MENU
カテゴリー
アーカイブ

Webマーケティングの資格はいらない理由【転職成功率を高めるコツも公開】

Webマーケティングの資格や検定は必要?【結論、いらないです】
悩む男性

Webマーケティングの資格って必要なのかな?いらないって言ってる人も多いけど。

少しでも転職成功率を高めたいから実際どうなのか知りたい。採用担当者が何を見てるかとか分かると助かるな。



こんにちは、おけこです。

アパレル業界からWebマーケティング業界に、30代で未経験転職をしました。


一般的に厳しいと言われる年代での未経験転職でしたが、無事に良い会社に巡り会えて、約2年経った今はSEOチームの責任者として働けています。

僕も転職を考えたとき「資格とか取った方がいいのかな?」と悩んだ過去があるので、本記事ではその辺りを詳しく解説していきます。



本記事の信頼性

おけこのTwitter
この記事を読むと分かること
  • Webマーケティングの資格はいらない理由
  • 資格を取るメリットとデメリット
  • 転職成功を掴むために資格よりも大事なこと
  • 未経験から転職成功させる3ステップ

少しでも転職成功率を高めたり、自分のスキルを上達させるために、資格取得を考える人もいると思います。

昔の僕も正にそうでしたし、日本人は資格取得への意識が高いですからね。


もちろん資格がマイナスになることはありませんが、プラスが大して無いならわざわざ時間を使って取得する意味もありませんよね?


そこで本記事ではWebマーケティングの資格はいるのか?いらないのか?また、いらないなら本当に必要なものは何か?を解説していきます。


おけこ

成果を生むことに時間を有効活用していきましょう!


もくじ

Webマーケティングの資格がいらない理由

Webマーケティングの資格がいらない理由

いきなり結論を言ってしまいますが、Webマーケティングの資格は別にいらないです。

なぜならWebマーケティングの仕事は、座学よりも実務経験の方が圧倒的に大事だから。


例えば、

「SEOとは検索エンジン最適化のことである。キーワードを適切に入れて、検索意図に応えるコンテンツを作ることでアクセスや売上UPに繋がる」

みたいな知識があっても正直あまり意味は無くて、「結局その知識を使って何ができるの?成果が出せるの?」ということが大事なんですよね。


おけこ

もちろん最低限の知識は必要ですが、博識で無くても経験の中から学んで成果を出せる人はたくさんいます。

「知ってる」よりも「できる」の方が10倍価値があるので、資格取得に大きな価値は無いんですよね。


実際に僕もSEOチームのマネージャーなので面接官をしてますが、資格は正直ほぼ見てません。

それよりは

  • SNSのフォロワー1万人を達成した
  • WEBサイトを作って月1万PV以上に伸ばした
  • YouTubeチャンネルで登録者1万人を達成した
  • 「〇〇」というミドルキーワードで検索1位を取った
  • 広告のCPAを半額にして利益を2倍に増やした

のような実務経験や実績を重視しますね。


大きな実績ではなくても、実際に動いて得た経験の方が転職活動などでは評価されますよ。

Webマーケティングの資格を取ることのメリット

Webマーケティングの資格を取ることのメリット

先ほどWebマーケティングの資格はいらないと言いましたが、持っていてマイナスになることは当然ありません。

  • 企業に意欲があるのを示せる
  • 知識を学ぶ機会を作れる

企業に意欲があるのを示せる

Webマーケティングの資格を取得することで、企業に大して学習意欲や行動力を示すことができます。


特に未経験転職の場合は、スキルでの評価はされないのでポテンシャルが大事。

実務経験を積むよりは弱いですが、何もやらない人よりは転職活動に対するプラスの影響もありますよ。

知識を学ぶ機会を作れる

Webマーケティングの資格を取るために勉強することで、色々な知識を学ぶ機会を作ることが出来ます。


僕もマーケターになって約2年経ったタイミングで、Google認定資格の取得にトライしてみましたが、意外と知らないことも多かった印象があります。

一応、取れました!w

実際に業務をしてても全てのWebマーケティングの知識に触れるわけではありません。

知識の再確認で使えるのは結構価値があるとは思いましたね。

持ってても損はないWebマーケティング資格

WEBマーケティングの資格や検定の種類

必要性はあまり高くないですが、自分の知識やスキルの確認や、仕事でも使える可能性が比較的ある資格は下記です。

  • Web解析士
  • 統計検定
  • Google認定資格(広告やアナリティクス)


Web解析士

アクセス解析やデータ分析、計画立案など様々な能力の習得・評価を目的とした資格です。



  • ウェブ解析士初級
  • 上級ウェブ解析士上級
  • ウェブ解析士マスター認定

上記の3クラスに分かれていて、実務担当からコンサルタント、講師と段階が上がっていきます。


コンサルとして仕事を取っていきたい場合は取得しておいても損はありません。



統計検定

統計に関する知識や活用力を見極める資格です。

大きく分けて、知識を問う試験と活用力を問う試験に分かれます。


正直検定を取る必要は別にないですが、統計学の知識自体はWebマーケティングの業務でも役に立ちます。

例えば「カイ二乗検定」という統計手法を使うことで、広告のABテストを正確に計測できるようになったりするので。


上記は僕が業務で作ったGoogleスプレッドシートです。

「なんとなく良さそう」という感覚的な判断ではなく、データを用いてより正確な分析をできるようになります。


おけこ

データサイエンティストなどを目指す場合は、統計学は非常に役立ちますよ。



Google認定資格

オンライン広告「Google AdWords」やGoogleアナリティクス(GAIQ)の知識を測る資格もあります。


こちらの資格は下記のように、取得するとGoogleの公式サイト「Google Partners」にプロフィールを公表できます。


Webマーケティングの媒体はGoogleが最も大きいので、Google公認の資格を持っていると一定以上の知識レベルがあると判断してもらえます。

転職でのアピールやココナラで案件を出品する際なども、分かりやすい指標として使うことが出来ますよ。

>> 資格の詳細を見る

Webマーケティングの資格取得に時間を使うデメリット


ここまで資格をどうしても取得したい人のために、持ってても損がない資格を紹介してきました。


ただ個人的には、資格取得のために時間を使うことはデメリットにもなりうると思っています。

なぜなら資格を取得したところで、大したリターンを得られない可能性の方が高いからです。


Webマーケティングの仕事は、いくら知識があっても成果を出せないと意味がありません。

また、採用のときに見るのは「今まで何を実際にやってきたのか=アウトプットやポートフォリオ」です。


資格取得に時間を使うくらいなら、

  • 自分でブログを作って育てる
  • SNSアカウントでフォロワー獲得
  • Webマーケティングスクールで実務経験を積む

などをした方が、よっぽど時間を有効活用できます。


おけこ

僕もブログをやって多少なりとも成果を出してたおかげで、面接でも会話が広がり内定獲得に至りました。

実際に手を動かした経験の方が、今後に必ず生きてきますよ。

Webマーケティング転職において資格取得より大事なこと

Webマーケティング転職において資格取得より大事なこと

正直、Webマーケティング業界に転職したいなら、資格取得よりも大事なことがあります。

  • 実務経験を積んでおく
  • ビジネス基礎力を鍛えておく
  • 色々な会社を見て理想のキャリアプランをイメージする

実務経験を積んでおく

まずは先程も言ったように、実務経験を積んでおくこと。

ブログをやるなり、Webマーケティングスクールに通うなりして、実際に現場で手を動かして何かを作る経験ですね。


例えば「SEOの知識を本で勉強しました」と言う人よりも「自分でWordPressブログを作って月1万PVまで育てました」と言う人の方が、企業側からすれば明らかに魅力的です。


未経験でも転職がうまくいく人は、例外なく何かしら行動を起こしています。

僕の周りでWebマーケティング転職した人たちは、大抵ブログをやってましたね。


おけこ

僕は通いませんでしたが、またゼロからWebマーケティング転職するとなったらスクールも視野に入れます。

先にまとまったお金は出ますが、入れる企業の幅が広がったり、入社後に年収UPする確率が高まるからです。

3年、5年スパンで見れば数百万単位でプラスになるので、検討してみるのもアリですよ!

ビジネス基礎力を鍛えておく

ビジネス基礎力とは、コミュニケーション力や論理的思考力など全てのビジネスで大事な力のことです。


専門スキルだけがあっても仕事は中々うまくいきません。

1人で出来ることには限界があるし、スキルがいくらあっても思考力などが無かったら100%活かすことが出来ないからです。


専門スキルとビジネス基礎力の2つを高めることで、どんな時代・どんな場所でも求められる市場価値の高い人材になれますよ。

色々な会社を見て理想のキャリアプランをイメージする

未経験で転職する人は特にですが、色々な会社を見るのが大事。

なぜなら転職後に「こんなはずじゃなかった」とギャップを抱えて、すぐに辞めてしまう人もいるのが現実だからです。


例えばWebマーケティングスキルを高めたいのに、入社した会社では営業ばかりやるケースも結構あります。

ひたすらテレアポをして訪問営業に行ったりする感じですね。


もちろん下積みがある程度必要な時期もあるので、一概に悪いとは言い切れません。

ただ、自分がどんなキャリアを描きたいのかを見定めるためにも、色々な企業を見てから進路を決めるのがベターですよ。

未経験転職の場合は特に、求人の母数を増やす努力をすべし

未経験転職を目指す方に言っておきたいのが、”求人の母数をなるべく増やすべし”ということです。


20代前半くらいであれば大丈夫ですが、年齢がある程度行くと完全未経験だと求人の幅が狭くなります。

少ない求人の中から選ぶことになるので、良い企業に出会える確率も減ってしまうわけですね。


なので、未経験の方は出来るだけ複数のサービスを使いながら、申し込める求人を増やすのが得策です。

僕も一番多いときだと、転職エージェント5社以上、転職サイト3つ以上を併用してやっていました。


おけこ

ここまで増やさなくてもいいですが、少なくとも転職エージェントと転職サイト1つずつは使うと良いです。

もし未経験転職で使うなら、ワークポートリクナビNEXT 未経験OKの求人も比較的多かったのでオススメですよ。

未経験からWebマーケティング転職を成功させる3ステップ

未経験からWebマーケティング転職を成功させる3ステップ

僕の経験や周りでWebマーケティング転職してる方の実績から、転職成功までには下記3ステップが大事になります。

  • ①:スキルや経験の棚卸しをする
  • ②:やりたい仕事、入りたい企業を探す
  • ③:転職エージェントやサイトを使って求人を探す

①:スキルや経験の棚卸しをする

まずは自分が今どんなスキルや経験を持っているのかを棚卸しして整理することです。


別業種・職種からWebマーケターに転職をする場合、いくら前職で実績を持っていても「未経験」として扱われます。


ただ、考えていただければ分かる通り、

  • 前職で10年勤めてきた人
  • 新卒1年で転職する第二新卒

では、今までの経験値に差が出てきますよね?


まだ若い第二新卒の方であれば、前職の経験などがなくても「若さ」と「これからの成長性」だけで戦えます。

しかし、ある程度年齢が行った後は、前職の経験値をWebマーケティング会社でどう活かすかが転職成功のポイントなんですよね。


おけこ

例えば営業で実績を積んだ人は、「コミュニケーション力」や「プレゼンテーションスキル」を鍛えてると思います。

なので、「営業経験を活かしてコミュニケーションを円滑に進め、事業拡大の力になります」「会社の意図をユーザーにわかりやすく伝えるために、プレゼンテーションスキルを活かします」など、今までの経験値を伝えるのが肝になりますよ。


まずはスキルや経験の棚卸しをして、自分が会社にどう貢献できるのかを洗い出すと良いでしょう。

転職成功率を高めたいなら、実務経験を積んでおく

ただ少し厳しいことを言うと、いくら棚卸しをしたところで未経験は未経験で変わりません。


実は未経験転職の一番の壁って「書類選考を通過できない」ということなんですよ。

僕も30〜50社くらいの書類選考に普通に落ちましたしw


面接まで行ければ自分の人間性や思いを語ることができますが、書類で落とされるとどうにもなりません。

なので書類選考の通過率を高めたいなら、実務経験を積むしかないんですよね。


僕のようにブログをやって、ある程度の実績を作れれば書類通過率は上がります。

例えば「月5万PVのサイトを作った」などの実績があれば、かなり引き合いは強くなるはずです。


とはいえ正直、基準は企業によって様々なのでなんとも言えません。

しかし、どんな企業でも共通で評価されるのがWebマーケティングスクール卒業という実績です。


おけこ

Webマーケティングスクールは一時的に大きな費用がかかりますが、長期目線で見るとプラスになることも多いです。

例えば選べる企業の数が増えて、年収で50万円以上高い企業に入れれば、その時点でスクール代はペイできちゃいますからね。


少しでも評価を受けられる実務経験を積むなら、Webマーケティングスクールも1つの選択肢として持っておくと良いでしょう。

②:やりたい仕事、入りたい企業を探す

自分のことを洗い出したら、どんな仕事をしたいのか、どんな会社に入りたいのかを決めていきます。


Webマーケティング業界に転職しようと思うってことは、自分の理想のキャリアプランがぼやっとでもあるはずです。

たとえば
  • パソコン1台でブログなどをしながら場所を選ばず働きたい
  • 広告運用をマスターして、色んな会社から案件を受注して稼ぎたい
  • 企業の中でCMO(最高マーケティング責任者)を目指して出世したい

あくまで転職は理想のキャリアを築くための手段の1つ。転職しても理想に近づかないなら意味がありませんからね。


おけこ

僕はSEOや広告運用などのスキルを磨いて、時代が変わっても食いっぱぐれない人を目指して転職しました。

そこまで高年収を目指してたわけではなく、家族がいるので将来に不安を感じたくなかったんですよね。


色々記事を読んだりSNSを見てると、他人の価値観に触れすぎて軸がブレることがあります。

「自分は何のために転職したいのか?」を明確にして、職種や企業選びをしていくと良いですよ。

③:転職エージェントやサイトを使って求人を探す

やりたい仕事や入りたい会社がイメージできたら、転職エージェントやサイトを使って実際の求人を見ていきます。

ただ、経験値が少なくてあまり想像出来ないなら、先に転職エージェントやサイトで見てイメージを作るでも良いですよ。


企業選びの際は、

  • 勤務地
  • 業務内容
  • 事業内容

などがメインの判断基準になってくるかなと思います。


特にポイントが業務内容と事業内容

Webマーケティングをやりたかったのに、ずっと営業しかできない

全く興味がないサービスでモチベーションが上がらない

ってなると、働いていくのがしんどくなりますからね。


おけこ

僕も少し妥協して内定貰った会社で、1ヶ月くらい研修がてら働かせて貰ったことがありました。

しかしやっぱり違和感を覚えて内定を辞退することになったんですよね。

内定先の企業には迷惑をかけてしまいましたが、その経験から、業務内容と事業内容は妥協してはいけないと気づきました。

【注意点】年収に固執するのはオススメしない

企業選びの際にもう1つ意識してほしいのは、あまり年収で判断するのは良くないということです。


何度も言ってるように、前職でいくら実績を積んできててもWebマーケティングは未経験です。

企業の立場になれば分かりますが、未経験の人に対して高い年収を払うことは常識的にありえませんよね?


年収で絞りすぎると、長期的に見てスキルアップできる会社、自分がやりたいことを出来る会社などを切り捨てる可能性があります。

その結果、入社後にギャップを抱えて早期退職になるケースもあるので、ある程度の年収ダウンは許容する覚悟を持ちましょう。


おけこ

僕も転職時に年収が50万ほど落ちましたが、約2年経った今では前職時代より年収が100万円以上アップしましたよ。

長期目線を持つことで良い会社に巡り会える確率が高まるので、参考にしてみて下さいね。

まとめ:Webマーケティングの資格はいらない!実務経験を積もう

まとめ:Webマーケティングの資格はいらない!実務経験を積もう

今回はWebマーケティングに資格はいらない理由を解説しました。


まとめ
  • WEBマーケティングは資格よりも実務経験が大事
  • 知識の確認やスキルアップで取得するのはアリ
  • 未経験転職を成功させるなら早めに実務経験を積むこと

Webマーケティングの仕事において、資格は大して重要ではありません。

僕の周りのマーケターの人たちも、ほとんど取ってないですしね。


新しい知識を得たり、今の知識レベルを確認する意味では取得するのは全然アリです。

とはいえ、実務経験の方が10倍大事なので、転職を成功させたい方などは特に、早めに経験を積むのをオススメしますよ


未経験からWebマーケティング転職を成功させる方法については、下記の記事にまとめてるのでご覧下さい。

シェアして頂けると泣いて喜びます!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる