが分かりやすいですね。

一方、Webメディア運営とはリアルな商品はなく、ブログやSNSなどのWebメディアを運営して、広告費や手数料で収益を得てる会社を指します。


事業会社は自社の商品やサービスを扱うので、自由度がある程度高いのが特徴です。

主体的にPDCAをグルグルと回していける人が向いてますね。

事業会社がおすすめな人
  • 会社の商品やサービス愛が強い
  • 色々なマーケティングに関わりたい
  • 将来的には経営などにも関わりたい

支援会社

2つ目は支援会社です。Web広告代理店やSEO支援会社のことですね。


Webマーケティングはほぼ全ての業界や会社で必要となっていますが、社内にWebマーケティングをやれる部署や人材がいない企業も多いです。

支援会社はそのような企業から案件を受託し、広告やメディアの運用代行をしていきます。


支援会社は様々な企業の案件を受けるので、専門スキルを伸ばしやすい傾向があります。

例えば、10社のリスティング広告の運用担当をすれば、リスティング広告を使って様々な状況で成果を出せるようになりますよね?


1つのスキルを磨いて独立する人が多いのも支援会社のWebマーケターの特徴ですね。

支援会社がおすすめな人
  • 1つのスキルを極めたい
  • 将来は独立を考えている
  • 案件受注のやり方を知りたい

会社の選び方・判断基準【未経験転職したい場合のおすすめは?】

会社の選び方・判断基準【未経験転職したい場合のおすすめは?】

Webマーケティング会社の選び方は下記5つを参考にするのがおすすめです。

  1. 業務
  2. 業種
  3. 年収
  4. キャリアパス
  5. 企業規模・従業員数

1:業務内容

Webマーケティングという職種は同じでも、業務内容は会社によっても異なります

  • SEO
  • SNS
  • 広告運用
  • ECサイト運営
  • メールマーケティング

など、どの分野の仕事をしたいのかで会社を選ぶ必要があります。


事業会社の場合、上記のWebマーケティングを全般的に行うことも多いです。僕自身、入社してからEC運営以外は全てやりました。

ただ、最初の1年半は広告運用やメールマーケティング、それ以降はSEOやSNSという感じで、時期によって業務内容が変わっています。


逆に支援会社の場合、狭い分野を重点的に行うことが一般的です。

例えばリスティング広告の担当として、受託された複数の会社の案件を扱うというイメージ。


自分がやりたいWebマーケティングの分野を元に、会社を選ぶのが1つ目の判断基準です。

2:業種

2つ目は業種です。業種とは業界のことだと思ってもらえば大丈夫ですよ。


現在Webマーケティングは、飲食業界でも美容業界でもファッション業界でも公的機関でも様々な業界で使われています。

その中で、自分がどの業種のWebマーケターとして働きたいかが、2つ目の判断基準。


例えば僕が今勤めている会社は、いわゆる一括査定サイトを運営しています。

実際の商品を持たないで、Webメディアを運営してるので、IT業界に位置しています。


例えばコカコーラが猛烈に好きなら、コカコーラのWebマーケティング部に入るとかもアリです。

転職できるかどうかは置いておいて、自分が興味ある業種だとモチベーションも上がりやすいですからね。

3:年収

入社後の年収も会社選びの判断基準にはなります。

ただ、年収レンジを厳しく設定しすぎるのは、未経験転職の場合オススメしないです。


なぜなら、職種未経験から転職をする場合、年収ダウンは高確率で起こるから。

僕自身、50万円ほど年収ダウンしましたし、数ヶ月前に入社した人は150万円下がったと言ってました。


「え?年収下がるの嫌なんだけど…」と思う気持ちは痛いほど分かりますが、大事なのは長期視点でキャリアを考えることです。


例えば僕は入社した時は年収50万円下がりましたが、その後マネージャーに昇進して150万円ほど年収UPしました。

前職時代と比べても、2年弱で100万円UPしています。


Webマーケティングはスキルが身につけば、会社での昇進できるのもそうですが、副業でも稼げます。

一時的な年収ダウンを許容できると、未経験でも良い会社に転職できる確率は上がりますよ。

4:キャリアパス

転職をする目的から逆算して、Webマーケティング会社を選ぶイメージです。

例えば
  • 将来的には広告運用の案件を受注して、フリーランスとして独立したい

  • 支援会社(広告代理店)に入社して、広告運用の知識と経験を積む

みたいな感じですね。


入社前にキャリアパスを明確に持ってる人は少ないかもしれませんが、理想がイメージできてるならアリです。

Webマーケティングのキャリアパス5つ【注意点や転職成功のコツも合わせて解説】で、キャリアパスについて詳しく説明してるので合わせてご覧下さい。

5:企業規模・従業員数

会社の規模や従業員数を判断基準にするのもアリです。


あまりに大きすぎると自分が担当できる業務範囲が狭くなり、限定的な経験しか積めない可能性があります。

逆に少なすぎると、担当範囲が広くなって雑務もこなさないといけなくなるでしょう。


ここからは従業員数を4パターンに分けて解説していきます。

創業期:10人以下くらい

メリットデメリット
色々な業務を担当できる
社長との距離が近い
幹部になりやすい
制度が整っていない
会社が成長しないリスク
ハードワークになりがち

まだ会社が出来たばかりで人数が少ない創業期は、自分が担当する業務の範囲が広くなります。

人が少ないので必然的に業務量が増えますし、いくら働いても会社が成長しないリスクもあります。安定は全くない状況でしょう。


しかし一方、色々な業務をこなせるので仕事の幅が広がりますし、社長に直接指導を受けられるのも創業期の特徴。

また、ストックオプション(自社株)を貰える可能性もあり、会社が上場すると大きなリターンを得られる可能性もあります。

成長期:10〜30人くらい

メリットデメリット
業務の幅が広い
優秀な仲間がいる
幹部になりやすい
制度が整っていない
社員が定着しづらい
会社の方針がコロコロ変わる

創業期を乗り越えて少し会社が大きくなった成長期は、いわゆるベンチャー企業と言われる時期です。

メリットとしては、創業期同様に業務の幅が広くて色々な知識をつけられる点や優秀な人材が周りにいる点ですね。


逆に、ベンチャー企業に入りたいという人が増える一方で、制度設計がまだしっかりしてないので退職者も増えがち。

特に、前職が割と大きめの会社にいた人はギャップを感じやすい時期ですね。


上昇志向を持って主体的に動ける人にはオススメの時期です。

拡大期:30〜50人くらい

メリットデメリット
制度が整ってくる
業績が安定してくる
業務が細分化してくる
経営層との距離が遠くなる

社員数が30人以上くらいになると、社内制度も整ってきて会社っぽくなってきます。業績も安定してきます。

人事部や営業部など、業務が明確に分かれてくるのもこれくらいの時期ですね。


一方で社員数が増えるため、社長や経営層とメンバーとの距離は遠くなります。

「社長の考えてることが分からない」という不満が社員から出てくるようになるのもこの時期でしょう。


専門性を磨きたい人やマネジメント層を目指したい方にはオススメの時期です。

安定期:50人以上

メリットデメリット
役割が明確化している
制度がしっかり整っている
担当業務の範囲が狭い

ここまで来ると一般的な企業です。メガベンチャーと言われたりもしますね。

福利厚生なども整い、部署や役職もしっかりと出来てきます。


業界内でもポジションも確立され、安定感を感じられるようになるでしょう。

倒産などのリスクはかなり減ってくるので、ある程度の安定を求める人には適した環境です。


一方、組織が大きくなって業務が細分化することにより、知識や経験が限定的になる場合が多いです。

将来的に起業や独立を目指すは不向きかもしれません。

オススメは成長期のWebマーケティング会社

4つのタイプを紹介してきましたが、僕のオススメは成長期のWebマーケティング会社です。

幅広い経験を積めますし、今後会社が大きくなった時に、社内でのポジションが取りやすくなるからです。


事実、僕は入社半年で広告運用チームのマネージャーになりましたが、成長期で人材が少なかったのが要因の1つでした。

自分のキャリアにとって確実にプラスになったので、成長期の会社を選ぶのはオススメですよ。

選んではいけないWebマーケティング会社

選んではいけないWebマーケティング会社

ここからはあまり選ぶにはオススメしないWebマーケティング会社の特徴をお伝えしていきます。

転職はあくまでスタートなので、長期的にキャリアを築いて行けそうな企業を選ぶようにして下さい。

  • 商品やサービスに独自性が無い
  • 求人がいつ見ても載っている
  • 社員がイキイキと働いてない
  • 営業がメインの業務になっている
  • 業績が伸びていない

商品やサービスに独自性が無い

そのWebマーケティング会社が扱っている商品やサービスに独自性が全くない場合は、あまりその会社はオススメできません。

二番煎じ、三番煎じでは売上を上げるのは厳しいですし、100%競合との価格競争になるからです。


価格競争になるということは、利益が少なくなると言うこと。必然的に社員の給料が増えづらくなります。


「そんな独自性のある商品やサービスなんてあるの?」と思うかもしれませんが、これが意外とあります。

ニッチな業界でも唯一無二のポジションを取って、高利益率を叩き出している会社はあるものです。

おけこ

求人に応募するときには、転職エージェントや転職サイトの募集要項だけでなく、ホームページやSNSも確実にチェックしましょう。

求人がいつ見ても載っている

Webマーケティングの需要は高まり続けており、転職をしたい人は増え続けています。

募集はどんどん来るので、良い人材が獲得できれば求人は常に出す必要はありません。


しかしそれでも求人が常に出てるということは、

  • 魅力が無くて入社する人がいない
  • すぐに辞めるので募集が終わらない

上記2つのどちらかである可能性があります。


求人が常に出てるかどうかは判断基準が難しいですが、今の仕事をしながら転職活動をするなど、ある程度長期で動く予定の人は意識すると良いですね。

社員がイキイキと働いてない

割と分かりやすい判断基準が、社員がイキイキと働いてるかどうか。

書類選考ではわかりませんが、面接や体験入社などで雰囲気を見るのがオススメです。


抽象的なアドバイスにはなりますが、伸びている会社や働きやすい会社は雰囲気でなんとなく分かります。

  • 面接官は話しやすくて信頼できそうか?
  • 社内の人たちの雰囲気は暗くないか?
  • 掃除は行き届いているか?

などをチェックするのがオススメですよ。

営業がメインの業務になっている

メインの業務がテレアポになってるのは要注意です。

なぜなら会社にWebマーケティングの力が無いのを露呈してるようなものだから。


SEOに強くて有名な株式会社ウェブライダーの松尾社長は、「営業なんてしなくても、Webマーケティングが強ければ勝手に向こうから来る」とおっしゃっています。

毎日何十件もテレアポをしないとクライアントが獲得できない会社だと、入社してもWebマーケティングスキルは鍛えられません。


もちろん営業が完全に不要だとは思いませんが、テレアポがメインの業務になっていそうな会社はオススメしませんね。

業績が伸びていない

業績の伸びが鈍いWebマーケティング会社は注意しましょう。特にベンチャー企業などの場合は要チェック。


ベンチャー企業などの場合、前年比150〜200%くらいで成長しても全くおかしくはありません。

しかし、まだ会社が若いのに業績が伸びてない場合、「商品力」や「労働環境」に問題がある可能性があります。


業績が伸びないと社員の年収も上がりませんので、転職をする意味が感じづらくなって早期離職のリスクにもなります。

転職しやすいWebマーケティング会社は?

転職しやすいWebマーケティング会社は?

ここまでWebマーケティング会社を選ぶ際の判断基準を話してきましたが、「どこが転職しやすいの?」と聞かれれば

  • Web広告代理店

が最も転職しやすいと答えます。


広告代理店は企業の数が圧倒的に多く、1社あたりのWebマーケターの人数も多いです。

EC運営やメディア運営をする事業会社は、どちらかと言うと少数精鋭でやってる場合が多いので、広告代理店を選ぶのが転職のしやすさでは上でしょう。


一旦、広告代理店でマーケター経験を積めば、未経験を脱出できるので今後の転職もしやすくなります。

まずは代理店で数年経験を積み、その後に事業会社に転職する人も多いですよ。

おけこ

ここでも長期視点を持つことが大事ですね。

WEBマーケティング会社への転職は、将来性を考えても超おすすめ


Webマーケティング会社への転職は将来性を考えても、非常におすすめできます。


  • 業界が伸びてるので年収が上がりやすい
  • 副業でも稼げる可能性が広がる
  • 独立やフリーランスの道がある
  • 食いっぱぐれのリスクが減る

など、Webマーケティングスキルを磨くことで、収入を伸ばせたり、仕事に困るリスクを減らすことができるからです。


僕は未経験からWebマーケティング転職した方にインタビューをしてきましたが、どの方も転職して良かったと答えています。

→ Webマーケティング転職体験談の記事はこちら


ハードルは高く感じるかもしれませんが、3年後や5年後、10年後のキャリアを考えると、Webマーケティング転職は非常にオススメできますよ。

Webマーケティング会社の選び方や判断基準5つ【おすすめしない会社も暴露】:まとめ

Webマーケティング会社の選び方や判断基準5つ【おすすめしない会社も暴露】:まとめ

今回はWEBマーケティング会社の選び方・判断基準についてをお伝えしました。

まとめ
  • WEBマーケティング会社の選び方は5つの基準を元にすると良い
  • 選んではいけない会社を避けて、理想のキャリアを築く
  • 将来性を考えるとWebマーケティング会社への転職はオススメ

Webマーケティング転職は非常にオススメできますが、しっかり調べないと転職失敗のリスクもあります。

今回の記事を参考に、理想のキャリアパスを築いていって下さい。


未経験からWebマーケティング転職するためのロードマップは、Webマーケティング業界に未経験転職する方法【現役マーケターが解説】を是非ご覧下さい。

シェアして頂けると泣いて喜びます!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる