MENU
カテゴリー
アーカイブ

「Webマーケティング業界はやめとけ」と言われる理由【後悔する人の特徴も暴露します】

【結論】Webマーケティング業界はやめとけ!と言う人って〇〇だよね
悩む男性

Webマーケティング業界に興味があるんだけど、マーケターやってた人から「やめとけ」って言われてる。

正直、無視して転職しても良いんだけど、止めてる理由がわからないと不安なんだよね…



こんにちは、おけこです。

アパレル業界に7年ほどいましたが、31歳でWebマーケティング業界に転職しました。


Webマーケ業界に興味を持つ人はとても増えてますが、周りの「やめとけ」って意見に戸惑ってる人もいるんですよね。

そこで今回は、未経験転職をして2年経ち、広告運用やSEOチームの責任者として働く僕がリアルな現場の声をお伝えしていきます。


本記事の信頼性

おけこのTwitter
この記事を読むと分かること
  • Webマーケティング業界はやめとけと言われる理由
  • Webマーケティング業界への良い口コミ
  • 向いてる人と向いてない人の特徴
  • Webマーケティング業界に行くメリット
  • 未経験からWebマーケターになる方法


いきなり結論を言ってしまうと、「頭ごなしにやめとけと言う人は老害なので気にしなくて良い」です。


正直、マーケターでもエンジニアでも他業界でも同様のことはあります。

老害のような人たちが「そんな甘い世界じゃない」とか言ってる光景はどこにでもあるんですよ。


言うだけ言って責任取るわけでもないし、そんなんで自分の可能性を閉ざすのは非常にもったいない。

おけこ

ただ、ちゃんと背景だったり理由が分からないと不安も解消できないと思うので、この記事でしっかり解決していきますね!


もくじ

「Webマーケティング業界はやめとけ」と言われる理由

「Webマーケティング業界はやめとけ」と言われる理由

Webマーケティング業界はやめとけと言われるのには、大きく5つの理由があります。

  1. 数字で成果が丸わかり
  2. 変化が激しい
  3. 仕事内容が地味
  4. 会社員だと年収は高くない
  5. 周りに優秀な人が多くて大変

1:数字で成果が丸わかり


Webマーケティングの仕事は、ほとんどが数字で明確に成果を計測することが出来ます。

例えば、「サイト経由の申込み件数が〇〇%増加した」とか「広告経由のCVR(成約率)が30%改善された」とかですね。



ハッキリ分かって良い反面、成果が出てないことも露骨に分かってしまうのも事実。

自分がやっているプロジェクトが調子悪いと普通に凹みます。


しかもどこが悪いのか数字を分析して把握していかないといけません。数字に苦手意識を持ってる人も多いので、しんどいと感じる人はいるでしょう。



Webマーケティングは良くも悪くも数字で成果が丸わかりになるので、メンタルをやられる人がいるのも間違いではありません。

2:変化が激しい


あらゆる他業界と比べても、Webマーケティングを含むIT業界の変化の早さはTOPクラスです。

例えばFacebookが流行ったと思えば、落ち着いてTwitterやインスタが流行る。

YouTubeが流行ったと思えば、Tik tokでショートムービー系がトレンドになる。

みたいな感じで、たった1年という間でもトレンドが移り変わっていきます。



僕が元々いたアパレル業界も変化は早めでしたが、製造業などは割と変化の遅い業界ですよね?

この変化の激しさについていけずに辞めていく人もいるので、「やめとけ」という意見が生まれるのも理解は出来ます。

3:仕事内容が地味


Webマーケティングって一見、華やかなイメージがあると思いますが、実際の仕事内容はとても地味ですw

上記のツイートのように小さなテストを何十回、何百回と繰り返して、少しずつ成果を上げていくんですよね。


  • デザインが一緒で文言が違うA案とB案をテストして成果を計測
  • Excelやスプレッドシートにデータをまとめて見やすくする
  • 数字を見て改善点を洗い出して、またテストをしていく

みたいな感じ。



ただ、その積み重ねが会社の売上アップや自分の給料アップにも繋がるのでやりがいはありますけどね。

4:会社員だと年収は高くない


Webマーケティングは需要の大きいスキルですが、会社員だと年収には限界があります。



IT特化エージェントのレバテックのデータによると、

会社員フリーランス
未経験者:430万円~490万円前後
経験者採用:480万円~660万円前後
600万円~960万円程度
月給50万円~80万円程度の案件が多い
参照元:レバレジーズ

という感じでした。

日本の平均と比べたら良い方ですが、飛び抜けて高いというわけではないですね。



ただ一方、需要の大きいスキルになるので、独立できるレベルになるとフリーランスとして年収1000万円オーバーも目指せます。

おけこ

実際、僕の会社のOBはフリーランスになったら年収3000万円を超えてましたよ!

会社員時代の5倍とかになったみたいです。


会社員時代は年収だけに囚われずにスキルUPに努めて、独立して年収を大きく上げるのもアリですよ。

5:周りに優秀な人が多くて大変


Webマーケティング会社にいる人は若くて優秀な方が多いです。

僕もベンチャー企業に勤めてますが、自分よりも年下で優秀な人が多くて、日々勉強してます。



スキルが身につくまでは成果が思うように出ず、劣等感を感じることがあるのも事実。

ただ逆に、優秀な人に囲まれて仕事をすることで、自分を圧倒的にレベルアップさせることもできますよ。

おけこ

そもそもWebマーケティング業界を目指す人は、向上心が高い方が多いと思います。

そういう人にはベストな環境だと思いますよ!

こんな人はやめとけ!Webマーケティング業界に向いてない人の特徴


Webマーケティングは将来性もあって非常に良い仕事ですが、正直こんなタイプは向いてません。

  • 自分の頭で考えられない
  • 物事が継続できない
  • 人に対して興味がない
  • 答えがでるまで動けない
  • 変化に対応できない

自分の頭で考えられない

Webマーケティングの仕事はPDCAサイクルを高速で回す必要があります。

PDCAサイクルとは?
  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(検証)
  • Action(改善)

の流れで業務を行っていくこと



PDCAサイクルを回すには、「仮説を立てる」のが重要。

自分の頭で考えられないと仮説を思いつかないので、必然的に成果を出すのが厳しくなります。


おけこ

ルーティーンワークしか出来ないタイプは、正直言って向いてないですね。

物事が継続できない

前述したように、Webマーケティングは地道にコツコツやる作業が大半です。



「今日実行して明日いきなり成果が出る」というものでは無いので、継続力が無い人は成果を出しづらくなります。

継続できない → 成果が出ない → 楽しくなくなる → 辞める

という流れになる場合も多いですね。



ただ正直、僕も飽きっぽい性格なのですが、常に新しいことにチャレンジする感じでやると上手く行きます。

おけこ

同じような作業をやってても、「今日はこんなことを試してみよう!」と実験できるタイプは向いてますよ。

人に対して興味がない

Webマーケティングの仕事はパソコンとだけ向き合ってれば良いわけではありません。


  • 経営者
  • 営業マン
  • 人事や労務
  • エンジニア
  • Webデザイナー

など、様々な部署との関わりが大事になります。


例えば、

  • 経営者と商品やサービスの方向性や打ち出し方を決めていく
  • 使いやすいサイトにするために、エンジニアに依頼してシステム改修をする
  • 洗練されたデザインに整えるために、Webデザイナーにアイデアを提案する

みたいな感じで、これらの提案はマーケターが行うことが多いんですよね。

なぜなら広告やサイト運営を最前線でやっていて、ユーザーとの接点が多いからです。



Webマーケティング担当者は「ユーザー」や「一緒に働く仲間」に興味を持てる人じゃないと結構厳しいです。

答えが出るまで動けない

前述のように、WebマーケティングはPDCAサイクルを高速で回していくのが仕事です。

なので、そもそも絶対的な正解は無い、が前提なんですよね。



答えが出るまで動けないと成果が出せなくなるので、「上手く行かなくても改善すればOK」くらいの人の方が向いてますよ。

変化に対応できない

繰り返しますが、Webマーケティング業界は全業界の中でも特に変化が激しいです。

なので、新しいものを受け入れられない人は中々厳しいでしょう。



例えばキングコング西野さんは、

「お笑いから絵本作家になると言ったら猛バッシングを受けた」

「クラウドファンディングをやったら、詐欺師と言われた」

とよく言ってます。

でも、結果を見ればどちらが良かったかは明らかですよね?



変化に対応できないと、成果が出ないことを延々とやることになったり、すでに使えない手法をやり続けることにもなる。

Webマーケターは新しい思考や手法を取り入れる柔軟さが大事ですよ。

天職かも!?Webマーケティングに向いてる人の特徴

天職かも!?Webマーケティングに向いてる人の特徴

  • 働き方を変えたい人
  • 変化に対応できる人
  • コツコツ地道な努力ができる人
  • コミュニケーションが好き&得意な人
  • 将来性のあるスキルを身に着けたい人

逆にWebマーケティングに向いてる人は上記のようなタイプですね。



Webマーケティングはパソコンさえあればどこでも仕事をすることができます。

なので、リモートワークもやりやすいんですよね。


おけこ

僕も先日、久々に出社しましたが約半年ぶりでしたw


自由な働き方をしたい、満員電車での通勤が苦痛、という人にはおすすめですね。



あとは向いてない人の項目でもお話した内容になるので、ここでは割愛しますね。

適性診断を作ってみたので、良ければ参考にしてみて下さい。

Webマーケティング業界に行くメリットは絶大

Webマーケティング業界に行くメリットは絶大

「やめとけ」という人は一部いますが、主体的に動ける人にはWebマーケティング業界は非常にオススメです。

ニーズが大きく将来性のあるスキルが身につくので、職に困るリスクは激減するでしょう。



ここからはさらに詳しく、30代で未経験転職した僕から見たWebマーケティング業界のメリットをお話していきます。

  • 業界が伸び続けている
  • 需要の高いスキルが身につく
  • 意識や能力の高い人達と出会える
  • 働き方の自由度が高い会社が多い

業界が伸び続けている

参照元:矢野経済研究所

上記は矢野経済研究所が調査したインターネット広告の市場規模のグラフです。

つまりWebマーケティングが関わる分野ですね。


見て分かる通り、ずっと右肩上がりに伸びていて、今後も伸び続ける予測がされています。



業界が伸びれば、会社に入ってくる利益も当然大きくなりますよね?

自然と個人の給料も上がりやすくなります。


衰退産業では頑張っても給料が中々上がりませんが、成長産業だと同じ頑張りでも大きく年収UPが見込めます。

需要の高いスキルが身につく

  • Web広告運用
  • サイト運営、SEO
  • SNS、インフルエンサー管理
  • メルマガや公式LINEなどの顧客管理
  • 論理的思考力や数字を分析する力

Webマーケティングの仕事をやっていると上記のようなスキルが身につきます。

どれを見ても需要の大きいスキルですよね?




Webマーケティングで培ったスキルや経験は、他の業界の仕事でもフル活用できます。

活躍できる幅が圧倒的に広がるし、当然、収入にもダイレクトに繋がりますよ。

意識や能力の高い人達と出会える

Webマーケティング会社にいる人は、若くて優秀な人が多いです。

個人的にそういった人達と出会えるのは、非常にメリットが大きいと思いますね。




あなたは、最も一緒に過ごす時間の長い5人の友達の平均になる”

若くして一流企業のコンサルタントとしても活動し、31歳で億万長者となったアメリカの起業家ジム・ローン氏が残した言葉です。

つまり人は、自分の周りにいる人の影響を最も強く受けるということですね。


  • 周りが愚痴ばかり言ってる人だと自分のモチベーションも生産性も下がる
  • 周りが意識も能力も高い人だと自分の意識やスキルも上がりやすくなる

という状況になるので、自然と成長していくことができますよ。

働き方の自由度が高い会社が多い

前述したように、Webマーケティングはパソコンがあれば働く場所を選びません。

最初は厳しいと思いますが、将来的には在宅勤務も実現可能です。




また、全体的に自由な風土の会社が多いので、古臭い慣習に縛られずフラットな組織なことも多いですね。

おけこ

営業時代にあったような「新人は一気飲みする」「出し物をする」みたいな意味不明な慣習はないですねw



古臭い風土に耐えられない僕のようなタイプにはベストな環境と言えますよ。

未経験からWebマーケティング転職する方法【いきなりフリーランスはやめとけ】

未経験からWebマーケティング転職する方法【いきなりフリーランスはやめとけ】

ここからは未経験からWebマーケティング業界に転職する方法を解説します。

【前提】いきなりフリーランスはやめとけ

結論、いきなりフリーランスになるのはやめといた方が良いです。

なぜならスキルが無い人が仕事を獲得できる状況は少ないから。


フリーランスで活躍してる人は一芸に秀でてる人が多いです。

例えば
  • 広告代理店で数億円規模の広告担当者
  • SEO歴5年以上でサイト運営のスペシャリスト
  • 新規事業をPMとして立ち上げて成長させた経験あり

みたいな感じで、企業で何かしらのスキルや経験を積んで独立してる人が多いんですよね。



仮に案件を依頼する立場になったら、スキルや経験がある人に頼みたいと思いますよね?


サッカー選手のメッシが今のチームを辞めると言ったら、他のクラブチームがこぞってオファーを出すと思います。

でもサッカー初心者の僕を獲得したいと思うチームはありません。


おけこ

まずは企業に入ってスキルや経験を磨くのがベストですよ!

(20代中盤まで)いきなり転職活動をしてもOK

20代中盤までの方であれば、いきなりWebマーケティング企業に入るために転職活動をしてもOKです。

なぜなら20代中盤くらいまでは年齢のハンデが無いので、未経験でも雇ってくれる企業はあるからです。



「スキルを身に着けてから」とか言ってると、年齢的に未経験が厳しくなる可能性もあるので、選択肢が多いうちに早めの行動がオススメです。

下記に僕が使ったおすすめサービスと参考記事を載せておきますね。


(20代後半以降)今のスキルを活かす or 独学でスキルを磨く

20代後半以降の方は、完全未経験だと選べる企業の幅が狭くなります。

なぜなら未経験なら若い人を育てた方が企業としてメリットが大きいから。

完全未経験なら若い人が良い理由
  • 変に気を使わなくて良い
  • 新しい物への吸収力が高い
  • 今後の成長していく可能性


客観的に見れば、完全未経験だと年齢のハンデで負けます。

なので20代後半以降の方は、

  • 今持っているスキルや経験を活かす
  • 独学でスキルや経験を積んでから転職

がベストな方法です。

今持っているスキルや経験を活かす

例えば僕は、

  • 法人営業7年
  • 管理職の経験

などを活かして転職活動をしました。


営業の経験を話すことで、「目標を達成する力」「コミュニケーション力」「分析力や改善力」などをアピール。

また管理職の経験を話して、「マネジメント力」「コミュニケーション力」「巻き込む力」などをアピールしました。



Webマーケティングは未経験だったとしても、上記の力は確実に仕事をする上で必要になります。

おけこ

「この会社のために今持っているスキルや経験を活かします」と言えれば、面接通過の確率も上がりますよ。

独学でスキルや経験を積んでから転職

ただ、いくら前職のスキルや経験を話しても「未経験」というのは揺るがない事実です。

それだけで必要としてくれる企業もありますが、成功確率をさらに上げたいなら多少でも独学をしておくのがオススメです。



  • ブログをやってみる
  • Googleの認定資格の勉強をする
  • Webマーケティングスクールに通う

など色々な選択肢はありますが、知識よりは実績をつけるのがベストなので「ブログ」を僕はオススメしますね。


ブログは勉強だけではなく、「記事を書く」「デザインを整える」「HTMLやCSSを覚える」などアウトプットをすることになります。また、その中で収益を上げることができれば、実績として伝えることも出来る。

おけこ

僕は約1年ブログをやって、月1万PV、月収3万円くらいでしたが「すごいですね!」と面接で言われました。

そこまで大きな実績では無くても、評価をしてくれる企業は結構ありますよ。



ブログはランニングコストが月1000円程度だし、スキマ時間の副業でもやれるのでオススメですよ。

ただ、お金をもっと払っても良いから即戦力になりたい方は、Webマーケティングスクールも検討してみると良いでしょう。

【注意】こんなWebマーケティング会社はやめとけ!


最後にオススメしないWebマーケティング会社の種類だけお伝えしておきます。

結論、営業を主な業務としてる会社です。



Webマーケティングで成果を出している会社なら、営業をしなくても勝手にクライアントが集まります。

つまり営業をしないとクライアントを獲得できない会社は、Webマーケティングのレベルが低いと言うこと



こういった会社に入ると、本当にやりたかったWebマーケはあまり出来ず、営業ばかりやることになります。

募集要項や面接などで、実際の業務内容についてしっかり確認をしていくようにしましょう。

「Webマーケティングはやめとけ」は鵜呑みにしない!飛び込む価値あり!

「Webマーケティングはやめとけ」は鵜呑みにしない!飛び込む価値あり!

今回はWebマーケティングはやめとけという意見の理由や僕が思うことについてお伝えしました。

まとめ
  • 確かにWebマーケティングの仕事には理想と現実のギャップは存在する
  • ただし将来性や環境を考えると、十分飛び込む価値はある
  • いきなりフリーランスはやめて、企業でスキルや経験を積むのがベター


Webマーケティングは今後もさらにニーズが拡大していく領域です。

学んでいくことは確実にあなたのキャリアにプラスになりますよ。


僕も30代未経験で転職をしましたが、約2年経った今でも転職は正解だったと自信を持って言えます。

ぜひこの記事が今後の指針になれば嬉しいです。



未経験から転職する方法でもご紹介した記事を下記に貼っておくので、ぜひ合わせてご覧下さい。

シェアして頂けると泣いて喜びます!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ
閉じる