最短4週間でWEBマーケ習得【Tech Academy】

WEBマーケティング会社のおすすめ解説【転職希望者向け】

WEBマーケティング会社のおすすめ解説【転職希望者向け】

会社を選ぶときは『将来の理想像』から逆算しましょう。



悩む男性

WEBマーケティング会社ってどんな種類があるんだろう?

転職を考えてるんだけど、選ぶ基準とかおすすめが知りたいな〜


ご覧頂きありがとうございます。そんな悩みを解決します。



31歳からインハウスのWEBマーケターとしてSEOや広告運用をやっている僕がお伝えします。



この記事を読むと分かること
  • WEBマーケ企業の種類
  • 転職する会社を選ぶ際の基準


本記事の信頼性

おけこのプロフィール
おけこのTwitterアカウント(@kei1031jordan23


スキルアップをして個人で稼げるようになりたい人は『会社を選ぶ基準』を知っておく必要があります。


特にこれから転職を考える人は、入る企業次第で今後のキャリアが変わってくるので注意です。



今回はWEBマーケティング会社の種類とマーケター転職を考える場合の狙い所を解説します。


おけこ

企業探しのポイントがハッキリすると思うので是非最後までご覧下さい。

【スポンサーリンク】



WEBマーケティング業界の会社・企業の種類

WEBマーケティング業界の会社・企業の種類

ひとくちにWEBマーケティング会社と言っても大きく分けて2つ種類があります。

  • 広告代理店
  • 事業会社

それぞれメリットとデメリットがあるので、転職を考える際にはしっかりと抑えておきましょう。



①広告代理店(WEBコンサルティング)

まずはインターネット広告代理店。

自社では運用ができない会社のメディア運営や広告の運用代行をするイメージです。



色んな企業の案件を受けるので、幅広い業界や職種の知識や経験が積めるのがポイント。



広告代理店の大手・上場企業

広告代理店の大手企業は下記になります。

  • 株式会社サイバーエージェント
  • 年商3000億以上の日本最大のインターネット広告代理店。全ての広告運用をやっていて、1,000万円以上の大規模案件を中心に取り扱っています。

  • 株式会社オプト
  • 年商850億、業界2番手のインターネット広告代理店。ビッグデータの活用では業界トップで、膨大な情報を元に改善案を提示します。

  • 株式会社セプテーニ
  • 年商720億円、業界3番手のインターネット広告代理店。アプリ・SNS広告に強く、2018年にはインフィード広告で業界No1。



おけこ

このレベルになると、扱う企業案件が数億円規模とか普通にあります。

他では味わえない経験を積めるので、厳しいですが挑戦する価値はありますね。

参考になりそうな動画がYouTubeにあったので是非ご覧下さい↓




②事業会社(インハウス)

広告やメディア運用を代理店に依頼せず、自社で管理するのを『インハウス』と呼びます。


最近では広告代理店に依頼するのをやめて、自社のWEBマーケターがメディアや広告を運用する大手・中小企業も増えています。

    【メリット】

  • コスト削減
  • 自社でノウハウが蓄積する
  • PDCAサイクルを早く回せる

  • 【デメリット】

  • 運用が上手く行くまでに時間がかかる
  • 失敗を繰り返す可能性がある
  • 手間が増える


大幅にコストカットができること、社内でノウハウが溜まることがメリットとしては大きいですね。


逆に、今までプロに任せてたものを自社でやるので、その分の時間が増えるのは確実です。知識がないので中々結果が出ないこともあるでしょう。



おけこ

インハウスでWEBマーケティングをやっている企業は挙げるとキリがないので割愛します。

探せばいくらでも出てきますよ。


WEBマーケティング会社への転職を考える場合のおすすめ分野

WEBマーケティング会社への転職を考える場合のおすすめ分野

WEBマーケティング会社には大きく分けて『広告代理店』と『自社運営の事業会社』があることが分かったと思います。

ただ正直、有名企業に転職できるかって言われたら『90%は無理』です。



なので、企業で見るというよりは、自分がやりたい分野の会社で絞るのがベターでして、僕のおすすめは『コンテンツマーケティング』ができる会社です。



コンテンツマーケティングはスキルUPしやすい

コンテンツマーケティングには下記のような種類があります。

コンテンツマーケティングの種類
  • SEO
  • WEB広告
  • SNS広告
  • メルマガ


コンテンツマーケティングはWEBサービスやWEBサイトを運用する際の知識が広く学べるのが特徴。



調査や分析を繰り返しながらメディア運営をして、集客や販売の経験を積めるので、将来的にはフリーランスで仕事を取れる可能性も高いのがメリットです。


企業探しの際には、上記の分野を担当できるところを見るようにすると良いでしょう。



出来れば自社メディアを運営している事業会社(インハウス)がおすすめ

コンテンツマーケティング会社の中でも自社メディア運営をしている企業がベストです。理由は下記の3つ。

  • PDCAを早く回せる
  • 幅広い知識が手に入る
  • 失敗経験を積むことが出来る


広告代理店のように企業から案件を受注する場合、基本的に失敗はできません。つまり、試せることの範囲が狭くなるので経験を積めないリスクがあります。



しかし事業会社の自社メディアであれば、『実行→失敗→改善』のPDCAを高速で回せるので、幅広く知識と経験を積めて成長できます。



おけこ

WEBマーケ転職をしたい人には、将来的に『フリーランス』を目指してる人も多いと思うので、失敗経験も積んでおきたいですよね?

そういった意味でも、自社メディアのコンテンツマーケティングはおすすめです。

僕も自社メディアのSEOや広告担当として、毎日PDCAを繰り返してるので、3ヶ月くらいでも超成長できました。おすすめです。



まとめ:WEBマーケティング転職はコンテンツマーケティングが出来る会社がおすすめ

WEBマーケティング転職はコンテンツマーケティングが出来る会社がおすすめ


今回はWEBマーケティングの会社についてをお伝えしました。


今回のまとめ
  • WEBマーケティング会社は『広告代理店』と『事業会社』の2種類
  • 自社メディアのコンテンツマーケティングが転職にはおすすめ

今回でWEBマーケティング会社の種類とおすすめの分野についてザックリと掴めたと思います。



正解はありませんが、将来的に個人で稼げる力を身に付けたいなら作業領域が広いインハウスマーケターがおすすめです。



名前を知らない優良企業も多数存在するので、自分がやりたい分野が決まったら転職サービスを使って探してみましょう。


下記に関連記事を載せるので是非ご覧下さい。


未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】未経験からWEBマーケティング転職【31歳の実体験を全て公開】WEBマーケティングに強い転職エージェント3選【悩む時間はムダ】【決定版】WEBマーケティング未経験に強い転職エージェント3選


おけこ

最後までご覧頂きありがとうございました!

この記事が役に立ったと思ったら、コメントやシェアして頂けると泣いて喜びます笑
>>感想をツイートして、おけこを泣かせる

もし何か聞きたいことがあれば、TwitterからDM下さい。
この記事読んでくれた人限定でお答えします。 >> おけこのTwitterアカウント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です