最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

WEBマーケティングに資格は必要?【効果的なスキルUP法を紹介】

WEBマーケティングに資格は必要?【効果的なスキルUP法を紹介】

WEBマーケティングにおいては『資格<実務経験』です。



悩む男性

WEBマーケティングの資格って何があるんだろう?資格を取るとどんなメリットがあるのかな?

スキルアップして可能性を広げてやるぞ〜


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。



『資格なし』『厳しい30代』の絶望的状況で未経験転職をした僕がお伝えします。



この記事を読むと分かること
  • WEBマーケティング資格の種類
  • 資格を取ることのメリット
  • 資格は必要かどうか
  • スキルUPの最適解


本記事の信頼性

おけこのプロフィール
おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


資格をとってスキルアップや転職に繋げたいですよね?


しかし、結論から言ってしまうと『資格はいらない』です。

なぜなら、変化の早いWEBマーケティング業界・IT業界において、大事なのは『成果を出せるかどうか』だから。



今回はWEBマーケティングの資格の紹介と必要性についてお伝えします。


おけこ

スキルアップや転職成功のために一番近道となる方法についても最後に紹介します。

是非ご覧下さい!

【スポンサーリンク】



WEBマーケティングの資格や検定の種類

WEBマーケティングの資格や検定の種類

まずはWEBマーケティングの資格で良く名前が上がるものを紹介します。

ざっくりと概要も記載しますね。



ウェブ解析士

アクセス解析やデータ分析、計画立案など様々な能力の習得・評価を目的とした資格です。



  • ウェブ解析士初級
  • 上級ウェブ解析士上級
  • ウェブ解析士マスター認定

上記の3クラスに分かれていて、実務担当からコンサルタント、講師と段階が上がっていきます。



統計検定

統計に関する知識や活用力を見極める資格です。

大きく分けて、知識を問う試験と活用力を問う試験に分かれます。



Google広告認定資格

オンライン広告「Google AdWords」に関する知識の認定資格です。



資格を取得したら、Googleの公式サイト「Google Partners」にプロフィールを公表できるので結構メリットはありますね。

>> 資格の詳細を見る



Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

アクセス解析ツール『Google Analytics』の知識を認定する資格です。


日本語、中国語など19言語に対応しており、受験料は無料。
制限時間は90分で、合格ラインは正解率80%以上です。



Webアナリスト検定

Google Analyticsでのアクセス解析やWeb解析に必要な知識の取得を目的とする検定です。


合格すると、認定証や名刺などに利用できる認定ロゴが発行されます。



マーケティング・ビジネス実務検定

特定の業務・業界に関わらず幅広い共通のマーケティング知識の習得を目指す検定。


理論だけでなく、仕事に役立つ実務知識を学べます。



IMA検定

実務能力を測ることを目的とした検定です。


「Standardコース」と「Professionalコース」の2種類があり、どちらも6回の講義の後に認定試験があります。



Webディレクター試験

Webマーケッターとしての論理的思考力とスキルが問われる試験です。

知識を実務として活用する力が求められます。



WEBマーケティングの資格がある場合のメリット

WEBマーケティングの資格がある場合のメリット

「資格を取得するメリットってあるの?」と思うかもですが、一応メリットはあります。

  • 客観的な証明になる
  • 目的ができる


客観的な証明になる

1つ目のメリットは、知識やスキルへの理解度が客観的に証明できることです。



特に業界未経験の場合はポートフォリオ(ブログなど)がなければ、知識やスキルを測りようがありません。


おけこ

英検2級を持ってたら、「あ、英語できるんですね」って言われるように、他人から見て『判断基準』になるのがメリットと言えますね。


目的ができる

日々の業務に追われたり、何となく同じような毎日が続くとモチベーションが下がってきますよね?

資格取得を目的にすることでモチベーションUPに繋がります。



期限が決まれば、逆算して勉強をしないといけないので、仕事をダラダラやることもなくなり生産性が上がるかもしれません。



WEBマーケティングに資格は必要?【結論、不要です】

WEBマーケティングに資格は必要?【結論、不要です】

ここまで資格の種類やメリットをつらつらと話しましたが、結論から言って資格は必要ありません。



なぜなら、「WEBマーケティングスキルを上げたい」や「WEBマーケティング業界に転職したい」というのが本当の目的のはずだからです。



確かに”実務能力が一緒なら”資格ありの方が評価されます。
しかし、ビジネスで結局大事なのは『結果を出せるかどうか』です。



  • 資格はあるけど実務経験は無い人
  • 資格なし、月1万PVのブログを運用する人

例えば上記の二人がいた場合、企業が求めるのは確実に後者です。



資格取得に時間を使うなら、ブログやSNSを頑張って、小さくても結果を出す方が将来的にプラスになる可能性が高いですよ。



31歳未経験でも転職できた

僕自身、WEBマーケティングの資格は持ってませんが、31歳で未経験転職をすることができました。

ちなみに一般的には30代で業種・職種ともに未経験の転職ってかなり厳しいと言われてます。



おけこ

自慢する気とかは全くなくて、ブログで小さな成果を出してたのが大きかったのを伝えたいだけです。

具体的に言うと、運用歴8ヶ月くらいで月1万PV・収益月3万円でした。(全然しょぼいです)


しかし、世の中の大半はブログをやったことすらないので、始めただけでも圧倒的にプラス。


実際ブログで学んだことがめちゃくちゃ活きて、未経験なのに即戦力みたいに働けてるので、控えめに言ってメリットしかないですよ。



WEBマーケティングスキルを上げるなら実践あるのみ【選択肢は2パターン】

WEBマーケティングスキルを上げるなら実践あるのみ【選択肢は2パターン】

結論、実践あるのみですが、状況別に2つ選択肢があると思ってます。

  1. WEBマーケティング業界人 or 30代以上でWEBマーケ転職したい
  2. 20代以下でWEBマーケティング転職を狙っている


30代以上でWEBマーケティング転職したいor業界人

できるだけ早くブログを始めましょう。

30代以上だと完全未経験の転職はかなり厳しいので、実務経験を積むことが結果的に近道です。


自分でサイトを1から運用することで、『どうしたらアクセスが来るか』『どうしたら売れるか』などが経験として学べるからです。



また30代以上は結婚してたり、お子さんがいる人も多いので、転職成功の見込みが増えると『嫁OK』も出やすくなりますw



おけこ

また企業サイトの運用経験があっても、個人でゼロからやったら全然ダメな場合もあるので業界人も必須ですよ。

ブログの始め方は【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】をご覧下さい。

【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】【小学生でも出来る】WordPress(ワードプレス)ブログ始め方の手順【図解】

20代以下でWEBマーケティング転職を狙っている

ソッコーで転職しちゃいましょう。

なぜなら、20代以下だったら『未経験OK』の求人は腐るほどからです。



ブログで成果を出すには半年くらい最低かかるので、「ちょっと成果を出してから」とか言ってると『若さ』という最大のメリットが減っていきます。



おけこ

入社してからブログなりSNSを始めても全然遅くないので、今使える一番のメリットを活かした方が良いですよ。

下記の記事を参考に動き出してみて下さい。

\どちらかの記事をチェック/



まとめ:WEBマーケティングの資格は取得不要【実務経験を積むべし】

WEBマーケティングの資格は取得不要【実務経験を積むべし】


今回はWEBマーケティングの資格についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • WEBマーケティングの資格は取得不要
  • ブログを始めるか、転職して飛び込むべし

今回でWEBマーケティングの資格には何があるのか、必要かどうかが分かったと思います。



日本人は資格好きですが、ビジネスの現場で大事なのは『結果が出せるかどうか』です。

言ってしまえば、小学生でも結果を出せるなら『上』です。



できるだけ早く実践して実務経験を積みましょう。
きっと可能性が広がるはずですよ!


未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が役に立ったと思ったら、コメントやシェアして頂けると泣いて喜びます笑
>>感想をツイートして、おけこを泣かせる

もし何か聞きたいことがあれば、TwitterからDM下さい。
この記事読んでくれた人限定でお答えします。 >> おけこのTwitterアカウント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です